バイクの技術を高める「コーナリング」とは

バイクの実力を上げるためには、走るときのフォーム以外にも、コースによってのスピードの出し方を理解し、実践で行う必要があります。その中で、バイクのコースで必ずある「コーナー」の走り方を理解することは、大会でも使えるテクニックとなります。

 

ここでは、さらにバイクに使えるコーナーでのテクニックを解説していきます。

 

 コーナリングで瞬時に加速する方法
プロの選手で実践で使えるテクニックを多用し、コーナーを処理していきます。最初の位置の取り方から、加速のタイミングを理解することで、コーナリングでも速度をあまり殺さず走ることができます。

 

理想はコーナーが抜けた後に速度が進入前より速くなっていることです。抜けた後の速度が低下していると、後の加速で脚を使ってしまいます。そのために必要なことが「進入前の位置取り」と「その後の加速のタイミング」を理解することです。

 

まず、位置取りはコーナーのアウト側から進入するようにします。この理由は速度を殺さずにすむからです。ただ、ゆるいコーナーや脚を使わされるコーナーの場合、臨機応変に入る位置を調整します。同じコーナーを何周も走る場合はチェックするようにします。

 

次にブレーキのタイミングです。これもコーナーを抜けるときに加速するために必要であり、進入前に早めにブレーキングするようにします。

 

最もやっていけないのは、ブレーキしながらコーナーを曲がることです。これは、前の人と距離を詰めてしまったときに起こります。前の人との接触を避けるためにブレーキが必要となり、前の人がコーナーを回っている間に減速しなくてはいけないため、加速分が多くなります。

 

一方、早めにブレーキをかけていると前の人が回っている間、すでに減速しているのでブレーキをかけず、そのまま慣性力(自転車がそのまま進もうとする力)で回ることができます。これにより、ブレーキをする期間を短くすることができ、加速を短時間で終わらせることができます。
 
理想のコーナリングは、コーナーを進入するときに早めに減速することです。前走者との距離をあえて空けて、脚を止めたままコーナーに入ります。そして、前走者の速度が落ちるコーナーの頂点で、加速で追いつきます。

 

前走者が加速を始めるタイミングで追いつけば追突の心配が少ないため、ブレーキングは不要です。前走者はここから加速しなくてはいけませんが、あなたには慣性力が残っているため、ペダリングする必要がありません。

 

そして、コーナーの頂点に入ったときに、加速を始めます。コーナリング中に加速を開始した前走者に比べて、加速を短時間で終わらせることができます。

 

コーナーで前走者に追いついてしまった場合、前走者がカーブを曲がっている間、接触防止と転倒防止のために常にブレーキをかけ続けなければいけません。そして、加速を始めるのに多く時間がかかってしまうため、非効率なコーナリングとなります。

 

バイクのコースで「コーナー」の走り方を理解するには、位置取りとブレーキのタイミングを理解しなくてはいけません。アウト側から進入し、早めにブレーキをかけることで、減速する時間が少なくなり、コーナーの頂点で速く加速に移ることができます。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催