ロードバイクの運動改善

バイクを長時間乗り続けるための体の使い方

 

 バイクで長い距離を走るための姿勢の整え方

 

 姿勢が崩れやすくなるバイクでの動きを分析する

 

 バイクの姿勢を安定させるハンドルの使い方

 

 バイクで股間周りが痛む原因を分析する

 

 バイクで腕に力みがこない指の使い方

 

 バイクと自分に負担をかけないブレーキとコーナリングを理解する

 

 バイクで長時間の前傾フォームを維持する体の使い方

 

バイクでの動きを正確に理解する

 

 バイクで最もスピードの出る重心の位置を理解する

 

 バイクで最も力をかけるペダルの位置を理解する

 

 姿勢の安定と注意力を高めるバイクでの目線の定め方

 

 ペダリングの効率を上げるサドルの位置を理解する

 

 正確な股下の寸法を図り、理想のフォームを身につけるには

 

一歩上にいくテクニックを理解する

 

 テクニックを向上させる「2種類のペダリング」について理解する

 

 バイクの技術を高める「コーナリング」とは

 

 スピードとスタミナを維持するための「ダンシング」を理解する

 

 バイクで下り坂で使えるスピードを上げる姿勢の変え方

 

 50kmを楽に走るトレーニング:トレーニング回数を増やす

 

 自転車練習の平日の活用法

 

 初心者でも行えるバイクの練習法:急制動動作

ロードバイクの運動改善記事一覧

バイクで長い距離を走るための姿勢の整え方

サイクルスポーツで長い距離を楽に進むためには、フォームを整える必要があります。負担のない姿勢を維持できれば、あらゆるプラス要素があるからです。自転車では、こぎ続けているとあるときスピードが下がる症状(ハンガーノック)が起こります。あるいはトライアスロンをしているのであれば、バイクからランニングに切り...

≫続きを読む

 

姿勢が崩れやすくなるバイクの動きを分析する

ロードバイクで長い距離を楽に走るためには、姿勢を整える必要があります。姿勢の整え方を実践で活かすためには、動作中に体の構えが崩れる要因を分析して、対策方法を考える必要があります。ここでは、姿勢を崩さないための自転車の乗り方について詳しく掘り下げていきます。 腰を動かそうとすると姿勢が崩れるお尻の下に...

≫続きを読む

 

バイクの姿勢を安定させるハンドルの使い方

ロードバイクで長い距離を楽に走るためには、適した体の動きを理解する必要があります。その中にハンドルの使い方があります。ハンドルは手を置く位置を変えることで上体の傾きが大きく変わります。姿勢を安定させたいのであれば、ハンドルへの力のかけ方を理解し、実践する必要があります。ここでは、今より長い時間姿勢を...

≫続きを読む

 

バイクで股間回りが痛くなる理由を分析する

ロードバイクで、スピードを上げるには、理想の姿勢を維持して走行することが大切です。ただ、長時間乗り続けて姿勢が変わってしまうと、体の一部分を痛める危険があります。その中に多いのが股間の痛みがあります。股間はサドルと接しているために、姿勢が変わると重心やお尻にかかる圧力が大きく変化します。そのため、痛...

≫続きを読む

 

バイクで腕に力みのこない指の使い方

バイクは登り坂や下り坂によって、ペダルの強さや長時間の運動を求められるスポーツです。そのため、下半身、上半身の体の動きを理解し、効率のよい走りを行う必要があります。この中で上体の安定やスピードの増減に関わる部位としてハンドルがあります。ハンドルには手を置く位置が3つあります。コースや出したいスピード...

≫続きを読む

 

バイクと自分に負担をかけないブレーキとコーナリングについて理解する

近年、ロードバイクの人口は増え続け、都内でもバイクに乗っている人を多く見かけるようになりました。その理由として、スピードを出している爽快感や一人でも練習することができる特徴が挙げられます。一人で練習できるため、環境に左右されず、道具をそろえれば実力を向上させることができます。ただ、ロードバイクは一般...

≫続きを読む

 

バイクで長時間の前傾フォームを維持する体の使い方

バイクで長い距離を楽にこぎ続けるには、フォームの維持が重要になってきます。バイクで空気抵抗が少ないフォームは自然と前傾しており、またこの姿勢を長時間保つ必要があります。ここでは、バイクでの理想のフォームを詳しく分析し、長時間維持し続けるための体の使い方を解説していきます。 上体と腕がフンワリ丸くなっ...

≫続きを読む

 

バイクで最もスピードの出る重心の位置を理解する

バイクで楽に速いスピードを出すためには、筋力以外に姿勢の維持が重要です。この中でも、体の重心とペダルの位置は密接な関係があります。自転車の運動中、上体の重心を置く場所によって、上体の姿勢や使われる筋肉や力の入れやすさが違ってきます。つまり、バイクの運動中における体の重心の位置によってスピードの出しや...

≫続きを読む

 

バイクで最も力をかけるペダルの位置を理解する

バイクをこぐときは、ペダルの通る位置によって働く筋肉が変わります。それによって、ペダルを回転させる力や筋力が変わってきます。より速いスピードやペダルの回転数を上げるためには、ペダルの動きによって働く筋肉や力の伝えやすい位置を理解する必要があります。ここでは、ペダリングで力を入れるポイントについて解説...

≫続きを読む

 

姿勢の安定と注意力を高めるバイクでの目線の定め方

ロードバイクで長い距離を楽に走るには、安定した姿勢が必要です。ただ、走行中の顔を向きは上体の崩れに大きく関わります。安定した姿勢と走行中での注意力を身につけるには、目線を定めてバイクに乗る必要があります。ここでは、ロードバイクでの姿勢を整える目線の使い方を解説していきます。 目線は20〜30m 先に...

≫続きを読む

 

ペダリングの効率を上げるサドルの位置を理解する

ロードバイクで長い距離を走るためには、負担のないフォームを身につける必要があります。その中で、ペダルとサドルの位置関係は走行中の姿勢に大きく関わっています。ここでは、適切なペダリングを行うための、サドルの位置についてもう少し理解を深めていきます。 ポジションは「サドル高」と「後退幅」を考えるポジショ...

≫続きを読む

 

正確な股下の寸法を図り、理想のフォームを身につけるには

ロードバイクでは、正確なフォームで走り続けるために、道具の特性を理解しておく必要があります。その中にサドルの高さがあります。サドルの高さを適切に決めることで、上半身の姿勢、ペダリング、脚の使い方が大きく変わってきます。ここでは、バイクの練習につなぐための適切な股下の寸法とサドル高について解説していき...

≫続きを読む

 

テクニックを向上させる「2種類のペダリング」について理解する

ロードバイクにおいては、長い距離を楽に走るために、ペダリングの使い方を理解する必要があります。バイクの走行中皆と一緒に同じペースでついていくときやスピードを上げるときなどにはいろんな場面があります。これらの状況に合わせて、ペダリングでの脚の力を変えることで、負担を抑えることができます。ここでは、ロー...

≫続きを読む

 

バイクの技術を高める「コーナリング」とは

バイクの実力を上げるためには、走るときのフォーム以外にも、コースによってのスピードの出し方を理解し、実践で行う必要があります。その中で、バイクのコースで必ずある「コーナー」の走り方を理解することは、大会でも使えるテクニックとなります。ここでは、さらにバイクに使えるコーナーでのテクニックを解説していき...

≫続きを読む

 

スピードとスタミナを維持するための「ダンシング」を理解する

バイクの乗り方には、「シッティング」と「ダンシング」があります。シッティングは座って乗るのに対し、ダンシングは立ちこぎになります。ダンシングは非常に用途が広く、加速や長時間の走行に使えるテクニックとなります。ここでは、加速とスタミナを維持するための「ダンシング」について解説していきます。 ダンシング...

≫続きを読む

 

バイクで下り坂で使えるスピードを上げる姿勢の変え方

ロードバイクでは、コースによって走り方を変えると、無駄をなくしてさらにスピードを上げることができます。その中に下り坂があります。下り坂での考え方を理解することで、体に負担をかけずに、走り切ることができます。ここでは、下り坂におけるバイクの操作方法と注意したい内容をまとめていきます。 坂道でスピードを...

≫続きを読む

 

50kmを楽に走るトレーニング:トレーニング回数を増やす

風景を眺めながら時間を気にせず、近所をゆっくり走るのは、ロードバイクの醍醐味です。ただ、もっと速く遠くに行きたいという気分になったら、本格的なトレーニングを始める必要があります。ここでは、ロードバイクでさらに実力を上げるための練習方法をについて解説していきます。 50kmを楽に走るにはフルマラソンの...

≫続きを読む

 

自転車練習の平日の活用法

ロードバイクの練習では、決められた目標を達成するに平日の練習は欠かせません。バイクの実力を伸ばすためには、「心肺機能」の向上が必要であり、2,3日練習しないとトレーニング効果が半減してしまうからです。そのため、平日の練習が必要になってきます。ただ、市民サイクリストの場合は仕事が忙しく、うまく練習時間...

≫続きを読む

 

初心者でも行えるバイクの練習法:急制動動作

バイクは長時間の運動を求められるスポーツです。そのため、下半身、上半身の筋肉を使うため、脂肪燃焼を促進します。そして、トレーニングとして、バイクを取り入れるとき、いくつか学ばなくてはいけない技術があります。バイクの運転技術を高めれば、バイクの運転がしやすくなり、トレーニングの質を高めることができます...

≫続きを読む

 
//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

弓道健康法セミナー案内

書籍案内


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催