サッカー選手が心がけたい、「蹴る」技術を高める二つの体の使い方

サッカーの動作は「走る」「蹴る」を中心に行うスポーツです。一流選手のドリブル突破や正確にゴールを決める瞬間は、誰よりも速い「走り」と正確な「蹴り」から生まれます。

 

そのため、サッカー選手で技術を磨くものは「走り」と「蹴り」と考えられます。

 

しかし、サッカー選手はこの動作以外に二つ実践に使える動きがあります。この二つの動きの質を高めれば、走る・蹴る動作の技術向上に役立てることができます。

 

ここでは、サッカーの蹴る技術をさらに高めるための二つの体の動かし方を紹介していきます。
 
 サッカーは「急に止まる」「急に走り出す」動作が大切
サッカーでは、高い走りと蹴りの技術を生み出すために必要な動きが二つあります。それは、「急に止まる」動作と「走り出す」動作です。

 

科学の分析では、年齢を重ねるうちにサッカーによるスポーツ怪我のリスクが高くなるとされています。野球では、動体視力が下がるために、成績は下がります。ただ、怪我のリスクが上がるわけではありません。

 

一方、サッカーは他のスポーツより怪我のリスクが上がる要因があります。それは、急に止まったり動いたりする動作が多いからです。

 

野球ではベースランニングか守備で守っているときしか急に走り出す動作はありません。陸上のトラック競技でも、スピードがかかる瞬間はスタートの瞬間のみです。

 

しかし、サッカーは90分間の時間で何十回も、止まったり動いたりを繰り返します。この瞬間的に切り替わる動作により、脚の筋肉に疲労が積み重なります。この切り替えに筋肉がついていかなくなり、肉離れを起こすこともあります。

 

つまり、ここ一番で最大限のパフォーマンスを高めるために大切なのは「蹴る」動作以外の「急に止まる」「急に走り出す」動作の質を高めることです。

 

サッカーは野球のように一発逆転が起こるスポーツではありません。むしろ、少ないチャンスをいかにものにできるかという体力勝負です。その数少ない機会をしっかりものにするためには、それ以外の時間にどれだけ体の動きに負担をなくすかが大切です。

 

 止まるときは「脇の下」で止まり、走り出すときは「膝を抜く」
そこで、サッカーの動作に使える止まり方、走り出し方について解説していきます。そのために、首を伸ばして肩を落としましょう。すると、脇の下の筋肉を張った姿勢ができあがります。この筋肉が張ると、急に止まったり動いたりしても上半身の上部がぶれにくくなります。

 

この状態のまま、少し走ってみてみましょう。走ってスピードがついているときに、ある場所でブレーキをかけて止まりましょう。

 

止まるとき、首を伸ばして肩を落とすのです。そして、止まるときは「膝」「足首」の力を抜いて、脇の下から脚までつながっているとイメージして、脇の下で止まるようにしましょう。

 

すると、膝や足首に負担なく止まることができます。少し前につんのめり気味になっても、最初は構いません。自然と体全体で止まる動きを身につけることができます。

 

多くの人はブレーキをかけるときに足首と膝を使います。それでは、太ももの筋肉に負荷がかかりすぎてしまいます。この動きが脚の疲労に繋がります。

 

 

 

そして、走り出すときも同じように首を伸ばして両肩を落とします。このときに、蹴って前に出るのではありません。例えば、右に進みたいのであれば、右膝を使います。右膝の力を抜いて「腰」「肩」「頭」の三か所を同時に右方向に倒すイメージで進んでください。

 

すると、脚に負担なく走り出すことができます。ここで、脇の下が使われているならば、動きだしに加速がつきます。走り出しに勢いがついたら、あとはどう加速をつけようが構いません。

 

イタズラで「膝かっくん」をやられた経験のある人は、あのやられた瞬間と同じ要領で走り出すことを意識してみてください。膝を曲げるのではなく、力を抜くのです。

 

 

 

止まりやすく動きやすい姿勢を作るために、首を伸ばして肩を落としましょう。そして、止まるときは脇の下で止まるようにし、動き出すときは膝の力を抜いてから走り出しましょう。「止まる」「走り出す」の動きがよくなり、試合で最高の「蹴る」動作を引き出すことができます。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

弓道健康法セミナー案内

書籍案内


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催