投げるときの重心は低い方が良いのか?

ピッチャーがコントロールや球速の向上のために、投球時の重心の高さを勉強することは重要です。

 

投げるときの体の重心は「なるべく低くするように」とよく指導されます。重心を低くすることで下半身に力を入れやすくなり、低めのコントロールが良くなるからといわれています。

 

確かに、重心の位置を低くすると下半身に力が入ります。しかし、下半身のことだけにとらわれると、自分の投球に悪影響を及ぼすことがあります。

 

ここでは「重心を低くすることによるピッチングの弊害」と「適切な重心の高さを身に着けるための体の使い方」を解説していきます。
 
 重心を低くすると肩周りの柔軟性が低下する
重心を下げることで、下半身に力が入ります。適度に入る分には問題ありませんが、太ももが張るまで自分の体を地面に下げると弊害が起こります。それは重心を低くすると、下半身と一緒に上半身にも力が入ってしまうことです。

 

重心を低くしようと思うと、踏み込んだときの足幅は広くなります。「足幅を広くしたとき」と「狭くしたとき」の姿勢で、両肩をグルグル回してみましょう。すると、「足幅が広くしたとき」の方が肩を回しにくいことがわかります。

 

 

 

つまり、下半身が緊張してしまうと、上半身の筋肉も一緒に固くなってしまいます。腕が力んだ状態で振られると、力をいれた割に球速が出ません。

 

このように、その人によって一番上半身が安定する足幅を見つける必要があります。

 

クローザーで有名な藤川球児投手はプロ1,2年目のとき、重心を低くして投げていました。しかし、なかなか結果が出なかったため、フォームの改善を試みました。

 

そのときに変えたのが重心の位置でした。重心を昔より高くして投げるようにコーチに勧められたのです。フォーム改善後、球速や球の回転数は向上しました。

 

2006年、理化学研究所の分析によると球の回転数は45回転もしていたと報告がありました。この回転数は、当時日本球界最速のピッチャーである、横浜ベイスターズのクルーン投手より速かったという結果でした。

 

重心が高くなることでリリースポイントが上がり、回転数が向上したと考察されていました。この他に、重心が高くなるとあらゆる上半身の動作が改善されます。藤川投手は自分で重心を下げて投げてしまっていたため、下半身の力を上半身にうまく伝えられていなかったと考えられます。
 
 ほんの少し膝が曲がるくらいで投げれば良い
投球時の重心の位置は高すぎるとあまりスピードが上がりません。ただ、低すぎても下半身が力みすぎて、自分の意識以上にスピードが出ません。そのため、ちょうど良い高さを見つける必要があります。そのときの感覚としては、「ほんの少しだけ膝を曲げる」くらいに上半身をリラックスさせて投げてみましょう。

 

ピッチャーが投げるときに重心を下げようとして、お尻や膝に力が入ってしまっていることがあります。これは、重心が低すぎるサインです。それ以上下げすぎると、上半身が思い通りに動かなくなってしまいます。

 

その場合は、膝を曲げすぎないように投げることをお薦めします。つまり、自分にとって下半身に負担のかからない位置を投球フォームとします。

 

全身に凝りのない状態で日々練習を行いましょう。すると、適した重心の高さのフォームが身に付き、少しずつ実力が上がっていきます。自分にとって無理のない重心の高さで練習をしましょう。今より体を動かしやすくなり、技術や動きが向上することでしょう。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

弓道健康法セミナー案内

書籍案内

関連ページ

野球の全ての動作に共通する武道における「背骨」の概念
野球の動作で一番力んでほしくない体の部分
「腰」ではなく「脇の下」を使って体全体のスイングを身に着ける
太っている人、やせている人の適したバットを構える位置
ダウンスイングで振り続けると、体を使ったスイングができなくなる
顔を深く向けるだけでバッティングの姿勢が良くなる
バッティングの前足の角度を変えて、力を最大限に伝えるには
ピッチング時に少し肩を下げるだけで今より球速は速くなる
一番怪我しやすい「カーブ」を負担のなく投げるには
腕の仕組みから考える投げやすい変化球
投げる動作で怪我のリスクを減らす指の使い方
一流投手の腕の振り方を実現させる筋肉の働かせ方
理想のピッチングフォームが身につく「メンコ」を使ったトレーニング法
球速アップに必要なスムーズな重心移動のさせ方
イチロー選手のフォームから学ぶ、背中の筋肉の使い方
野球で股関節を意識しすぎると上体が崩れやすくなる
天才バッター「前田智則」選手から良い姿勢を形式的に学ぶ
正しい姿勢から、今より走塁スピードを上げる脚の使い方
野球の動作に必要な「見る力」を養う目線の使い方
なぜ、速球派投手はリリースの仕方は「指先で切る」と話すのか
遅い球でもバッターを打ち取れる腕の使い方
肘を高く上げようと意識したピッチングでは肘を怪我する
ピッチングで今より体の使い方を良くする練習法
バッティングで最も理想な「五角形」フォームの作り方
低めに投げようとボールを前で放つとコントロールが下がる
ピッチング時の腰回転を速くする「グラブを付ける側の腕」の使い方
盗塁阻止率を向上させるキャッチャーの腕の使い方
投げる寸前の「首」の向きを変えれば、今よりも球速が上がる
言葉や体から見直す野球でのスランプ時の克服方法
野球の動作をさらに向上させる「理に適った動き」の思考法
ストレートのみでバッターの姿勢を崩す方法
遅いボールを速く見せる投球フォームの作り方
ランナーの姿勢から、牽制でアウトにするには
バッターのタイミングを外すピッチングモーションの変え方
ピッチャーの制球力を安定させるフォームの矯正法とは
変化球を投げるときに怪我をおさえる指の整え方
カット技術を極めるバッティング技術と考え方
ピッチャーの性格から、気持ちよく投げさせる配球を理解する
バッターのスイングから弱いコースを分析する方法
バッターのタイプから、弱点となるコースと球種を分析する
盗塁・ベースランニングに有効な「脱力走法」
ピッチャーの投球フォームから、盗塁スタートを早く切る方法

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催