マラソンの姿勢で気にするのは「背中」だけでいい

フルマラソンで自己記録を更新するためには、走る姿勢を勉強することが大切です。適切なフォームで走らなければ、怪我やペースダウンにつながります。

 

ただ、フォームといってもそこまで難しい話ではありません。フルマラソンにおいて、姿勢で気にするところは一カ所だけで問題ありません。ここでは、マラソンのフォームで気にするべき部分を解説していきます。

 

 マラソンでは「背中が真っ直ぐ伸びているか」だけを見る
近年、ランニングの書籍を見ると、「肩甲骨を寄せるように腕を振る」や「両肩がぶれないようにする」など、あらゆる部位に焦点を当てて説明しています。

 

ただ、このように腕や肩を気にする必要はありません。マラソンの世界では「背中」に注目するようにしましょう。走っているときに背中が「楽か」「のびのびとしているか」「前や後ろに屈みすぎていないか」などを把握することがポイントです。

 

腕や肩はなるべく力を入れないことだけを考えます。腕を振る角度を気にしたり、両肩に注意しすぎたりするとかえってパフォーマンス低下につながります。

 

後半になってスピードを上げようとすると、腕ふりや肩の動きがどうしても変わります。ここで体の動きや形にとらわれると、ペースアップしようとしてもなかなか速度が上がりません。

 

それよりも、背中に注目してみましょう。走っている最中に腕の振りすぎによって背中の筋肉上部に固さを感じたらあまり腕を振らないようにします。

 

あるいは、両肩を動かさないように気にしすぎてしまい、肩周りの筋肉が緊張してしまったとします。そうした場合は、両肩を動かすようにして、背中をリラックスさせましょう。

 

これは、膝の向きでも同じことがいえます。ランニングでは、キレイなフォームを保つために「膝の向きを真っ直ぐにしましょう」という教えがあります。膝を真っ直ぐ向けると着地の衝撃が均一にかかるからです。

 

ただ、膝の向きを意識しすぎて速く走れなかったり目線が下に向いてしまったりするのであれば、あまり気にしない方が得策です。目線は高く、背筋を真っ直ぐに伸ばして走りましょう。その姿勢で脚を楽にしておけば、問題ありません。

 

なるべく背中は余計な緊張をなくし、まっすぐ伸ばすようにしましょう。その他、体の部位は動きに任せるようにすれば、走っている最中に自然と動いてくれます。

 

 大切なのは、背中からくる推進力
このようにすると、フォームが崩れているように見えるかもしれません。指導者はあなたの走りを見て、「走るときの軸がぶれている」と注意する可能性もあります。

 

ただ、マラソンにおいて一番大切なのは「走りの伸び」や「推進力」です。これらはみな、体の後背部の筋肉によって生まれるものです。いくら見た目のフォームがキレイでも、ペースが乗ってくるような脚運びができなければ、記録向上につながりません。背中を最大限に使った走りをしなければ、スピードが思う通りに出ないのです。

 

実際に私もマラソンで記録を向上させたいと思ったとき、肩甲骨や両肩の位置を気にして走っていた時期がありました。しかし、それでは思う以上にスピードが出ず、怪我をしたこともあります。それを一切やめて腕は動くがままに放っておくようにしてから、記録が大幅に更新されました。

 

他の部位に気にとらわれて、背中を固くしてしまったら、記録は向上しません。そのため、マラソンにおけるフォームは「背中が真っ直ぐ伸びているか」だけを着目しましょう。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

フルマラソンで自己ベストを更新するたった一つの方法
3つのペース配分から学ぶ、フルマラソンで最も効率に速く走る方法
フルマラソンで後半型の走りをするため、具体的なタイム設定をする
フルマラソンでサブ4を目指す人の条件
フルマラソンでサブ4を狙いたければ「ビルドアップ走」を取り入れよう
マラソンの記録更新に必要な4つの練習法を理解する
フルマラソンで記録を伸ばす前半と後半の「2種類の走り」
怪我しにくく、効率よい走り方や姿勢を身につけるたった一つの方法
フルマラソンの練習を継続させる「休み」と「ジョギング」
ポイント練習を週2回だけ行うと最も走力が向上する
エリートランナー同等の練習メニューを組み立てる3つのポイント
マラソンでサブ4を目指す人の練習スケジュール:1〜2週目
マラソンでサブ4を目指す人の練習スケジュール:3〜4週目
マラソンでサブ4を目指す人の練習スケジュール:5〜6週目
マラソンでサブ4を目指す人の練習スケジュール:7〜8週目
マラソンでサブ4を目指す人の練習スケジュール:9〜10週目
レースで力を発揮する「コンディショニング」の意味を理解する
サブ4を目指す人の調整練習:11〜13週目
太っている人が効率的に脂肪を落とすマラソンの練習法
3時間台を達成するために必要なフルマラソンの「スピード」を学ぶ
3時間台を達成する人の練習メニュー:1〜2週目
3時間台を達成する人の練習メニュー:3〜4週目
3時間台を達成する人の練習メニュー:5〜6週目
3時間台を達成する人の練習メニュー:7〜8週目
3時間台を達成する人の練習メニュー:9〜10週目
3時間台達成に必要な「インターバル走」の練習の工夫法
マラソンに重要な心肺機能を効率良く鍛えられる「坂道インターバル」とは
最もきつい「タイムトライアル」の練習にメリハリを利かせる工夫法
3時間台を達成する人の調整練習メニュー:11〜13週目
マラソンで記録達成に重要な「給水」の取り方
マラソンで怪我を防ぐシューズの選び方
マラソン大会で実践したい、スムーズに走るウォーミングアップの仕方
知っておきたいマラソン本番でコンディションを整える補給食の活用法
レースの万全の状態で走る「寒さ」対策を理解する
マラソンのスタート前でみんなが悩むトイレ活用の裏ワザ
マラソンで失敗しないシューズ選びの「サイズ」の話
マラソンで自分の足に合うシューズ:アシックスオーダーシューズ
マラソンで自分の足に合うシューズ:ファイブフィンガー
マラソンで自分の足に合うシューズ:アシックスGT−1000
シューズの底にある「セパレート型」を理解する
シューズの底にある「フラット型」を理解する
屋外トレーニングがトレッドミルよりトレーニングに優れている理由
現代スポーツにない、走るスピードの上げ方(コピー)

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催