試合中のキックの技術を高める「軸の見つけ方」

素早いパスを出す動きを身につけるためには、一流選手の体の使い方を勉強する必要があります。

 

プロとアマの動きの違いは、試合中のキックを見るとわかります。一流選手の試合中のキックでは、素早い足さばきで相手を抜いたり味方にパスを出したりします。このように連続してあらゆる動きをこなすことが一流選手の動きを身につける一つのカギです。

 

連続した動作を行うためには、走っているときの「軸」の置き方が大切です。実は、多くの人は軸の置き方が一流選手と違っているため、動作が遅くなっています。

 

ここでは、「一流選手が行っている軸の置き方」と「その置き方を身につける体の使い方」を説明していきます。

 

 動いている足を「軸」にすると動作が止まることがない
例えば、普通にインフロントキックをしてみましょう。足の甲で蹴ったあと、姿勢はどうなっているでしょうか。おそらく蹴った後も安定して立っていられるでしょう。これは、「止まっている足」を軸にしているからです。

 

この蹴り方はコーナーキックやフリーキックのような、相手がいない場合に有効なキックです。他のインサイドキックも同様に、止まっている足を軸にします。

 

しかし、試合中のキックはいつもボールが止まっている足の真横にあるとは限りません。相手と激しく競り合っているときは、ボールが止まっている足の前方や斜め前にあることもしばしばあります。

 

ここで、普通の人は一度止まったり体をねじったり余分なプレーをしてしまいます。すると、相手にボールを取られてしまいます。

 

では、一流選手はどうでしょうか。一流選手は常に「動いている足」に軸を置きます。ボールを蹴って前に進んでいるのではありません。走りの中にボールがある感覚です。

 

 

 

こうして動いている足に軸を置いているとパスをもらって止まるのではなく、パス後も自然に走り出しているので、パス後の動きがスムーズです。

 

 一歩目に腰から入るようにパスをもらう練習をする
そのため、軸を「止まっている足」ではなく「動いている足」に置くようにすることが大切です。そこで、パスをもらうときの「もらい方」を変える練習をしましょう。

 

足からボールをもらおうとすると、出した足が伸びきってしまいます。すると、結果的にもう一方の足に軸を置いてしまいます。

 

そこで、パスをもらうときは足でとろうとするのではなく、腰から足を一歩出すようにして、ボールを取りましょう。

 

つまり、脚だけ動かすのではなく、腰と脚を両方動かします。すると、上半身全体が移動するので、自然と動いている足が軸になります。このような意識づけでパス後の動作が連続します。

 

 

 

ポイントは、あまり脚を伸ばさないようにすることです。脚が伸びてしまうと、どうしても軸が偏ってしまいます。脚ではなく、腰を意識するのです。

 

このように、パスをもらうときには、足からではなく腰から動いてパスをもらいましょう。すると、パス後の動作がスムーズになります。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

弓道健康法セミナー案内

書籍案内


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催