初心者でも行えるバイクの練習法:急制動動作

バイクは長時間の運動を求められるスポーツです。そのため、下半身、上半身の筋肉を使うため、脂肪燃焼を促進します。そして、トレーニングとして、バイクを取り入れるとき、いくつか学ばなくてはいけない技術があります。

 

バイクの運転技術を高めれば、バイクの運転がしやすくなり、トレーニングの質を高めることができます。そして、初心者でもできる内容であるため、練習に取り入れることで、練習効率を高めることができます。

 

ここでは、バイクの運転技術を高める方法について解説していきます。
 

 不測の事態を対処する急制動動作を実践する

技術と呼ばれるものはたくさんあります。例えば、スピードを落とさすにコーナーを回る技術や下り坂を早く降りる技術です。これらの技術のなかで、身に付けなければいけない技術があります。それは不測の事態に対する対処法です。

 

具体的には急ブレーキのかけかたを理解することです。これは、急制動動作ともいわれます。

バイクの運転中、長くこいでいるとあらゆる事態に教われます。例えば、大きなくぼみや水たまりが道路にはあったりします。もしもこれらの場所に入ってしまうと、転倒したりスリップを起こしてしまう可能性があります。すると、急スピードのかかった状態から、自転車から体が飛ばされるため、大怪我をしてしまう可能性があります。

 

もしも、これが急ブレーキをかけて、スピードを落としていたとしましょう。すると、スピードが落ちて転倒しても、大きな怪我になることはありません。減速した状態で、バイクのバランスが崩れたとしても、横に倒れるだけです。すくなくとも、頭部といった致命的な部位は守られます。

 

そのため、不測の事態を対処するための、急制動動作が使えるようにすることが大切です。これを学べば、実際に外の道路で走ったときも臆することなく走ることができます。そうして、体をより多く動かすことができ、脂肪燃焼が促進されます。

 

 急制動動作の行い方

急制動動作の練習は、長い直線の道路(50〜100M)がひとつあれば行うことができます。まず、ふつうにペダルをこぎ、ある程度のスピードを出します。

 

次に、スピードが出てきて止まりたいタイミングが来たらブレーキレバーを強く握ります。これによって、自転車にブレーキがかかります。ただし、いきなり自転車を停止させてしまうと、自分の体が前に飛ばされてしまいます。そのため、急ブレーキをかける際に、少し工夫をします。

 

ブレーキハンドルを握ったと同時に、お尻を思いっきり後ろに引きます。つまり、両腕を伸ばして、お尻を思いっきり後ろに引き、「く」の字になるようにブレーキをかけましょう。すると、身体が前に飛ばされにくくなり、急ブレーキ中の身体がより安定します。これによって、身体を守る急制動動作が完了します。

 

そして、練習で問題なくできるようになったら、実践でスピードを上げていきましょう。実践でブレーキをかけるときはもう一つ意識しなくてはいけないことがあります。それは、直前ではなく、手前から少しずつスピードを落とすことです。

 

いきなりブレーキで停止した技術を身につけたとしても、道路では何が起こるかわかりません。そのため、急制動動作は「キチンと体を守ること」と「危険を予知して、適した行動をとる」二つの意味があると考えましょう。より安全に継続してバイクのトレーニングを積むためには、早く危険を予測し、事前に減速する癖を身につける必要があります。

 

脂肪燃焼が高い運動の一つに「バイク」が挙げられ、トレーニングに取り入れるときは、いくつか学ばなくてはいけない技術があります。その中に、急制動動作があります。

 

急制動動作を取り入れることで、不測な事態があっても、身体を安全に守ることができます。これによって、バイクのトレーニングを継続的に安全に行うことができます。長く、しっかり負荷をかけて練習を行なえば、よりカロリーを消費できるため、ダイエット効果を引き出すことができます。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催