腹式呼吸をすると逆に体へ力が入り、メンタルを崩してしまう

スポーツにおいて、本番で良い動きをするためには、技術以外に心を整えることは大切です。そのとき、「呼吸」を意識すると、全身の血液の流れを制御することができ、気持ちを落ちつかせることができます。

 

その中の呼吸法として「腹式呼吸」が挙げられます。腹式呼吸は呼吸の仕方として有名で、スポーツ以外にもあらゆる分野で取り入れられています。この呼吸でも深く息を取り込むため、気持ちは多少落ちつけることがでしょう。

 

しかし、体内の筋肉の働きからすると、腹式呼吸は逆にメンタルを崩す可能性があります。ここでは、「腹式呼吸のデメリット」とそれを補うために必要な呼吸の意識の仕方を解説していきます。

 

 腹式呼吸は体内の筋肉が力んでしまう
腹式呼吸は息を吸うときにお腹をふくらまし、吐くときにお腹を縮める呼吸法です。おなかを使ってたくさん息を取り込めるため、良いよいに思えます。しかし、この呼吸は一つ欠点があります。

 

それは、息を吐くときにお腹周りの筋肉が力んでしまうことです。何回もやるとわかるのですが、自然に吐くのではなく、お腹に力を入れて吐く運動になってしまいます。

 

さらに、腹式呼吸によって吸っているときと吐いているでは、「お腹の筋肉の収縮率」が大きいです。最もお腹の筋肉が働く呼吸の仕方ともいえます。

 

筋肉が動いているので、一見すると良いように思えます。ただ、お腹の筋肉が働きすぎると横隔膜や肺周りにある呼吸に関連する筋肉が働きすぎます。すると、筋肉に凝りを生じさせて、動きの円滑さがなくなってしまいます。

 

腹式呼吸はたくさん息を取り込めますが、中の筋肉が働きすぎて体力を使います。その結果、心に疲労感がつもり、メンタルを崩します。

 

一般の世界やヨガのような競技性のない動きに取り入れるのなら問題はありません。しかし、スポーツの世界のように、技術や正確さを求められる動きに対して、体内の力みは悪く働いてしまいます。

 

 お腹の筋肉をゆるませて、深い呼吸をするには
そのため、スポーツにおいての呼吸の仕方では「おなか周りを力ませないようにすること」が大切です。

 

そのために、おなか周りの筋肉の緊張をほぐしましょう。そこで、首を伸ばして肩を落とします。肩を落としたときに胸周りが楽になれば、自然とお腹周りもほぐれます。

 

そして、吸う・吐くの動作でお腹の筋肉をなるべくゆるませたまま、体内に酸素を取り込みましょう。以下のように、意識して呼吸をすることで、お腹周りを楽にして呼吸を行うことができます。

 

吐く:お腹周りの筋肉をふくらますようにしながら、胸の空気を出すように吐く
吸う:息を入る瞬間に肩を落として、お腹周りをふくらませる

 

このように意識することで、お腹周りをあまり動かさずに呼吸をすることができます。お腹周りをふくらましながら、空気を入れる動作を弓道の世界では「息を詰める」ともいいます。

 

このときの呼吸で大切なことは「お腹をふくらますこと」です。これは、必ず意識して行ってください。

 

イメージとしては、へその下から拳一個だけ下に行った部分に手を当ててください。息を吐いているとき、自分の手を押し返すような気持ちでお腹をふくらましましょう。意識すれば、簡単にできるようになります。

 

自ら意識しなければ、お腹ではなく肺を使った呼吸になります。それでは、体内にたくさんの空気を取り込むことができず、平静を保つことはできません。呼吸をするときは、常に胸を落としてお腹をふくらます必要があります。

 

腹式呼吸を行うと、お腹周りの筋肉が働きすぎてしまいます。そのため、呼吸ではお腹をふくらますことを心がけましょう。空気を力みなく取り込むことができ、心を正常な状態に落ち着かせることができます。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

弓道健康法セミナー案内

書籍案内


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催