言葉や体から見直す野球でのスランプ時の克服法

野球選手は続けていると「スランプ」に陥ることがあります。いくら練習しても結果が出ず、自分の思うプレーができないことはよくあります。そうしたときは、普段通りに練習をしてもすぐには調子が出てきません。

 

そのため、練習や取組方法を変える必要があります。しかし、練習方法を変えても、柔軟な考え方や体の動かし方を持っていなければ、結果的にはあまり変わりません。

 

ここでは、スランプに陥ったときに使える、体の動きを改善する方法をご紹介していきます。
 
 言葉にとらわれない
野球の世界では良いパフォーマンスをするためのノウハウがあります。「手先で切るように投げなさい」や「腰を使って振る」といった言葉がそれに当たります。

 

しかし、スランプに陥ってしまったときは、学んできた言葉を一旦忘れましょう。全力で動作することに専念し、そういった言葉で考える余地をなくすことが大切です。

 

動作を改善するための方法は「手先」や「腰」など限定的な表現が多いです。そのため、多くの人はそれらの言葉をありがたく受け入れます。しかし、このような言葉は、ある日しっくりくる時があっても体調や気分でしっくりこなくなる時もあります。

 

「腰を使って振る」という言葉一つをとっても、実際はあらゆるプロセスがひそんでいます。「本当に腰だけ意識したらその動きが達成されるのか?」「別の部分を意識すると、結果的に腰を使った動きになるのか?」などを考えると、その言葉だけを意識しても無意味なことが分かります。

 

そのため、言葉には気を使わないで楽に「打つ」「投げる」ことを考えましょう。「手先で切るように」と言われたとき、本当に手首をひねるくらいの勢いでボールをはじくわけではありません。「腰を使って振れ」と言われて、腰に力を入れすぎるのではありません。
 
そういったことは、考えすぎない方が得策です。

 

 腕と足にとらわれない
自分の思った動きができないため、スランプに陥ります。そこで、多くの人はスランプを脱するために、トレーニング方法を変えたりもっと練習を重ねたりします。

 

しかし、調子が出ないときは、トレーニング方法や練習時間よりも体の使い方を変える必要があります。つまり、腕や足といった筋肉を全てリラックスさせ、首や背中などの「胴体」に目を向けることが大切です。

 

思い通りに動かない原因は腕と足からきます。足の動きが悪いとき、多くの人は体の末端部が思い通りに動かせないかと考えます。そこで、腕や足自身の動きにこだわったり、腰を反らせたりなどを考えます。

 

ただ、手や脚を思い通りに動かすためには、リラックスした姿勢が必要です。手や腕のことばかり考えて自然な姿勢を崩してしまうと、逆に動きが悪くなってしまいます。

 

そこで、自分を客観視しましょう。すると、必要以上に腕や脚に力を入れていることに気づけます。改善しようと模索しているうちは、このようなリラックスした姿勢に気づくことが難しいです。スランプ時は自分で勝手に不自然な姿勢を作っている可能性があります。

 

そのため、腕や脚の力みをいったんほぐしましょう。そして、自然な姿勢から野球の動作を始めましょう。これによってスランプを脱出し、思い通りの動きができるようになります。

 

 弓の世界は入る人より辞める人が圧倒的に多い
スランプに陥っても、野球の世界はキッカケがあればすぐに直すことができます。しかし、弓道の世界はもっとシビアです。どうやって引けば的に当たるのかという「テクニック」は全くありません。そのため、スランプのせいで実力がどんどん下がっていきます。

 

弓の世界では、スランプに陥ったら自分のどこに原因があるのかを「姿勢」から考えます。腕や足をうまく動かそうと考えると、思う通りに引けません。

 

そうしたときは「なぜ、自分は腕をこう動かしたいと考えてしまったのだろう?」と自分の頭で考えていたことを疑います。すると、本に書いてある言葉に刺激されていたり、必要以上に下腹部を固くしてりしたことに気づきます。そこまで客観的に見ると、無意識にしていた無駄なことに気づきます。

 

そこに気づけなかった場合、たとえ何十年と引いている人でも的に全く当たらなくなります。野球の世界ではある程度経験すれば、バッティングやピッチングにブランクが多少出るくらいで実力はそこまで落ちないでしょう。

 

一方、弓の世界は5年間引いていても、1か月練習をやらなければ、初心者とほとんど同じ実力になってしまいます。そこから練習しても、引き方を知っているだけで改善方法がわかりません。そのため、辞めていく人はたくさんいます。

 

スポーツの世界のスランプは、自分の頭で記憶しているものと実際とのズレによっておこります。そのズレは言葉や腕からきていることが多いです。

 

そのため、「言葉にとらわれていないか」「必要以上に筋肉にたよっていないか」を振り返ってみましょう。すると、自分が無駄なことをやっていたことに気づき、スランプ脱出のキッカケを手に入れることができます。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

野球の全ての動作に共通する武道における「背骨」の概念
野球の動作で一番力んでほしくない体の部分
「腰」ではなく「脇の下」を使って体全体のスイングを身に着ける
太っている人、やせている人の適したバットを構える位置
ダウンスイングで振り続けると、体を使ったスイングができなくなる
顔を深く向けるだけでバッティングの姿勢が良くなる
バッティングの前足の角度を変えて、力を最大限に伝えるには
ピッチング時に少し肩を下げるだけで今より球速は速くなる
一番怪我しやすい「カーブ」を負担のなく投げるには
腕の仕組みから考える投げやすい変化球
投げる動作で怪我のリスクを減らす指の使い方
一流投手の腕の振り方を実現させる筋肉の働かせ方
理想のピッチングフォームが身につく「メンコ」を使ったトレーニング法
投げるときの重心は低い方が良いのか?
球速アップに必要なスムーズな重心移動のさせ方
イチロー選手のフォームから学ぶ、背中の筋肉の使い方
野球で股関節を意識しすぎると上体が崩れやすくなる
天才バッター「前田智則」選手から良い姿勢を形式的に学ぶ
正しい姿勢から、今より走塁スピードを上げる脚の使い方
野球の動作に必要な「見る力」を養う目線の使い方
なぜ、速球派投手はリリースの仕方は「指先で切る」と話すのか
遅い球でもバッターを打ち取れる腕の使い方
肘を高く上げようと意識したピッチングでは肘を怪我する
ピッチングで今より体の使い方を良くする練習法
バッティングで最も理想な「五角形」フォームの作り方
低めに投げようとボールを前で放つとコントロールが下がる
ピッチング時の腰回転を速くする「グラブを付ける側の腕」の使い方
盗塁阻止率を向上させるキャッチャーの腕の使い方
投げる寸前の「首」の向きを変えれば、今よりも球速が上がる
野球の動作をさらに向上させる「理に適った動き」の思考法
ストレートのみでバッターの姿勢を崩す方法
遅いボールを速く見せる投球フォームの作り方
ランナーの姿勢から、牽制でアウトにするには
バッターのタイミングを外すピッチングモーションの変え方
ピッチャーの制球力を安定させるフォームの矯正法とは
変化球を投げるときに怪我をおさえる指の整え方
カット技術を極めるバッティング技術と考え方
ピッチャーの性格から、気持ちよく投げさせる配球を理解する
バッターのスイングから弱いコースを分析する方法
バッターのタイプから、弱点となるコースと球種を分析する
盗塁・ベースランニングに有効な「脱力走法」
ピッチャーの投球フォームから、盗塁スタートを早く切る方法

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催