「八の字ドリブル」はドリブルの動きを悪くしてしまう

サッカーで行われるドリブルの練習方法の中に「ジグザグドリブル」や「八の字ドリブル」があります。

 

これは、ボールを前だけではなく、左右に蹴るための練習として使われます。コーンをいくつかおいてジグザグに、あるいは二個にして八の字に動きながらドリブルをします。

 

しかし、八の字ドリブルを行うとドリブル技術だけではなく、あらゆる脚技やパス技術の低下につながる可能性があります。

 

ここでは、八の字ドリブルが持つ弊害とその対策方法について解説していきます。

 

 八の字ドリブルはボールを前に蹴る癖がついてしまう
八の字に蹴るように言われると、曲がるときにボールが八の字の軌道からそれます。そのため、軌道修正を行わないといけません。

 

ここでよくやってしまうのが、直線に進むことです。インサイドキックを最初に教えられるために、曲がるときにいったん止まって角度をつけてボールを蹴ります。ボールを追いかけて、同じような要領でドリブルをしてしまうのです。

 

 

 

これでも八の字に進んではいますが、常にボールを追いかけるような動きになります。つまり、体より前にボールが出てしまいます。

 

これにより、多くの人はオフェンスで相手を抜くフェイントができなくなります。ボールが前にあると、左右に体を振ろうとするときに一歩一歩脚を蹴りたい方向に出さないといけません。そのため、ディフエンスに動きを読まれてしまいます。

 

もしコーンがディフエンスだとしたら、簡単にボールをとられてしまいます。

 

弓道の世界に当てはめると、弓を自分の体より離して引いていることになります。野球の世界では、バットを自分の体になるべく遠ざけて振っていることになります。いずれも腕に負荷がかかりすぎて、道具をうまく扱うことができません。

 

これは、八の字ドリブルも同じです。直線に蹴ろうとすると、体とボールの距離が遠くなります。

 

ボールを左右に動かす前に、蹴りやすいポジションまで自分の体を近づけるなければいけません。あるいは、蹴るためには脚を伸ばさないといけません。

 

このように八の字ドリブルは、自分とボールの距離が遠くなってしまうため、無駄な動作をたくさん行わないといけません。そのため、いくら行っても他の脚の動きが上達しなくなります。

 

 八の字にドリブルするのではなく、丸く曲線に転がす
それでは、どのように八の字ドリブルを行えばよいでしょうか?

 

それは、直線に蹴るのではなく、丸く曲線にボールを転がすようにドリブルをするのです。

 

前に蹴るのではなく、最初は膝を前に出すようにして、なるべく足をボールに密着させるようにドリブルをします。そして、曲がるときになったら、インサイドキックやボールの触れる位置を変えながら、なるべくボールから脚が離れないようにドリブルをします。すると、軌道が曲線になります。

 

 

 

このようにドリブルを行えば、蹴ったときに体とボールが遠くなることはありません。常に体との距離が近いため、ボールを扱いやすくなります。

 

さらに、ボールとの距離を近づけるには脚とボールの接触時間が増えます。つまりいつでも自分の脚の動きで左や右に動くことができます。

 

一流選手は、前に進むと見せかけていきなりフェイントをしかけます。常にボールと脚が接触しているため、同じようにいきなりボールを動かすことができます。

 

この曲線運動によるドリブルは、角度が変わるたびに微妙な力加減をしなくてはいけません。つまり、蹴る動作以外にあらゆる脚の動きや力の入れ方などドリブルに必要な能力が身に付きます。

 

子供にラグビーを教えるとき、フランスでは「円弧を描く」ように走ることを最初に教えるそうです。円弧の動きには縦の動きと横の動きが含まれているため、相手に動きが読まれにくい動きになります。

 

サッカーに当てはめるとするならば、ドリブルだけではなく、アシストや脚の動かし方も向上します。このように、動きを直線ではなく、曲線にすることで体の使い方が変わります。

 

八の字ドリブルは直線に蹴るのではなく、曲線に球を転がすようにドリブルしてみましょう。すると、ドリブルだけでなく、脚技やパス技術の向上につながります。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催