スポーツ全般に使えるフォーム改善の考え方

実力向上やスランプ脱出のために、スポーツ選手がフォームを改善することは大切です。ただ、具体的にどのように考えてフォームを修正すれば良いかわかりません。

 

ここでは、弓道の観点から、スポーツ全般に共通するフォームの改善の仕方を解説していきます。
 
 フォームは逆からさかのぼると改善しやすい
スポーツの動きを他人に見てもらうと、悪いところが明らかになります。その部分を直すことができれば、パフォーマンスの向上や不調の脱出につながります。

 

ここで、多くの人は「悪い部分」だけを見て直そうとします。腰が曲がっていたら、腰だけ正しい位置に戻そうとします。しかし、それでは根本的に直したことにはなりません。

 

そこで、フォームをさかのぼってみましょう。例えば、野球でバッティングのフォームを改善するときに、一連の動作を分けて考えます。例えば、以下のようになります。
 
構える→前足を上げる→踏み込む→バットを振る

 

このとき、バットを振ったときに腰が曲がっていたとします。ここで、バットを振っている瞬間の腰を直そうとしてもうまく直りません。そこで、逆からさかのぼります。

 

「前足を上げる」ときや「踏みこむ」ときの腰の位置を変えれば、バットを振ったときの構えが直りやすくなります。

 

これは、弓道の動作でも同様です。弓を引く動作は「左拳」「左肩」に最も弓の抵抗がかかります。そのため、左肩が上がってしまう姿勢になってしまうときがあります。

 

このときに、左肩を無理やり下げようとしてしても直りません。弓を引く前の「立ち方」を変えなければいけません。すると、弓の抵抗に負けないように背筋を働かせることができます。これにより、左肩を下げることができます。

 

このように、悪くなった段階より前にさかのぼって修正することで、フォームの悪い部分を直すことができます。前の段階で修正をかけると再発防止にもつながります。
 
 全ての動作はつながっている
このような考え方ができるのは、全ての運動動作はつながっているからです。近年は撮影技術が発達し、スポーツ動作での一連の動きを分割して、フォームが分析されるようになりました。

 

このように、一部分で動作を解析することは簡単です。しかし、それを実際の動きに活かすには、前後の動作とのつながりを考えなければいけません。後の動作がよくなるように体の動かし方を考えないと、かえって動きを悪くしてしまいます。

 

メジャーリーガーとして活躍したイチロー選手は、フォームの改造を積極的に行っていたことで有名です。メディアは「姿勢を変えた」や「バットの構える位置を変えた」など、昔のフォームと比較して具体的に話していました。

 

しかし、彼が一番変えた部分は「足の上げ方」でした。どのフォームが足を速く上げられるかを研究したのです。最初の姿勢だけ変えて終わりではなく、それから次の動作がやりやすくなるかを考えることで、パフォーマンス向上につながるフォームになります。

 

一つ一つ分割して良い部分や悪い箇所を話していると、現実味のない考えになります。一本の筋がつながっていることで、一貫した伸びのある動きを実現させることができます。

 

スポーツ動作を分割して悪くなった部分を把握したら、前にさかのぼってフォームを改善してみましょう。これにより、フォーム改善のキッカケをつかむことができます。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

弓道健康法セミナー案内

書籍案内

関連ページ

自分のフォーム・姿勢を動画で確認して注意すべきこと
スポーツでは別の部分に注意すると、今の悪い部分が改善される
修正したい内容は「客観と主観」のバランスで考える
本に載っている「言葉」にとらわれるとスポーツ動作が悪くなる
イメージトレーニングがスポーツ動作に良い影響を与える科学的根拠
「筋肉」に頼るとスポーツの実力が下がる
方法を模索するとさらに上の動作を実現できなくなる
スポーツで「結果」だけを求めるとメンタルが崩れやすくなる
スポーツで使う道具にこだわると運動技術が向上しなくなる
運動技術の「うまい下手」にこだわると実力が下がる
他人と比較することでスポーツをする本当の目的を見失う
スポーツ動作を反省すると実力向上のチャンスを逃す
異分野のスポーツに興味を持てば、運動能力が向上する
スポーツの基礎となる「型」を変えると実力が向上する
自分に合った練習方法やプレースタイルを直観的に見つけるには
書籍からスポーツ動作の考えを深める勉強法
他人からスポーツ動作を教わっても実力向上しない
「反復練習」を続けると、トレーニング効果が倍増する
「目で追う」習慣をなくすとスポーツの動きは格段に良くなる
うまい人のやり方を真似しても運動技術や実力が向上しない理由

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催