バイクの姿勢を安定させるハンドルの使い方

ロードバイクで長い距離を楽に走るためには、適した体の動きを理解する必要があります。その中にハンドルの使い方があります。ハンドルは手を置く位置を変えることで上体の傾きが大きく変わります。姿勢を安定させたいのであれば、ハンドルへの力のかけ方を理解し、実践する必要があります。

 

ここでは、今より長い時間姿勢を安定させるハンドルへの力のかけ方を解説していきます。

 

 ハンドルを引こうとすると上体が崩れやすくなる
自転車のサドルを引き上げるように使うとスピードが上がります。その理由は引き寄せるようにすると脚に力をいれやすいからです。引き寄せるによって初心者でもペダルに強い力を与えることができます。

 

ただ、引き寄せることで、あらゆる弊害が起こる可能性があります。それは腕を引こうとすると胸が前に出やすくなることです。胸が前に出ると肩甲骨同士が寄せ合う姿勢になります。すると、背中と胸周りが緊張してしまうため、姿勢が崩れてしまいます。

 

バイクでは、骨盤が立った状態が負担のない姿勢といえます。腰が立った状態で上半身全体が前に屈むと、走行中に空気抵抗を軽減させることができます。しかし、胸が前に出てしまうと腰が前傾した姿勢になります。すると、お尻の下にある座骨ではなく股間近くにある恥骨がサドル当たってしまいます。

 

すると、走行中に股が痛くなります。あるいは体の重心が前に行きすぎてしまい、前輪に体重が乗ってしまいます。すると、踏み込んだ時に上手く力が伝わりません。

 

 ハンドルは「引く」のではなく、「押す」
このように、ハンドルを引き上げようと思うあまり、腕を使いすぎて上半身全体の構造を壊してしまう可能性があります。そのため、姿勢が崩れにくい腕の使い方を理解しなくてはいけません。

 

そこで、サドルへの意識を転換する必要があります。それは、引き寄せるのではなく「押す」ことです。

 

引こうとすると、肘が引き上がり、腕の表側の筋肉(上腕二頭筋)に力が入ってしまいます。すると、上半身全体が力んでしまいます。しかし、押す運動は腕が折れることはなく、位置関係が崩れることがありません。そのため、上半身が崩れることなく、走行することができます。

 

このためには、腕ではなく、脇の下の筋肉を使う必要があります。脇下の筋肉から腕の裏側の筋肉(上腕三頭筋肉)を活用することで、サドルを押し続けながらバイクをこぐことができます。

 

これらの筋肉を活用するために、まず上半身の無用な力を抜きましょう。次に、脇下の筋肉を張るために首を垂直に伸ばし、両肩を落とします。この姿勢を取ると自分で力をいれずに脇下の筋肉が固くなることがわかります。

 

この姿勢を保ちつつ、サドルを押すようにこぎましょう。すると、強く押せることが実感できます。腕全体の骨格の位置が崩れにくくなるため、姿勢が安定します。この体勢を維持することで、脚を回しやすくなり、楽にバイクをこぎ続けることができます。

 

長く乗り続けるには、一回のこぎ動作の負担を減らす必要があります。首を伸ばして肩を落とし、脇下からペダルを押すようにすれば、脚に負担が少ないライディングを行えます。最初のイメージとしては、右足を踏み込んだら左手で押す、左足を踏み込んだら右足を押すようにしましょう。

 

長距離をバイクで走るにはサドルを引くのではなく、押すように使う必要があります。首を伸ばして肩を落とした姿勢を取ることで、脇下から強くサドルを押すことができ、姿勢が安定します。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催