ペダリングの効率を上げるサドルの位置を理解する

ロードバイクで長い距離を走るためには、負担のないフォームを身につける必要があります。その中で、ペダルとサドルの位置関係は走行中の姿勢に大きく関わっています。

 

ここでは、適切なペダリングを行うための、サドルの位置についてもう少し理解を深めていきます。
 
 ポジションは「サドル高」と「後退幅」を考える
ポジションは専門家に見てもらうのが無難ですが、ある程度の知識を理解しておくと、ダイナミックにペダリングしたいときや走りの影響を考えるのに大切になってきます。

 

まず、自転車のポジションは「サドル高」と「サドル後退幅」をみます。これらはともに下半身の使い方とペダリングに影響します。

 

 

 

サドル高は文字通りサドルの高さですが、BB芯(ボトムブラケット)からサドル上面までの立管に沿った高さです。

 

サドル高が低すぎると、ママチャリのように足首をひねったペダリングになります。すると、非効率な動きとなり、スピードが向上しません。

 

基本となるのは、ペダルが一番下がった位置でヒザが軽く曲がる程度の高さです。この高さにより、脚の付け根である股関節を使った正しいフォームでペダリングすることができます。専門家に見てもらって適切な高さに調節するフィッティングを行う場合、その人の股関節の柔軟性を条件として加味します。

 

この次に後退幅と呼ばれるものがあります。これは「サドルの先端から降ろした垂線が、BB芯からどれだけ下がっているか」の値です。

 

通常、ロードバイクに乗ってクランク(ペダルとボトムブラケットをつなぐ部品)を水平にした状態で、「ヒザから糸に結んだ5円玉や50円玉を垂らした線」がペダル軸と一致するのが基本となります。後退幅を適正にとれば、体幹から下半身全体を使ったダイナミックなペダリングができるようになります。

 

 

 

以上の内容を理解することで、適切なペダリングを行うことができます。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催