バイクで長時間の前傾フォームを維持する体の使い方

バイクで長い距離を楽にこぎ続けるには、フォームの維持が重要になってきます。バイクで空気抵抗が少ないフォームは自然と前傾しており、またこの姿勢を長時間保つ必要があります。

 

ここでは、バイクでの理想のフォームを詳しく分析し、長時間維持し続けるための体の使い方を解説していきます。

 

 上体と腕がフンワリ丸くなった姿勢が理想のフォーム
バイクでは骨盤がサドルの上に立つように乗り、腰から首までゆるやかな背骨のカーブを描いているのが理想です。これにより、お腹の内部に圧力がかかり、肺周りを楽にしてバイクに乗ることができます。

 

腰が真っ直ぐではなく反っていると肺には余裕がありますが、腹圧がかかりすぎてしまい、脚の裏側の筋肉が緊張しすぎてしまいます。逆に腰が曲がっているとおなかには余裕がありますが、肺が圧迫されすぎてしまい、呼吸が浅くなってしまいます。すると、速いスピードでこぐことができません。

 

このように、腰から首にかけての上半身はフンワリと丸くなった状態が理想のフォームといえます。さらに詳しく見ると、腕も「肩」「肘」「手首」までのラインがゆるやかな曲線を描きます。

 

肘が曲がりすぎると胸から頭までの位置が前に出すぎてしまいます。かといって肘が伸びすぎると腕が突っ張りすぎてしまい、肩が上がってしまいます。

 

腕全体も同様にフンワリ丸くなった状態が理想です。この位置から少しでもずれると、背骨全体が曲がったり、力みが出てしまったりします。ただ、実際に行うとわかりますが、これらのフォームを維持して、バイクに乗り続けるのは困難です。

 

スピードを出そうと思って体が前に出たり、長時間のライディングで疲れてくると腰が反ったり屈んだりします。さらに、サドルに当たる股間が痛くなったり脚が痛くなります。そのため、上半身と腕の骨格が曲線の状態をいかにキープし続けるかが長く楽に乗り続ける鍵となります。
 
 武道の「弓懐」の動作より、背骨と腕を同時に湾曲した骨格を同時に作り上げる
そこで、武道の世界で上半身と腕を連動させて使う動きとして「弓懐」という体の使い方があります。この動きをバイクに取り入れることで、フォームが崩れずにすみます。

 

まず、これを行うために首すじを上方向に伸ばします。頭の頂点を垂直に伸ばすイメージです。次に両肩を落とします。すると脇下の筋肉が張るのがわかります。これで、脇を張りながら前で円を作るように両腕を合わせると弓懐の完成です。

 

脇下の筋肉を張った姿勢を維持して、楽にハンドル方向に腕を伸ばしましょう。すると、ピンと両腕を伸ばしにくくなります。ほんの少し肘が曲がった状態で腕が落ち着きます。この関係を保つことを意識して、ハンドルに手を添えてみましょう。すると、自然な前傾のフォームとなります。
 

 

 

私は、バイクを練習して間もないころは20km程度で走るのがやっとで、40kmこいだ後にランニングをすると、脚が動きませんでした。しかし、武道を稽古し、姿勢や体の使い方を勉強してからバイクを乗ると、スピードは約2倍伸び、さらにその後のランニングも楽に行えるようになります。

 

このように、首筋を伸ばし、肩を落とすことで、腕に負担のない前傾フォームを手に入れることができます。あとは走行中に脇の張りを感じつつ乗れば、姿勢が大きく崩れることはありません。

 

バイクにおいて、上半身と腕がフンワリ丸くなった構造が理想のフォームといえます。武道の「弓懐」の使い方より、上体と腕の理想形を同時に手に入れることができます。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催