自分のフォームを動画で確認して注意しなければいけないこと

スポーツ選手のパフォーマンス向上のために、自分の姿勢や動作を分析するのは大切です。近年は電子機器が発達し、自分のフォームを撮影して動画解析できるようになりました。

 

スポーツ科学で動きを研究する大学では、スポーツ動作の姿勢を分析し、体の一部分が理想の位置よりずれている値や角度など、細かい箇所まで確認していきます。

 

こうした分析から、自分のパフォーマンス向上の鍵につなげることは科学のもたらした進歩でしょう。しかし、動画を用いて姿勢を分析することは間違えるとかえって実力低下を招く恐れがあります。

 

ここでは弓道の話を交えて、スポーツ選手が注意していただきたいフォームの研究方法について解説していきます。
 
 目に見える理想のポジションと体の中の適した状態は必ずしも一致しない
弓道の世界では、自分の射形を見てもらったり動画を撮ったりして引いてる姿勢を研究することができます。

 

動画で自分の悪いところを「目」で確認します。そして、改善しなければいけない点を明らかにすることができます。

 

例えば、弓道をする人は弓を引くときに右肩が上がっていたら、理想の位置に収めるためには右肩を下げるように頑張ります。背骨が曲がっていたら、背骨を真っ直ぐに立てようと意識します。

 

しかし、そのような思考で改善を行うと、弓道の実力が下がります。今度は左肩が詰まったり、別の部位に変な力みが入って、的に当たらなくなります。

 

的に当たらないのならまだいいですが、悪い癖がとれなくなります。胸が前方に出たり、狙い目をつける前に弓を離すなど心理的な焦りが出たりするようになります。すると、悪い癖が悪い習慣に代わります。

 

いくら見た目が「キレイな姿勢」であっても、「体の中の筋肉の状態」が良いとは限りません。
 
自分の動作に何らかの欠点や改善点を見出すと、人はその部分に直接的に意識をおいて動作を修正しようとします。しかし、そうした一部分の意識は体全体を使った動作を阻害し、体の中にある筋肉へ違和感を与えます。

 

例えば、野球のピッチングでリリースの手の位置が低いと気がついたとします。リリースのときに手を上げようという意識を持つと、今度は手の位置が高くなりすぎてしまいます。また、他の部分に新たな問題が出てくることもあります。

 

営業職などであれば、いくら頭で思っていることが違っていても、顔や言葉使いで取り繕うことができるでしょう。

 

しかし、スポーツでの「動き」は体の中の状態と切り離すことができません。どれだけキレイに弓の引いた姿勢であっても、無理やり取り繕ったものであれば、最後の離れで筋肉の緩みや力みが表に出てしまいます。その結果、拳がぶれて矢は的からはずれます。

 

 見ないで自分の体に合うかどうかに意識を向ける
それでは、見た目の悪い部分はどう考えれば良いでしょうか。それは、「体に合うかどうか」に意識を向けることが重要です。

 

例えば、リリースポイントが低いと感じて腕を上げようと意識したとします。確かに上がったけど、数日練習積み重ねたら腕が緊張したり、体がなんかだるい気持ちになったとします。

 

そうしたら、そのような意識をするのはやめましょう。おそらく、パフォーマンス向上にはつながりにくいでしょう。たとえ、見た目が良くなくても、ピッタリ合った感覚のある動作があれば、それはあなたの体に適した動かし方といえます。そうした体の中の状態で判断し、自分にとって合うものを体に覚えこませて、練習しましょう。

 

男子ハンマー投げの室伏選手は80mの「壁」の手前でどうしても抜けられないスランプに陥りました。彼は自分のフォームを繰り返しビデオで確認し、どうすればよいのかを分析・研究しました。

 

しかし、彼の結論は「ビデオ観察」をやめることでした。そして、アテネオリンピックで82m91を投げて金メダルを獲得しました。

 

これは、ビデオに映った自分のフォームを繰り返し見ているうちにいつの間にか目で見た形にとらわれて、練習で獲得した彼独自の運動感覚を崩していることに気づいたからです。

 

室伏選手は自分の動作について「内から見る」と表現しています。動作を外から見るのではなく中で見る訓練をしているうちに記録が向上したと説明しています。

 

外から見てもわからない部分があります。また、外から見たことによって、体の中の状態が悪くなることは大いにあります。自分の体にある体の中の状態に目を向けて、見た目に囚われずフォームや動きを研究しましょう。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

弓道健康法セミナー案内

書籍案内

関連ページ

スポーツでは別の部分に注意すると、今の悪い部分が改善される
修正したい内容は「客観と主観」のバランスで考える
本に載っている「言葉」にとらわれるとスポーツ動作が悪くなる
イメージトレーニングがスポーツ動作に良い影響を与える科学的根拠
「筋肉」に頼るとスポーツの実力が下がる
方法を模索するとさらに上の動作を実現できなくなる
スポーツで「結果」だけを求めるとメンタルが崩れやすくなる
スポーツで使う道具にこだわると運動技術が向上しなくなる
運動技術の「うまい下手」にこだわると実力が下がる
他人と比較することでスポーツをする本当の目的を見失う
スポーツ動作を反省すると実力向上のチャンスを逃す
異分野のスポーツに興味を持てば、運動能力が向上する
スポーツの基礎となる「型」を変えると実力が向上する
自分に合った練習方法やプレースタイルを直観的に見つけるには
スポーツ全般に使えるフォーム改善の考え方
書籍からスポーツ動作の考えを深める勉強法
他人からスポーツ動作を教わっても実力向上しない
「反復練習」を続けると、トレーニング効果が倍増する
「目で追う」習慣をなくすとスポーツの動きは格段に良くなる
うまい人のやり方を真似しても運動技術や実力が向上しない理由

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催