ダウンスイングで振ると体全体を使ったバットスイングができない

野球でのバットスイングは「アッパースイング」「レベルスイング」「ダウンスイング」の3種類あります。

 

それぞれの違いはスイングの軌道です。アッパースイングは下から上を通り、レベルスイングはほぼ水平を通り、ダウンスイングは上から下の軌道でバットが出ます。

 

スイングするとき、多くの人はダウンスイングから始めることを勧められます。なぜなら、アッパースイングのときのように体が後ろに反りにくいからです。

 

確かに、外形的な姿勢ではダウンスイングは均整がとれているように見えます。しかし、ダウンスイングで振り続けると、かえってバッティングに悪影響を及ぼします。

 

ここでは、ダウンスイングによっておこるスイングの影響と体全体を使ったスイングの方法について解説していきます。

 

 ダウンスイングで素振りし続けると、腕だけに頼ったスイングになりやすい
ダウンスイングを続けると体が後ろに反らなくなるので、見た目は問題のないようなスイングといえます。しかし、ダウンスイングで振り続けると、スイングのときに使う筋肉の場所が腕に偏ってきます。

 

理由はヘッドの軌道にあります。アッパースイングやレベルスイングでは、タイミングをとるために足を上げるとき、少し腕を引く必要があります。腕を引いたときに、拳や腕に何も力を入れなければバットのヘッドは下がります。

 

下がった状態でバットを振ろうとするとヘッドは腰を中心に円の軌道をえがいて回ります。腰の回転に腕が巻きつくようになります。

 

 

 

もし、ダウンスイングしようと思うとヘッドは上げた状態で振らないといけません。そして、上げた位置からボールにミートさせるには最短距離を通るようにバットを振る必要があります。

 

そうすると、腕を使わないと軌道を作ることができません。程度も差はありますが、バットを上から下へと意識的に出そうとすると、腕に力を入れないといけなくなり、腰の回転をうまく活用したスイングができなくなってしまいます。

 

 

 

そのため、無駄な力みが出てしまったり、ミートが合わなくなってしまったりします。ある程度慣れてきたら、体全体を使ったスイングを身に着ける必要があります。

 

 ヘッドが自然と落ちるようにし、レベルスイングの軌道を目指す
まず、上半身の力みをなくした姿勢を作り、その状態からスイングするようにしましょう。そのために、首を真上に伸ばし、肩を落としましょう。肩を落とすと自然と脇の下周りの筋肉が張ります。この筋肉を効かせた状態にし、あまり拳に力を入れないようにしましょう。

 

この状態で腕を引き上げると、自然とヘッドが下がります。ヘッドが下がったら、ダウンスイングのように「下に振ろう」と意識せず、真横に出すようにします。そうすると、バットが真横に出るレベルスイングの軌道になります。

 

 

 

レベルスイングでバットを出ると、ちょうど腕が折りたたんだ状態で腰の回転に腕が巻きつくようになるため、腕に変な力みがなくなります。また、バットに当たった後の反動が少なくなります。

 

もし、「首を伸ばして肩を落とす」という動作をしなかったら、脇の下の筋肉が働きません。その姿勢でレベルスイングだけやろうと思うと、両肩がぶれてしまいます。すると、上半身の上部だけねじれたスイングになってしまい、体全体を使うことができません。

 

上半身を自然に働かせて、腕とバットが自然に出るまかれるスイングを目指しましょう。力ではなく、体全体で振ることができると、今よりもスムーズにバットを振ることができます。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

野球の全ての動作に共通する武道における「背骨」の概念
野球の動作で一番力んでほしくない体の部分
「腰」ではなく「脇の下」を使って体全体のスイングを身に着ける
太っている人、やせている人の適したバットを構える位置
顔を深く向けるだけでバッティングの姿勢が良くなる
バッティングの前足の角度を変えて、力を最大限に伝えるには
ピッチング時に少し肩を下げるだけで今より球速は速くなる
一番怪我しやすい「カーブ」を負担のなく投げるには
腕の仕組みから考える投げやすい変化球
投げる動作で怪我のリスクを減らす指の使い方
一流投手の腕の振り方を実現させる筋肉の働かせ方
理想のピッチングフォームが身につく「メンコ」を使ったトレーニング法
投げるときの重心は低い方が良いのか?
球速アップに必要なスムーズな重心移動のさせ方
イチロー選手のフォームから学ぶ、背中の筋肉の使い方
野球で股関節を意識しすぎると上体が崩れやすくなる
天才バッター「前田智則」選手から良い姿勢を形式的に学ぶ
正しい姿勢から、今より走塁スピードを上げる脚の使い方
野球の動作に必要な「見る力」を養う目線の使い方
なぜ、速球派投手はリリースの仕方は「指先で切る」と話すのか
遅い球でもバッターを打ち取れる腕の使い方
肘を高く上げようと意識したピッチングでは肘を怪我する
ピッチングで今より体の使い方を良くする練習法
バッティングで最も理想な「五角形」フォームの作り方
低めに投げようとボールを前で放つとコントロールが下がる
ピッチング時の腰回転を速くする「グラブを付ける側の腕」の使い方
盗塁阻止率を向上させるキャッチャーの腕の使い方
投げる寸前の「首」の向きを変えれば、今よりも球速が上がる
言葉や体から見直す野球でのスランプ時の克服方法
野球の動作をさらに向上させる「理に適った動き」の思考法
ストレートのみでバッターの姿勢を崩す方法
遅いボールを速く見せる投球フォームの作り方
ランナーの姿勢から、牽制でアウトにするには
バッターのタイミングを外すピッチングモーションの変え方
ピッチャーの制球力を安定させるフォームの矯正法とは
変化球を投げるときに怪我をおさえる指の整え方
カット技術を極めるバッティング技術と考え方
ピッチャーの性格から、気持ちよく投げさせる配球を理解する
バッターのスイングから弱いコースを分析する方法
バッターのタイプから、弱点となるコースと球種を分析する
盗塁・ベースランニングに有効な「脱力走法」
ピッチャーの投球フォームから、盗塁スタートを早く切る方法

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催