バイクで下り坂で使えるスピードを上げる姿勢の変え方

ロードバイクでは、コースによって走り方を変えると、無駄をなくしてさらにスピードを上げることができます。その中に下り坂があります。下り坂での考え方を理解することで、体に負担をかけずに、走り切ることができます。

 

ここでは、下り坂におけるバイクの操作方法と注意したい内容をまとめていきます。
 
 坂道でスピードを上げるダウンヒルと注意点
ロードバイクにおいて、坂道で行えるテクニックはいくつかあります。その中の一つにダウンヒルがあります。ダウンヒルとは、下り坂で起こる加速度を利用して一気に坂を降りていく技術です。

 

選手が行っているのは、下り坂に入ったときに体を丸めるようにさらに前傾を取ります。すると空気抵抗がさらにかからなくなるため下りでのスピードが上がります。このときの姿勢をエアロフォームともいいます。

 

また、最高速が100kmを超えるプロのダウンヒルは特徴的な姿勢の取り方があります。これは、お尻を前に出してサドルから降りて、自転車のフレーム上部(トップチューブ)に股を乗せます。これにより、さらに空気抵抗がなくなり、下りで加速します。

 

ただ、理解したいのがダウンヒルは大きなリスクを伴うということです。ものすごいスピードが出るにもかかわらず、。防具はヘルメットのみです。落車すると最悪命にかかわります。ヨーロッパのアマチュアレースでは、みな下りは慎重に走っているともいわれます。

 

そのため、市民レーサーはダウンヒルを行うより、下りで体を休めて回復させることを優先します。よく、ありがちなのが上りで体力を使いはたしてしまい、フラフラなまま下りに入ってしまう人です。

 

下りはタイムに差が出ないため、せっかく上りで頑張っても意味がなくなってしまいます。それよりも、集中力が切れやすい状態で下りに入るとスピードも上がり、落車の危険がさらに上がります。そのため、上りでは100%力を使わず、下りに備えて力をセーブしましょう。

 

プロ選手はスピードを出すために、極端なダウンヒルをとる場合があります。しかし、このフォームを真似するデメリットもあります。それは極端に前傾姿勢をとると、休めないことです。スピードは向上しますが、下りの間に回復できないため、長時間の走行に支障をきたします。

 

極端な前傾姿勢を控えて、基本を押さえつつ堅実なダウンヒルを行います。まず、ハンドルポジションは下ハンドルを使います。これによって、空気抵抗を抑えるだけでなく、すぐにブレーキがかけられます。ブレーキレバーは付け根より遠い部分から指をかけた方がテコの原理より、強いブレーキがかけられます。

 

このポジションを維持して、目線は遠く、ブレーキングを早め早めに行うようにします。そして、コーナーのイン側は脚を上げるようにします。このように、安全確保とブレーキをしっかり使うことで、心身に不安のないダウンヒルを行うことができます。
 
 下りで脚の疲れをほぐす方法
さらに、下り坂ではちょっとしたことで脚の筋肉をほぐす方法があります。それは、下りで脚を回すことです。

 

下りでは、脚を止めてい人がいますが、脚を止めると疲れて状態が残ってしまいます。そこで、軽く脚を回すことで血液が循環し、上りでパンパンになった脚が回復します。

 

もしも、ペダリングが速くなりすぎる場合、ギアを少し重くして回すようにします。すると、スピードが少しつくため、前方に気をつかい、必要になればブレーキングを早めに行います。安全と脚回しを両立させることで、下り坂で体に負担をかけずに走ることができます。

 

私はマウンテンバイクを乗ったことはありませんが、実際に乗っている人の話によると、マウンテンバイクでは下り坂は心拍数は下がらないようです。その理由は荒れた路面をクリアするのにいっぱいいっぱいになるからです。しかし、ロードバイクでは心拍数が下がり、脚と体を休めることができます。

 

下り坂はうまく利用すれば、次の局面に備えて安全に回復しつつ走ることができます。そのためには、安全確認を行いつつ、下りで上半身を必要以上に前傾姿勢にならず、ペダルをこぐようにします。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催