理想のピッチングフォームが身につく「メンコ」を使ったトレーニング法

楽に速く投げるため、ピッチングの体の使い方を学ぶのは重要です。本を見ると、あらゆるストレッチや運動の方法が書いてあり、自分の練習に取り入れることができます。

 

確かに、そういったストレッチは取り組みやすいですが、一つの運動で一つの筋肉や動作しか改善されないために効率的なトレーニングとは言い難いです。

 

そこで、今回は一つの運動であらゆる投球フォームを改善できる「メンコ」を使ったトレーニング方法を紹介していきます。

 

 メンコを使うとピッチングにおけるあらゆる大切な動きが身につく
「メンコ」は昔の遊び道具で、今でもインターネットで検索すれば購入することができます。使い方は簡単で、メンコで遊ぶときと同じように地面に打ちつけるだけです。

 

体の前にメンコを置いたり、体の横やななめなど少し置く場所を変えたりして、あらゆる角度からメンコを打ち付けるようにします。こうして、メンコを打ち付ける動作を行うと以下の三つの投球における良い動作が身に付きます。

 

・腕が内旋する動きが身につく
メンコを打ち付けるとき、姿勢は前にかがんで行います。すると、両肩は自然と後ろに引けない体勢になります。腕が外側に回転しにくい姿勢になるため、自然と腕が内側に回転します。

 

腕が内旋する動きは、一流ピッチャーの投球フォームで共通する動作です。これを身につけると、腕がムチのようにしなる使い方ができるようになります。

 

・肘が自然と高く上がる
メンコを強く打ちつけるためには、手首が下になった状態でしっかり高く肘を上げないといけません。この動きは、楽に速い球を投げるために必要な動きです。

 

球速の速いピッチャーは、腕を振り出すときに自然と肘が引きあがります。肘が高くなることでより遠心力がかかり、少ない力で速い球を投げることができます。

 

・上体が前に突っ込み過ぎなくなる
投げ終わったときは、自分の体重を前足にかかり、後ろ足は上に向くような姿勢になるのが理想です。しかし、足腰が弱い場合、体が横にぶれたり前に突っ込んだりした姿勢になりがちです。

 

メンコを打ち付ける運動は上体がぶれることはありません。いくら投げても遊び感覚に近いため、疲れにくいです。また、動かし続けることで崩れにくい姿勢を身につけることができます。

 

 

 

メンコを体の横に置いたり、距離を離しておいたりすると、より野球のときに使える動きに近くなります。

 

 本当のメンコは腰を入れる運動
メンコのルールの中には、メンコを裏返すことで勝敗を決めるものがあります。

 

メンコを裏返すとき、置く場所や打ちつける場所も重要になってきますが、大切なのは腰の使い方です。メンコがうまい人は腰を入れて、メンコを強く打ちつけるようにします。

 

こういった腰の使い方をなんとしても取り入れようと、スポーツ選手は時間をかけてトレーニングをしていました。ただ、昔の人はそういったトレーニングを一切せず、子供のときに自然と遊びでその使い方を身につけていました。

 

このように、「上手い動作」とは一つ一つ行って身につくものではなく、自然な動作の中に重要な要素がたくさんあるといえます。

 

今では科学が進歩して、上手い動作と言われるものの要素やポイントはわかっています。しかし、大切なのは、その要素を実現させるための「自然な動作」です。

 

一つ一つ時間をかけて行うことよりも、自然な動作の中で重要な要素をトレーニングしなければいけません。ピンポイントでトレーニングを積んでも、最終的にそれをつなげないと実践に活かすことができないからです。

 

ピッチング動作を改善したいのであれば、肩関節や腕のストレッチをするのではなく「メンコの動作」で全ての動きを実践しましょう。そうすれば、動きの中で重要なピッチングの要素を身につけることができます。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

野球の全ての動作に共通する武道における「背骨」の概念
野球の動作で一番力んでほしくない体の部分
「腰」ではなく「脇の下」を使って体全体のスイングを身に着ける
太っている人、やせている人の適したバットを構える位置
ダウンスイングで振り続けると、体を使ったスイングができなくなる
顔を深く向けるだけでバッティングの姿勢が良くなる
バッティングの前足の角度を変えて、力を最大限に伝えるには
ピッチング時に少し肩を下げるだけで今より球速は速くなる
一番怪我しやすい「カーブ」を負担のなく投げるには
腕の仕組みから考える投げやすい変化球
投げる動作で怪我のリスクを減らす指の使い方
一流投手の腕の振り方を実現させる筋肉の働かせ方
投げるときの重心は低い方が良いのか?
球速アップに必要なスムーズな重心移動のさせ方
イチロー選手のフォームから学ぶ、背中の筋肉の使い方
野球で股関節を意識しすぎると上体が崩れやすくなる
天才バッター「前田智則」選手から良い姿勢を形式的に学ぶ
正しい姿勢から、今より走塁スピードを上げる脚の使い方
野球の動作に必要な「見る力」を養う目線の使い方
なぜ、速球派投手はリリースの仕方は「指先で切る」と話すのか
遅い球でもバッターを打ち取れる腕の使い方
肘を高く上げようと意識したピッチングでは肘を怪我する
ピッチングで今より体の使い方を良くする練習法
バッティングで最も理想な「五角形」フォームの作り方
低めに投げようとボールを前で放つとコントロールが下がる
ピッチング時の腰回転を速くする「グラブを付ける側の腕」の使い方
盗塁阻止率を向上させるキャッチャーの腕の使い方
投げる寸前の「首」の向きを変えれば、今よりも球速が上がる
言葉や体から見直す野球でのスランプ時の克服方法
野球の動作をさらに向上させる「理に適った動き」の思考法
ストレートのみでバッターの姿勢を崩す方法
遅いボールを速く見せる投球フォームの作り方
ランナーの姿勢から、牽制でアウトにするには
バッターのタイミングを外すピッチングモーションの変え方
ピッチャーの制球力を安定させるフォームの矯正法とは
変化球を投げるときに怪我をおさえる指の整え方
カット技術を極めるバッティング技術と考え方
ピッチャーの性格から、気持ちよく投げさせる配球を理解する
バッターのスイングから弱いコースを分析する方法
バッターのタイプから、弱点となるコースと球種を分析する
盗塁・ベースランニングに有効な「脱力走法」
ピッチャーの投球フォームから、盗塁スタートを早く切る方法

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催