アウトサイドキックは速い動きを身につけるのに適している

サッカーの世界には、あらゆるキック動作があります。足の甲や土踏まずの内側を使ったキックなど、目的によって使い分けます。

 

その中でアウトサイドキックがあります。このキックでは、脚の外側を使って味方にパスします。

 

サッカーの動作にはパスを出す以外に、足さばきや動きなど他に求められる能力があります。アウトサッドキックの体の動かし方には、それらの能力を向上させるのに有効な意味を持っています。

 

ここでは「アウトサイドキックが他のキックより優れている点」と「その他の動作に通じる体の使い方」について解説していきます。
 
 アウトサイドキックは唯一「小指」を使えるキック
アウトサイドキックはキック力が弱いため、最初から教えられることは少ないです。しかし、アウトサイドキックが他のキック動作より優れている点は、唯一「小指」が使えるキックということです。「小指」がサッカーにおける動作や姿勢に良い影響をもたらします。

 

 

 

それは、小指に力を入れることで体を動かしやすい姿勢になるからです。

 

足指に力を入れることによって体は前や後ろに進みやすくなります。親指に力を入れると上体は後ろに、小指に力を入れると前に傾けやすくなります。

 

さらに、人間は走る動作で「足指」にあまり気をつかいません。そのため「小指」ではなく、力を入れやすい「親指」をよく使います。

 

親指に力を入れた動きや姿勢は、脚の各関節の力みにつながります。具体的には、足の親指に力を入れると一緒に足首関節や膝関節も固まります。

 

サッカーで用いられるキックのほとんどは、親指に力を入れるとやりやすい動作ばかりです。インサイドキックもインフロントキックもみな「親指」に力を入れると行いやすいです。

 

しかし、こうした動作は「親指にしっかり力が入れば」の話です。もし、激しい競り合いやパスを確実に決めなければいけない時は気持ちも状況も変わります。感情の起伏が激しいときに、親指を使った姿勢は簡単に崩れます。

 

つまり、キックの動作は実践的な練習をしなければいけません。

 

アウトサイドキックは親指ではなく、小指を使って蹴ります。小指を使うと各関節が力まず、上体の重みが前方に傾きやすくなります。つまり、ドリブルが速くなり、パス後も動作をスムーズに続けることができます。

 

この動きを身につければ、本番で親指に力が入らないため、姿勢を崩さずに動くことができます。スムーズな動作により、パスや方向転換の確実性が上がります。

 

外国の一流選手が、試合前などにグランドに出てきて、無意識に味方の選手にボールを出すことがあります。このとき、アウトサイドのドリブルから、アウトサイドパスをよく使います。

 

これは、アウトサイドパスの方が、走りながら蹴る動作に向いているからです。ここ一番で確実なパスや素早い動きをするためには、親指よりも小指に力が入る姿勢の方がスムーズに動くことができます。

 

 他のキックでアウトサイドのキックの感覚を取り入れる指の使い方
このように、アウトサイドキックは蹴る動作の中に体重の乗せ方や動作の確実性を上げる優れた特性があります。

 

そのため、アウトサイドのドリブルやパスを徹底的に行うと、動きそのものが変わっていきます。さらに、アウトサイドのような感覚で他のキックの動きを行う方法があります。

 

それは、足を後ろに向けるときの「足裏」の向きです。

 

通常、ボールを蹴るとき、多くの人は足裏の向きが親指では真っ直ぐか外側に向きます。これは、親指に力を入れて蹴っている人によく見られる足裏の向きです。

 

この足裏の向きを逆向きに変えると、アウトサイドの感覚に近い蹴りを行うことができます。

 

例えば、インサイドキックは足首の横、インフロントキックは足首の中央にボールが接します。最終的にこの部分で蹴ることができれば、後ろに足を引き上げるときはどんな軌道でも問題ありません。

 

ここで、脚に無駄な力を入れないようにして、「蹴る脚の内もも」をもう一方の脚へこするくらい近づけて後ろに引きましょう。親指が遠心力でムチのようにしなり、親指が内側に向くようにします。これにより、脚を前方に振り出したときに加速がつき、ボールのスピードが増します。

 

 

 

ドリブルの場合は、アウトサイドのドリブルを続けるようにしましょう。連続した動作の中で「親指に力を入れやすい姿勢」をしなければ、自然と身についてきます。パスを出すときのように、あまり足裏の向きにとらわれないことが大切です。

 

小指を活かしたキックとアウトサイドのドリブルを練習に意識して取り入れてみましょう。蹴る動作一つで、体重移動やドリブルの動きを向上させることができます。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催