スポーツで心を整えるための「丹田」を理解する

私たちの体の中には、武道を含めたスポーツ全般に共通する「心を整えるための重要な体の部位」があります。それは「丹田(たんでん)」と呼ばれる部分です。

 

武道では丹田という言葉をよく使いますが、一般的なスポーツではあまりなじみのない言葉です。その理由は「丹田」は激しい動きには使われないからと考えられているからです。しかし、そのようなことはなく、「丹田」とその使い方を理解することで、スポーツ選手のメンタル面に大きな効果をもたらします。

 

ここでは、心を整えるための「丹田」とその使い方について、解説していきます。

 

 「丹田」とは
丹田はもともと中国の道教の言葉であって「丹」は赤い仙薬であり、「田」は栽培する地の意味です。丹田は「仙薬の畑」、つまり健康の泉の意味となっています。

 

丹田の場所は臍下(せいか:へその下)から8〜9センチ下、体の表面から8〜9センチ中程にあります。決してそういう器官があるわけではなく、そのあたりの空間のことを指します。

 

武道で「丹田」を重要視している理由は体の中で最も血液循環が激しい部位だからです。呼吸の方法を変えることで丹田の周りの筋肉を働かせ、全身の血の巡りをよくします。体全体の力みがとれ、動きやすくて心がさえた状態になります。
 
 「丹田」を身近に感じよう
「丹田」と言われると、武道も知らないのにその器官をうまく使いこなせるのか不安に思うかもしれません。しかし、そのような心配は全くありません。丹田は誰でも簡単に動かすことができます。

 

具体的には、「つばを飲み込む」ときと「笑う」ときです。へその下に手を当ててつばを飲み込んだり、笑ったりしてみましょう。手を当てている箇所の内部が動いているのがわかります。このように、丹田は体の別の部位を動かすことで使われます。決して自分で丹田に意識を集めたり、圧迫させたりしてはいけません。

 

丹田は口や顔を動かしているときに用いることができます。心を整えたり動きをよくしたりするためには、別の部位から丹田を働かせるようにすることが大切です。
 
 「丹田」が最も働く姿勢の取り方
ここでは、実際に丹田を動かするための姿勢の整え方を解説していきます。前述の通り、丹田以外の場所を使えば、うまく姿勢が整います。

 

まず、全身の筋肉の無駄な緊張をとります。そのために、首を伸ばして両肩を落とすようにしましょう。やせ型の人は胸が前に出やすいので、みぞおち部分を少し体の中にいれるようにします。太っている人は頭が前方に出やすいため、眼球を体の中に入れる心もちで頭を後方にずらしましょう。

 

すると、上半身の力みや緊張がとれます。人の全体重は上半身が60%を占めているといわれています。その体重を頭の頂点から丹田周り(だいたい腰周り)に集中させるようにしましょう。これにより、丹田を働かせるための姿勢が整います。

 

両肩を落とすことで、胸周りがスッキリして体がほぐれるのがわかります。また、少し体重が軽くなった感覚にもなるでしょう。

 

丹田という言葉を聞いた人は、「丹田を意識して」と言われた経験があるでしょうか? 知識が不十分な指導者は、よく「丹田に力を入れて」と教えます。

 

もし、そのように丹田の使い方を教えられたのであれば、意識の持ち方を変えることをオススメします。丹田を意識すると、お腹を固くしてしまうからです。上半身と下半身の連動や脚の動きが悪くなってしまいます。

 

下手に丹田を意識すると気持ちが落ち着かないばかりか、後で体が力んできて、スポーツ動作に悪影響を及ぼします。そのため、丹田とは「自分で力を入れる場所」ではなく、「上半身の体重が最終的に集中する場所」と捉えてください。

 

スポーツ時の心を整えるために、首と肩を使って「丹田」の働く姿勢を取りましょう。体と心の緊張がとれて、スポーツ時のメンタルに良い効果をもたらします。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催