サッカーの運動改善

サッカーの運動改善記事一覧

サッカー選手が心がけたい「蹴る」技術を高める二つの体の使い方

サッカーの動作は「走る」「蹴る」を中心に行うスポーツです。一流選手のドリブル突破や正確にゴールを決める瞬間は、誰よりも速い「走り」と正確な「蹴り」から生まれます。そのため、サッカー選手で技術を磨くものは「走り」と「蹴り」と考えられます。しかし、サッカー選手はこの動作以外に二つ実践に使える動きがありま...

≫続きを読む

 

試合中のキックの技術を高める「軸」の持ち方

素早いパスを出す動きを身につけるためには、一流選手の体の使い方を勉強する必要があります。プロとアマの動きの違いは、試合中のキックを見るとわかります。一流選手の試合中のキックでは、素早い足さばきで相手を抜いたり味方にパスを出したりします。このように連続してあらゆる動きをこなすことが一流選手の動きを身に...

≫続きを読む

 

インサイドキックをし続けると他のキック動作が悪くなる

サッカーのキックには「インサイドキック」があり、味方にパスするときに用いられます。自分の体より内側の軌道でボールを蹴るため、やりやすいキックといえます。初心者は「インサイドキック」からパスの出し方を教わります。このとき、「足首の内側を使って相手にけって」とよく言われます。インサイドキックは確実性があ...

≫続きを読む

 

サッカーのコンタクトプレーで上半身がぶれない姿勢の作り方

サッカーの試合では、相手ディフエンスやオフェンスを抜くために「競り合い(コンタクトプレー)」で勝つことは重要です。そのためには、動いているときの姿勢が大切です。世界のトップ選手はたとえディフエンスに接触しても姿勢を崩さず、動きが途切れることがありません。こうした競り合いに勝つためには、筋力や体の大き...

≫続きを読む

 

アウトサイドキックはサッカーの速い動きを身につけるのに適している

サッカーの世界には、あらゆるキック動作があります。足の甲や土踏まずの内側を使ったキックなど、目的によって使い分けます。その中でアウトサイドキックがあります。このキックでは、脚の外側を使って味方にパスします。サッカーの動作にはパスを出す以外に、足さばきや動きなど他に求められる能力があります。アウトサッ...

≫続きを読む

 

ロナウジーニョ選手から学ぶ素早い股関節の動かし方:シザース

ロナウジーニョ選手はバロセロナ、ACミランで活躍した世界屈指のプレーヤーです。彼のプレイの特徴は素早い「シザース」です。実はロナウジーニョ選手の「シザース」動作は、他の選手とは違う股関節の使い方をしています。この動かし方を学ぶと、足技のスピードを向上させることができます。ここでは、ロナウジーニョ選手...

≫続きを読む

 

サッカー選手が最も姿勢の崩しやすい体の話

試合中に長く、良いパフォーマンスを発揮するためには、動きやすい姿勢を身につけることが大切です。良い動きを続けるには、良い姿勢を崩さずにキープすること重要です。しかし、サッカーの動作には姿勢の崩れるキッカケがいくつかあります。知らないと、気づいたときには疲労がたまりやすくなったり、動きが遅くなったりと...

≫続きを読む

 

ヘディングで今よりボールの飛距離を伸ばす首の使い方

ボールが宙に浮いたところで味方へパスを送るためには、ヘディング動作が大切になってきます。ヘディングでボールを遠くに飛ばすためには、背中の筋肉を使ったジャンプ動作が必要とされています。しかし、ジャンプ動作は落下地点での踏み外しや膝関節の負担などによる怪我の可能性を持っています。せっかく練習しても、試合...

≫続きを読む

 

一流選手が実践する「膝の使い方」を身に着ける練習方法

試合における、一流選手の違いは「膝」にあります。ドリブルをするときに、彼らは普通の人と違った膝の動かし方をします。これにより、ボールを操る感覚が変わり、速く動くことができます。ここでは、「一流選手が実践している膝の使い方」と「そのための練習方法」について解説していきます。 蹴るのではなく、「膝で押し...

≫続きを読む

 

シュートの決定力を上げる考え方

サッカーの試合で勝つためには、シュートを決めて、点を取らなければいけません。本や教材にある「遠くから狙うミドルシュートの蹴り方」や「複数人のディフエンスを抜く方法」はまさにシュートを決めるために必要なものでしょう。ただ、こういった練習も良いと思いますが、そもそも「シュートを決める」ということをしっか...

≫続きを読む

 

サッカーでは素早く蹴ろうとすると速いボールを蹴れない

強いキックはゴールを決めるために必要です。しかし、実際は強く蹴ろうと思ってもなかなかできないものです。そこで、焦ってより力を入れて蹴ろうとしたり指導者が「もっと速く足を振って」と指摘したりするでしょう。近年はサッカーの蹴り方や強く蹴るためのノウハウがネット上で公開されているため、見る側は自分の足りな...

≫続きを読む

 

「八の字ドリブル」はドリブルの動きを悪くしてしまう

サッカーで行われるドリブルの練習方法の中に「ジグザグドリブル」や「八の字ドリブル」があります。これは、ボールを前だけではなく、左右に蹴るための練習として使われます。コーンをいくつかおいてジグザグに、あるいは二個にして八の字に動きながらドリブルをします。しかし、八の字ドリブルを行うとドリブル技術だけで...

≫続きを読む

 
//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

弓道健康法セミナー案内

書籍案内


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催