姿勢が崩れやすくなるバイクの動きを分析する

ロードバイクで長い距離を楽に走るためには、姿勢を整える必要があります。姿勢の整え方を実践で活かすためには、動作中に体の構えが崩れる要因を分析して、対策方法を考える必要があります。

 

ここでは、姿勢を崩さないための自転車の乗り方について詳しく掘り下げていきます。
 
 腰を動かそうとすると姿勢が崩れる
お尻の下には、「坐骨(ざこつ)」と呼ばれる骨盤の出っ張りがあります。「坐骨」で乗るようにお尻をサドルに乗せると、骨盤が垂直に立ちます。これを自転車の世界では「骨盤を立てて乗る」と表現します。

 

坐骨をしっかり密着させてつけると、上半身が自然と前傾のフォームをなします。ただ、自転車でスピードを上げようとしてしまうと、あらゆる要因で姿勢が崩れてしまいます。

 

 股関節を動かそうとすると姿勢が崩れる
例えば、ペダルで股関節周りを意識して踏み込もうとします。このように意識して動かすと、腰が前だけでなく、左右に動きすぎてしまい、かえって股関節周りの筋肉が疲れます。

 

すると、胸が前に出たり、肩に力が入りやすくなったりししまいます。股関節と肩甲骨は連動しており、股関節がぶれると肩甲骨も一緒に動きます。必要以上に股関節が動くと肩甲骨から肩に影響が出てしまい、上半身の上部が力みやすくなります。呼吸が浅くなったり、肩甲骨の可動域が狭くなったりして、スピードが出なくなります。

 

このように、股関節を意識しすぎると左右のブレが大きくなり、最初ついていた坐骨の位置から外れてしまいます。

 

 スピードを上げようと上半身や肘を動かすと姿勢が崩れる
あるいはスピードを速く上げようとして上体が前に突っ込むときです。このように意識してこいでみると、最初の走行速度は大きくなります。ただ、それ以上伸びなくなって脚にも疲労がきます。

 

この原因は上体が前に突っ込んだことにより、頭が前方に出てしまったからです。これによって肩の上部に重みがかかってしまい、背中全体が緊張してしまいます。その結果、ペダルにうまく力が伝えられなくなってしまい、スピードが出なくなってしまいます。

 

この姿勢は立ちこぎのように、体を前に屈めてこいだ方が脚に力を入れられるからです。このように体を前に傾けるとペダルを下に降ろす力が強くなります。ただ、スピードが上がるかどうかは別の話です。脚を鍛えていない人の場合は膝やお尻を怪我する危険があります。

 

中程度の負荷であっても高負荷のときと同じくらいのスピードが出ること、あるいは、楽に早くスピードを出せる脚の使い方を理解する必要があります。この力を入れ方では脚に疲労がかかってしまうため、注意が必要です。

 

 ハンドルを引こうとすると姿勢が崩れる
自転車でスピードを上げてこぐときに、ハンドルを引き上げて使うように指導されることがあります。その理由はハンドルを引くことにより、脚に力を入れやすくなるからです。

 

ただ、こうしてハンドルを引くように使うと、肘で引き上げようとします。肘を使うと肩も自然と動いてしまい、肩の上部に力みがきます。その結果、上体が前に出てしまい、腰が反った姿勢になります。この姿勢になると、ギアの負荷をかけたときにお尻周りに強く緊張がでます。

 

トライアスロンであれば、次のランニングで脚が動かせない姿勢になります。スピードや持久力を高めたい人であれば、ハンドルを引こうという意識を持つことを減らす必要があります。

 

これらを意識することの共通点は、こいでいる最中に「たくさんの筋肉をつかえているような気がする」ことにあります。しかし、スピードを出そうとしたり、速くこごうとしたりすると、逆に体の一部分に負荷や余計な動きが入ってしまい、姿勢が崩れてしまいます。

 

坐骨をサドルにピタットとつけた状態から姿勢が崩れないように普段から意識してバイクに乗りましょう。

 

バイクでは、坐骨がサドルにピタっとついた状態が理想です。ただ、「股関節を意識して動かす」「上体を前に傾ける」「ハンドルを引こうとする」といったように意識すると姿勢が崩れて疲れやすくなってしまう可能性があります。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催