トップランナーのようにかっこよく走るために、「小指・薬指」に力を入れる

姿勢良く、かつ効率よく走るために、走り方を勉強することは大切です。では、この記事ではその「走り方」について解説していきます。

皆さまは「走り方」を言われると、どのようなことをイメージするでしょうか?おそらく、走り方と言われると「腕の振り方は〇〇」「肩甲骨・股関節を使って…」などのことをイメージするのではないでしょうか?

では、次に、そうした「理想の腕振り」「理想の肩甲骨・股関節」のそれらの理想の動きを実現させるためにはどうすればよいでしょうか?正解は、「腕」「肩甲骨周り」といった大きな部位を注目するのではなく、「指」に注目することです。

「指?、指に注目する?指の使い方を変えるってどういうこと?」と思ったかもしれません。しかし、「指の筋肉」は走っているときに姿勢全体、腕の振り方まで大きな影響を与えます。

人の手の指の握り方を変えるだけで、走るときの姿勢や筋肉の働きを変化させることができます。指の握り方を変えると、体の重心の位置が変わり、腕の振り方が変わります。指の握り方を理解すると、それぞれの種目で適切な走り方がよくわかるようになります。

ここでは、ランニング時に姿勢の崩れず、かつ効率よく筋肉を働かせる指の握り方について解説していきます。

ランニングにおける、適切な指の状態を解説

指の握り方といっても難しく考える必要はありません。二つのことを行えば、あなたの身体の重心の位置、姿勢の状態まで良い状態に改善されます。

・人指し指、親指の力は抜く

・小指、薬指の力を入れる

この二つの状態を意識して走りましょう。おそらく、走っている最中の肩の力みが少なくなり、走りやすく感じます。

次に、二つのようにすると走りやすくなる理由について解説します。

人差し指と親指には力を入れたくない理由

人差し指と親指に力を入れたくない理由は、肩に力が入りやすくなるからです。二つの指は腕や肩の筋肉にまでつながりを持っており、握ることで連動して肩に力が入るからです。

まず、親指は腕の筋肉にある「橈骨筋(とうこつきん)」とつながりがあります。それだけではなく、この筋肉が張ることで、腕が曲げるための上腕二頭筋も連動して張ります。これらの筋肉が張ることで、肩の筋肉が張ります。人差し指と親指を握り続けると、肩の筋肉が張るのがわかります。

小指と薬指を握ると肩の力みが抜ける
そこで、必要となるのが「小指と薬指」です。この二つの指をうまく活用すると、肩関節を下方に下げやすくなります。小指と薬指は、腕の裏側から脇下にかけての筋肉とつながりをもっております。

したがって、人差し指と親指の力を抜き、薬指と小指に力を入れれば、結果的に両肩を下げてランニングできます。肩に力が入って腕による推進運動や呼吸運動がしずらくならないように、指の使い方を考えましょう。

全ての指を握ったり離したりしてもいけない

このように、「人の指は腕や体幹部につながっている」ことを理解すると、「指の握りによって身体の重心の位置も変わる」ことがわかります。

したがって、走っている最中の指の握りは、「指に力を入れたくないが、全ての指の力を抜くわけではない」と理解しましょう。

このことを理解するために、ジャンケンにおける指の形で「最適な重心の位置」を解説します。

じゃんけんにはグー、パー、チョキの3種類があります。この三つの手の形によってそれぞれ走っているときの体の重心(体重が乗る場所)が変わります。

グーの形で走ると、体の重心は前に傾きやすくなります。その結果、姿勢は前にかがんだ姿勢になってしまいます。グーの形で腕を振ると、自然と肘が曲がりやすくなり、腕の筋肉に力が入ります。そうなると肩が上がり、上半身の肩周りが縮んで姿勢が曲がってきます。

次に、パーの形で走ると、体の重心は後ろに傾きやすくなります。パーの形で腕を振ると、自然と肘が伸びやすくなります。肘が伸びると腕の振られる力が大きくなり、両肩がぶれます。走っているときの空気抵抗を受けているうちに肩はうしろに引かれ、自然と姿勢が反ってしまいます。

最後にチョキの姿勢で走ってみましょう。チョキの形を作るとき、親指を開いてもかまいません。この姿勢で走ると、上半身が反ったりかがんだりしません。手の形の中では、でチョキが一番体の姿勢が崩れにくいです。

チョキの形で走るとグーやパーの形で走ったときのように余計な力が加わりません。この形で走ると自然な腕ふりをすることができます。

チョキの握りとは、先ほど申し上げた「人差し指と親指には力を入れない」「小指、薬指は握る」指の形と同じです。つまり、力を抜く指は抜いて、反対に力を入れる指は入れるようにすると、身体の重心が安定するのです。

小指・薬指を握ると、走っている最中に姿勢がぶれにくくなる

余談ではありますが、小指と薬指を握ると、走っている最中であっても重心がぶれにくい根拠がもう一つあります。それが、二つの指を握ると肩が前後にぶれにくくなるのです。

てのひらをパーにして走ると、脚を前に出したとき同じ側の肩が後ろにひけます。しかし、小指と薬指を握ると、肩が後ろに引けません。てのひらをパーにして歩くと、上半身がゆらゆら左右にゆれる感覚です。一方、小指と薬指を握ると上半身が揺れません。

これは、小指と薬指を握ることで、二つの筋肉が働くからです。一つは腕で力こぶが出る場所の裏側にある上腕三頭筋肉、もう一つは脇周りにある前鋸筋です。

この二つの筋肉が働くと両肩が後ろにひけなくなります。つまり、走っているときに両肩のブレがなくなるため、姿勢が崩れなくなります。

小指・薬指を握ると、腕振りがしやすくなる

ここまでの話を振り返ると、手全体に余計な力を加えないで、小指・薬指に力を入れることが大切であることがわかったと思います。指を握ると体幹部の筋肉まで連動して働かせられることがわかれば、腕振りもしやすくなるのが容易に想像できます。

例えば、てのひらをパーにした状態で手首をブラブラしてみてください。このときは、体周りに何も力が入りません。なぜなら、てのひらがパーになっているため、末端部で力が分散されてしまうからです。

次に小指と親指を寄せて、手首をブラブラしてみてください。すると、腕以外に胸周りや脇周りの筋肉も一緒に動いていることがわかります。これは、小指と親指を寄せることで末端部が固定され、力がまとまるからです。

そして、小指と薬指を握った状態で腕を振ると、複数の筋肉が活用されるため、「腕を楽に振りやすい」と感じるでしょう。このように、軽く二つの指を握ることで、ランニングにおける「余計な力み」「重心の状態」「腕振りの状態」などが改善されることがわかります。

弓の世界で一番力を入れたくない指とは

弓を握るとき、弓の世界で一番力を入れたくない指が人差し指です。
 
なぜなら、人差し指を握ると、人差し指側の腕の筋肉に力が入るからです。この筋肉を上筋と呼びます。小指と薬指を握ると、小指側の腕の筋肉が動きます。この筋肉は下筋といいます。

上筋に力を入れると、肩関節の筋肉全体に力が伝わります。すると、肩周りに力みを生じるため、弓を最大限押すことができなくなります。腕が突っ張って最後まで弓を押し開けない状態になってしまいます。

チョキの形は姿勢が崩れにくいのはこのためです。人差し指に力をいれず、かつ小指を握っているので腕に変な力みや関節の不正が起きにくい手の形になっています。これと同じことはランニングにもいえます。

走るときに、良い姿勢を手に入れたいなら、手の形をチョキにしてみましょう。これを実践するだけで、快適に走れることを実感できるはずです。小指と薬指は、体全体で考えるときわめて小さい部分ですが、二つの指を使えば、ランニングに良い効果を期待できます。

弓道で指の使い方が重要なのと同じように、ランニングでも指の形を変えるだけで、より負担のない効率良い走りを身に着けることができます。

メルマガ登録

さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。

 

セミナー情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です