マラソン大会で実践したい、スムーズに走るウォーミングアップの仕方

フルマラソンで記録を更新するためには、目的にあった練習を数多くこなす必要があります。ただ、実際のレースでは、ベストな体調崩すような障害がいくつかあります。

 

例えば、試合前にスタート地点に立つときです、普通の練習では一人で行うため、気にしなくても問題ありません。しかし、実際のレースでは集合時間や参加者がいます。これらの事実を考慮して、スタート前のウォーミングアップを考え、スムーズに自分の体につなげるように工夫する必要があります。

 

ここでは、マラソンのスタート前に行うウォーミングアップの工夫法を解説していきます。

 

 ウォーミングアップは早く、念入りに行う必要はない
大会を見ていると、早めに会場についてウォーミングアップを行っている人がいます。中には2時間前に荷物を預けて、ジョギングやストレッチに注力を注ぐ人がいます。

 

確かに、早めに会場について練習することは良い心がけかもしれません。しかし、本番前のウォーミングアップは早めに行う必要はありません。なぜなら、せっかく練習で体を温めても、スタート地点で待っている間に冷めてしまうからです。

 

実際に大会に出て記録を狙った人ならわかると思いますが、大会では早めにスタート地点にいくため、20分程度スタート地点に立たされます。

 

長い間同じ場所で待っていたら、その前にいくらトレーニングを積んでも体は何も行っていないときと同じ状態に戻ってしまいます。むしろ、早めに練習しすぎて気持ちが緩んだり、体が疲れたりしてスタート前にパフォーマンスを下げるおそれがあります。

 

そのため、ウォーミングアップは自分にあうようにやり方を変えるようにしましょう。早く行うのではなく、直前に少しジョギング程度にしておくとか、無駄に長く練習を行わないようにすることで、本番で余計な気疲れを防ぐことができます。

 

 オススメのウォーミングアップは「部分マッサージ」と「関節を回すストレッチ」
マラソンは血の巡りがよくなっていれば筋肉が温まって走れるようになります。そのため、直前のウォーミングアップを持っておくことは大切です。

 

ただ、スタート直前の会場は人がこんでいます、そのため、人ごみの多い中で、待たないといけません。できるだけ狭いスペースで簡単に行えるウォーミングアップが実践では重要になります。

 

そのため、ストレッチのようなあまり場所を取るような運動はしたくありません。そこでオススメなのが「部分マッサージ」と「関節を動かすストレッチ」です。

 

部分マッサージはふくらはぎ、太腿の裏、脇の下の筋肉を心臓の方に無k手さすります、すると、血液の循環が良くなって体が動きやすくなります。

 

レース前に立ちっぱなしでは、脚がむくんでしまうことがあります。しかし、部分マッサージであれば人密集しているスペース地点で待っている間にもスペースを取らずに簡単にできます。特別に秘術や道具がいらないため、誰でもできる万能なウォーミングアップといえます。

 

あるいは、関節を動かすストレッチも有効です。具体的には脚をぐるぐる回して太ももの付け根を動かすストレッチです。他に両足首や両膝をグルグル回すストレッチがあります。

 

このような関節を動かすストレッチを「動的ストレッチ」と呼びます。動的ストレッチにより、関節の動く幅が広がります。スタートラインに並んだ後に体が冷えてしまうのを避けなければいけません。体を動かして筋肉の温度を高めておけば、スタート直後にスムーズにレースに入っていけます。

 

動的ストレッチは狭いスペースで効率良く体を温めるのに有効なストレッチです。走るときの動きにつながりやすく、ウォーミングアップに最適な練習方法と言えます。

 

 ウォーミングアップにストレッチを行ってもあまり意味がない
上記のとおり、スタート前に行うウォーミングアップについていくつか紹介しましたが、「ストレッチ」という単語はまだ出てきていません。理由は、マラソンのウォーミングアップでは、ストレッチはそれほど重要ではないからです。

 

一汗かいたあとに、冷たいアスファルトの上に座ったり寝転がったりしてストレッチをしても、体が冷えるだけです。体が冷えた状態で無理に筋肉を伸ばすと、逆に筋肉に傷がつく可能性があります。マラソンの序盤で大切になるのは、関節の可動域を広げることです、
 
そのため、ストレッチよりジョギングや関節を動かすストレッチの方がウォーミングアップでは効果的です。一番大切なのは体を冷やさないことです。ストレッチは、レース後に、疲労回復の面で活用すると効果的です。

 

マラソンで記録更新をするために、スタート前のウォーミングアップは重要です。スタート前では、無駄なことを行わず、部分マッサージや関節を動かすストレッチを行うことが大切です。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

フルマラソンで自己ベストを更新するたった一つの方法
3つのペース配分から学ぶ、フルマラソンで最も効率に速く走る方法
フルマラソンで後半型の走りをするため、具体的なタイム設定をする
フルマラソンでサブ4を目指す人の条件
フルマラソンでサブ4を狙いたければ「ビルドアップ走」を取り入れよう
マラソンの記録更新に必要な4つの練習法を理解する
フルマラソンで記録を伸ばす前半と後半の「2種類の走り」
怪我しにくく、効率よい走り方や姿勢を身につけるたった一つの方法
フルマラソンの練習を継続させる「休み」と「ジョギング」
ポイント練習を週2回だけ行うと最も走力が向上する
エリートランナー同等の練習メニューを組み立てる3つのポイント
マラソンの姿勢で気にするのは「背中」だけでいい
マラソンでサブ4を目指す人の練習スケジュール:1〜2週目
マラソンでサブ4を目指す人の練習スケジュール:3〜4週目
マラソンでサブ4を目指す人の練習スケジュール:5〜6週目
マラソンでサブ4を目指す人の練習スケジュール:7〜8週目
マラソンでサブ4を目指す人の練習スケジュール:9〜10週目
レースで力を発揮する「コンディショニング」の意味を理解する
サブ4を目指す人の調整練習:11〜13週目
太っている人が効率的に脂肪を落とすマラソンの練習法
3時間台を達成するために必要なフルマラソンの「スピード」を学ぶ
3時間台を達成する人の練習メニュー:1〜2週目
3時間台を達成する人の練習メニュー:3〜4週目
3時間台を達成する人の練習メニュー:5〜6週目
3時間台を達成する人の練習メニュー:7〜8週目
3時間台を達成する人の練習メニュー:9〜10週目
3時間台達成に必要な「インターバル走」の練習の工夫法
マラソンに重要な心肺機能を効率良く鍛えられる「坂道インターバル」とは
最もきつい「タイムトライアル」の練習にメリハリを利かせる工夫法
3時間台を達成する人の調整練習メニュー:11〜13週目
マラソンで記録達成に重要な「給水」の取り方
マラソンで怪我を防ぐシューズの選び方
知っておきたいマラソン本番でコンディションを整える補給食の活用法
レースの万全の状態で走る「寒さ」対策を理解する
マラソンのスタート前でみんなが悩むトイレ活用の裏ワザ
マラソンで失敗しないシューズ選びの「サイズ」の話
マラソンで自分の足に合うシューズ:アシックスオーダーシューズ
マラソンで自分の足に合うシューズ:ファイブフィンガー
マラソンで自分の足に合うシューズ:アシックスGT−1000
シューズの底にある「セパレート型」を理解する
シューズの底にある「フラット型」を理解する
屋外トレーニングがトレッドミルよりトレーニングに優れている理由
現代スポーツにない、走るスピードの上げ方(コピー)

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催