低めに投げようとボールを前で放つとコントロールが下がる

ストライクゾーンにおいて、バッターを打ち取りやすい球は低めの球です。低いコースはバッターの目と距離が遠いために、ボールに合わせるのが難しいからです。

 

そのため、ピッチャーは低めのコントロールを良くする必要があります。そこで、ピッチャーはボールを低めにコントロールしようと考えて、できるだけホームベース寄りにリリースしようと試みます。指導者もよく「ボールをできるだけ前で放せ」と言います。

 

もし、この言葉を真に受けてリリースポイントを前に出そうとすると、投球フォームの崩れにつながります。その結果、コントロールや球速の低下につながる可能性があります。

 

ここでは、リリースポイントを前に出すことによるフォームへの悪影響と低めの球を投げるために必要な姿勢のみにつけ方を解説していきます。

 

 リリースを前に出そうとすると、腕の力しか使えなくなる
リリースをできるだけ前で放そうにすると、自然と上体を前に送ろうとします。つまり、前で放そうと意識すると、後ろ足の膝が地面につくぐらいステップ幅が広くなります。

 

ステップ幅が広くなると、上半身をねじることができなくなります。すると、肩や腕を使って「上から下におろす投げ方」になってしまいます。
 

 

 

ピッチングでは、下半身の重心移動から力が発生します。足を上げ、ステップしたときに下半身の重心が移動することでエネルギーが生まれます。これが背骨に伝わり、腰がねじれていきます。このねじれのエネルギーが腕に伝わることで腕が前方に出てきます。

 

ステップ幅の広い構えでは、上半身の背骨の回転運動が働きません。そのため、腕だけで投げることになります。

 

 低めの球は道具を使って投げる
まず、下半身の重心移動を正確に行い、上半身が自然とねじれるように体を使いましょう。そのために、上半身の無駄な力みをなくします。

 

そこで、首を伸ばして両肩を落としましょう。肩を落としたと同時に少しお腹を意識すると、より上半身への無駄な意識をなくすことができます。また、両肩を落とすと、自然と脇の下の筋肉が張られます。これにより、上半身のねじれによって起きた力を腕に伝えることができます。

 

この姿勢のまま、ボールを投げてみましょう。おそらく意識しなくても腰が回転し、楽に投げられるはずです。そして、ここから低めの球を投げる場合、自分から「低くしよう」と思ってはいけません。そうではなく、道具を使って低く落とします。

 

その道具は、「マウンド」です。マウンドの傾斜を使えば、体は自然と傾きます。前足を前に出した瞬間、角度がつきます。ちょっとの意識でリリースは自然と低く向きます。低めの球はマウンドのような自分の体を傾けることができるものを使って練習する方が効果的です。

 

マウンドもない平坦な場所で無理やり低めに投げようと思うと、姿勢が崩れてしまいます。平坦の場所で低めに投げる必要はありません。相手の胸元辺りをめがけて投げると、最も姿勢が崩れにくいです。

 

投げている最中に、人の腕は、内側にねじれていきます。自然に投げると、投球時にてのひらは約90〜180度程度回転しています。つまり、腕が前方に振出してからリリースまでの間で、指がホームベースに向く瞬間は一瞬しかありません。

 

「ステップ」「重心移動」「体のねじり」だけでリリースポイントだけ変えるのは難しいです。そのため、「リリースポイントを前に出そう」などと考えないほうが良いでしょう。低めの球を投げたければ、マウンドを使うか別の方法で傾斜をかけた練習する方が姿勢は崩れにくくなります。

 

低めの球を投げたいのであれば、リリースポイントを変えるのではなく、投げる場所を変えてみましょう。すると、ピッチングフォームを崩さずに練習することができます。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

野球の全ての動作に共通する武道における「背骨」の概念
野球の動作で一番力んでほしくない体の部分
「腰」ではなく「脇の下」を使って体全体のスイングを身に着ける
太っている人、やせている人の適したバットを構える位置
ダウンスイングで振り続けると、体を使ったスイングができなくなる
顔を深く向けるだけでバッティングの姿勢が良くなる
バッティングの前足の角度を変えて、力を最大限に伝えるには
ピッチング時に少し肩を下げるだけで今より球速は速くなる
一番怪我しやすい「カーブ」を負担のなく投げるには
腕の仕組みから考える投げやすい変化球
投げる動作で怪我のリスクを減らす指の使い方
一流投手の腕の振り方を実現させる筋肉の働かせ方
理想のピッチングフォームが身につく「メンコ」を使ったトレーニング法
投げるときの重心は低い方が良いのか?
球速アップに必要なスムーズな重心移動のさせ方
イチロー選手のフォームから学ぶ、背中の筋肉の使い方
野球で股関節を意識しすぎると上体が崩れやすくなる
天才バッター「前田智則」選手から良い姿勢を形式的に学ぶ
正しい姿勢から、今より走塁スピードを上げる脚の使い方
野球の動作に必要な「見る力」を養う目線の使い方
なぜ、速球派投手はリリースの仕方は「指先で切る」と話すのか
遅い球でもバッターを打ち取れる腕の使い方
肘を高く上げようと意識したピッチングでは肘を怪我する
ピッチングで今より体の使い方を良くする練習法
バッティングで最も理想な「五角形」フォームの作り方
ピッチング時の腰回転を速くする「グラブを付ける側の腕」の使い方
盗塁阻止率を向上させるキャッチャーの腕の使い方
投げる寸前の「首」の向きを変えれば、今よりも球速が上がる
言葉や体から見直す野球でのスランプ時の克服方法
野球の動作をさらに向上させる「理に適った動き」の思考法
ストレートのみでバッターの姿勢を崩す方法
遅いボールを速く見せる投球フォームの作り方
ランナーの姿勢から、牽制でアウトにするには
バッターのタイミングを外すピッチングモーションの変え方
ピッチャーの制球力を安定させるフォームの矯正法とは
変化球を投げるときに怪我をおさえる指の整え方
カット技術を極めるバッティング技術と考え方
ピッチャーの性格から、気持ちよく投げさせる配球を理解する
バッターのスイングから弱いコースを分析する方法
バッターのタイプから、弱点となるコースと球種を分析する
盗塁・ベースランニングに有効な「脱力走法」
ピッチャーの投球フォームから、盗塁スタートを早く切る方法

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催