弓道の「胴づくり」から、スポーツ動作で「首・肩」を有効に使う

あらゆるスポーツで、実力向上させるためのトレーニング法が公開されています。

ただ、こうしたトレーニング以外にも、普段から使っている体の筋肉の使い方を少し変えるだけで、動きの質を高めることができます。その結果、ケガの予防やパフォーマンス向上につながります。

ここでは、弓道の世界で実践されている「首」と「肩」の使い方を解説していきます。

「首」の後ろを上に伸ばすと背中周りをリラックスできる
弓道の世界で、上半身の姿勢を整える「胴づくり」という動作があります。この動作によって弓を引くための姿勢を整え、矢を放つ準備を行います。

胴づくりでは、「首」を使います。具体的には、首の後ろ側の筋肉を伸ばします。これにより、背中周りの筋肉が伸びやすくなります。

日常生活で私たちは、首の筋肉を固めて生活しています。首の筋肉が凝ると、重さ約4kg程度の頭部を支えることができません。そのため、背骨を曲げて肩や背中と使って、頭部を支えようとします。つまり、首の筋肉が固まると、「背中」や「肩」の筋肉も一緒に凝りが出てしまいます。

全身の無駄な力みをとって、頭の頂点を10㎝上に吊り上げるように伸ばしてみましょう。頭から胸周りの力が抜ける感じがあれば、正しく伸ばされています。

首を上に伸ばし続けると、背中周りの緊張がほぐされます。このように、首の後ろ側の筋肉を使えば、背中や肩周りの筋肉も動きやすい体になります。普段座っているときにこれをおこなえば、姿勢の改善につながります。
 
 「両肩」の耳元から垂直に落として、胸の緊張を解く
次に胴づくりでは、「両肩」を使います。私たちは普段の生活で両肩が力んでいるので、両肩の力を取ることで、スポーツにあらゆる良い効果を与えます。

具体的には、耳元から垂直に両肩を落とすようにします。息を吐いて力を抜くように両肩の力を抜きましょう。

これによって、胸周りの力みが取れます。肩がおちると胸も同時に落ちるため、上半身の前側の筋肉をリラックスさせることができます。

この動作を入れることで、肩を使う運動が行いやすくなったり上半身の無駄な動きが少なくなったりします。さらに、胸の緊張がなくなることで、精神的に落ち着きます。

武道の世界では、精神が動揺しないことを「腹が据わっている」と呼びます。これは、両肩と胸が落ちて、おなか周りに体重がしっかり乗った姿勢のことを指します。

「首」と「肩」をつかって、リラックスした姿勢を身につける
弓道では、先に述べた「首と肩によるの筋肉の使い方」を同時に行います。スポーツの動作でも同様に、この二つの使い方を組み合わせましょう。

首の後ろを伸ばして肩を落とし、耳から肩にかけて首の筋肉を縦に伸ばすようにしましょう。すると、上半身の前部、後部ともに無駄な緊張がなくなります。

この姿勢をとることであらゆるスポーツの動きがスムーズになります。

ランニングで膝や足首が痛む人は、この姿勢で走ると痛みがかなり軽減されます。腰回りの筋肉の緊張が和らいで、膝を伸ばす筋肉がしっかり働くためです。

野球であれば、上体をねじりやすくなるため、スイング動作の最後のフォロースルーがしやすくなります。この姿勢で物を投げたり肩を使ったりすると、今より力の負担なく動作ができることを実感します。

あらゆるスポーツの動作を改善したいなら、首を伸ばして肩を落としてみましょう。上半身の無駄な緊張がなくなって、さまざまな動きがやりやすくなります。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です