マラソンで怪我を防ぐシューズの選び方

マラソンでケガなく、継続的に練習を進めるためには、メニューを考える以外に道具を慎重に選ぶ必要があります。走るための道具としてシューズがあります。

 

初心者はシューズの知識がないため、何を基準に選んでよいのかわかりません。そのため、適切なシューズ選びを身につける必要があります。今回はマラソンで怪我なく継続的に練習するために必要な、シューズの選び方を解説していきます。
 
 大切なのはフィット感
近年、ランニングブームにより、市場にランニングシューズがあふれかえっています。ただ、どれが自分にあっているのか、どこに着目し、何に気をつけたらいいのかわかりません。

 

特に初心者でよくあるのが「デザイン」で選ぶことです。見た目が良いという理由だけで購入すると、足になじまず、マメを作ったり爪を痛めたりします。

 

そのため、シューズを選ぶときの基準をしっかり理解しましょう。大前提となるのが「フィット感」です。

 

最初にシューズを選ぶときは足になじむかが大切です。履いてみて「なんだかしっくりこない」とまっさきに感じてしまう人は、どこか自分の足に合わない部分があります。そのため、たとえ見た目がよくても避ける必要があります。

 

そのため、シューズ選びでは、実際に履いてみて歩いたりジョギングしたりしてみましょう。そのときに足に違和感を感じなければ、問題ないといえます。

 

また、初心者は靴底の厚いものをオススメします。初心者は「自分の体重を受けるときに必要な脚の筋肉」が発達していないため、エリートランナーのような薄型のシューズを履くと負担が大きくなります。初心者は自分の体をしっかり支えてくれる厚底の大きいシューズを選択しましょう。

 

ためし履きするときも注意が必要です。たいていの場合、試着はいすにすわって行います。しかし、座ったときのフィット感だけで判断すると間違える可能性があります。

 

座った状態では体重が足ではなく、お尻に分散されているからです。実際に走るときは足でほとんどの体重を受けるため、靴ひもを締めた後に立って確認するようにしましょう。

 

トップアスリートであっても実際に足になじまないシューズで大事な選考レースに挑んだ結果、後半で足にマメを作り失速を余儀なくされたという話があります。シューズ選びで最後にモノを言うのは自分の感覚です。しっかり、ためし履きをして、最適なシューズを見つけてみましょう。
 
 二つのシューズで悩んだ場合、前屈をして判断する
また、自分の気にいったシューズが二つあり、どちらが自分の足に合っているのか判断がつかない場合があります。そういった場合、それぞれの靴で前屈をすることで自分に合っているかを確認することができます。

 

二つのシューズを履いて、その場で前屈をしたり、体を後ろに反り返したりしてみましょう。比べてみて前屈のしやすいシューズは自分に合っている可能性が非常に高いです。

 

シューズによって、履いた後の指先の力みや重心の位置が変わります。そのときに、前屈をすることで、足に無駄の力みがかかっていないか、重心が適切な位置にあるかを判断できるのです。

 

自分にあったシューズの場合、体を倒しても筋肉に張りがなく、前屈を楽に行うことができます。反対に合っていない場合は、前屈をすると脚の筋肉が緊張し、固さを感じます。そのため、立って体を屈め、自分に足にフィットしているシューズを判断するようにしましょう。

 

マラソンで継続的に練習を続けるためには、シューズ選びも大切です。歩いたり前屈したりして、自分の体に合ったシューズを選ぶようにしましょう。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

フルマラソンで自己ベストを更新するたった一つの方法
3つのペース配分から学ぶ、フルマラソンで最も効率に速く走る方法
フルマラソンで後半型の走りをするため、具体的なタイム設定をする
フルマラソンでサブ4を目指す人の条件
フルマラソンでサブ4を狙いたければ「ビルドアップ走」を取り入れよう
マラソンの記録更新に必要な4つの練習法を理解する
フルマラソンで記録を伸ばす前半と後半の「2種類の走り」
怪我しにくく、効率よい走り方や姿勢を身につけるたった一つの方法
フルマラソンの練習を継続させる「休み」と「ジョギング」
ポイント練習を週2回だけ行うと最も走力が向上する
エリートランナー同等の練習メニューを組み立てる3つのポイント
マラソンの姿勢で気にするのは「背中」だけでいい
マラソンでサブ4を目指す人の練習スケジュール:1〜2週目
マラソンでサブ4を目指す人の練習スケジュール:3〜4週目
マラソンでサブ4を目指す人の練習スケジュール:5〜6週目
マラソンでサブ4を目指す人の練習スケジュール:7〜8週目
マラソンでサブ4を目指す人の練習スケジュール:9〜10週目
レースで力を発揮する「コンディショニング」の意味を理解する
サブ4を目指す人の調整練習:11〜13週目
太っている人が効率的に脂肪を落とすマラソンの練習法
3時間台を達成するために必要なフルマラソンの「スピード」を学ぶ
3時間台を達成する人の練習メニュー:1〜2週目
3時間台を達成する人の練習メニュー:3〜4週目
3時間台を達成する人の練習メニュー:5〜6週目
3時間台を達成する人の練習メニュー:7〜8週目
3時間台を達成する人の練習メニュー:9〜10週目
3時間台達成に必要な「インターバル走」の練習の工夫法
マラソンに重要な心肺機能を効率良く鍛えられる「坂道インターバル」とは
最もきつい「タイムトライアル」の練習にメリハリを利かせる工夫法
3時間台を達成する人の調整練習メニュー:11〜13週目
マラソンで記録達成に重要な「給水」の取り方
マラソン大会で実践したい、スムーズに走るウォーミングアップの仕方
知っておきたいマラソン本番でコンディションを整える補給食の活用法
レースの万全の状態で走る「寒さ」対策を理解する
マラソンのスタート前でみんなが悩むトイレ活用の裏ワザ
マラソンで失敗しないシューズ選びの「サイズ」の話
マラソンで自分の足に合うシューズ:アシックスオーダーシューズ
マラソンで自分の足に合うシューズ:ファイブフィンガー
マラソンで自分の足に合うシューズ:アシックスGT−1000
シューズの底にある「セパレート型」を理解する
シューズの底にある「フラット型」を理解する
屋外トレーニングがトレッドミルよりトレーニングに優れている理由
現代スポーツにない、走るスピードの上げ方(コピー)

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催