野球の動作をさらに向上させる「理に適った動き」の思考法

「野球の動作がうまくなりたい」「実力を上げたい」と思う気持ちは誰しも持っているものです。今より技術を向上させるために、さまざまな練習方法があります。

 

しかし、そういった練習方法以上に野球の動作をやる上で必要な「ある思考」があります。この思考に基づいて、野球の動きを考えるかどうかで、野球の動きや実力に大きな差が生まれます。

 

ここでは、野球の動作を向上させる動作の思考について話していきます。
 
 あなたには野球の動作を行える体の動きが備わっている
大部分の人は投げ方を変えたり筋肉を鍛えたりして、技術を向上させようとします。

 

そうして手に入れたノウハウや筋肉は、使えるときは思うぞんぶんに活かすことができます。しかし、年を重ねると体力のピークを過ぎたり、思考能力が低くなったしてしまいます。すると、いくらノウハウや筋肉を身に着けても、それを操作するための「動き」ができなくなってしまいます。

 

つまり、ノウハウや筋肉は本当の意味で野球の動きを上達させるものではありません。それでは、何が野球の動きを上達させるのでしょうか。

 

それは、「気持ち」と「物理」です。

 

「気持ち」とは、あなたがピッチャーだとしたら、自分の最高のピッチングを実現させたいと思うことです。最高のピッチングとは、筋肉やノウハウを超えた、「理に適った動作」を指します。

 

理にかなったピッチングの動作は何から始まるでしょうか。腕を楽にして首から踵まで最大限に伸ばし、この姿勢から思い切り投げることです。これにより、理に適ったピッチングを実現させることができます。

 

ピッチングの動作を考えてみてください。なぜ、投げる動作は最初に足を上げるのでしょうか?

 

それは、足を上げたときに「地球上の重力」が体の中に伝わるからです。この力によって、あなたの体は前に進みます。投手はキャッチャー方向に顔を向けます。顔をキャッチャーに向けた姿勢で上げた足を下げると、下半身が勝手に前に行きます。これは、地球上の重力が腰を動かすための力に変換されたからです。

 

ここで、顔をしっかりキャッチャーに向ければ、腰はその方向に進みます。そして、前足が地面につきます。すると、腰が回転するのがわかります。これは、腰の並進運動が止まったため、腰を回転させる力に変換されたのです。

 

腰が回転されたら、腕が前方に振り出されます。投げる腕は前に振り下ろしている間に、内側へ曲がります。曲がっているときにてのひらが内側にねじられ、ちょうど、てのひらがキャッチャー方向に向く瞬間があります。そのときに今まで積み重ねてきた力をボールに伝えれば、新しい力を入れなくてもボールは真っ直ぐに飛びます。

 

この重心移動からリリースまでの物理現象は、あなたの体の中にすでにあるのです。つまり、あなたの行うべきことは「物理的に理に適ったこの動きを一回でも多く実現させたい」と思うことです。自分の体に「理に適ったピッチングの動き」があることを自覚し、練習することが重要です。

 

弓道の世界では、この考えを「正射」と呼びます。合理的な体の運用に徹することで、各関節が適切に収まった姿勢ができます。すると、弓を引いたときは的に自然と当たります。

 

こうした理想的な動きは、ただやみくもに練習すれば、身につくわけではありません。やはり理論なしにピッチングの動作を行うことはできません。

 

そうして、動きや質を高めるには、「肘をどう使おうか?」「背中をどう使おうか?」と物理的に考える必要があります。そうすると、自分の体にあった良い動きに気づくことができます。

 

何回も試行し、たくさん時間をかけることで理にかなった投球フォームが出来上がります。

 

野球の指導者やトレーナーは「ここをこうしなさい」と一部分の動かし方を説明します。しかし、一部分の動かし方を頭で意識した瞬間、筋肉や関節の動きは制限されてしまいます。すると、あなたの体の中にある野球に適した動作を実現できなくなります。

 

むしろ、筋肉の使い方やちょっとしたテクニックのような「余計な考え」は、体の中のすでにある理に適った「投げる動作」の動きを阻害してしまいます。やみくもに行った投球ではなく、質の向上を求めた投球を意識することで、同じ動作でもあなたの中に残る感覚は変わっていきます。

 

あなたの体の中には最も理に適ったピッチングの動きが含まれていることを自覚しましょう。その動きを少しでも実践で出せるようになれば、野球の動きに対する考え方が変わります。すると、あなたの野球の実力は結果的にあがっていきます。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

野球の全ての動作に共通する武道における「背骨」の概念
野球の動作で一番力んでほしくない体の部分
「腰」ではなく「脇の下」を使って体全体のスイングを身に着ける
太っている人、やせている人の適したバットを構える位置
ダウンスイングで振り続けると、体を使ったスイングができなくなる
顔を深く向けるだけでバッティングの姿勢が良くなる
バッティングの前足の角度を変えて、力を最大限に伝えるには
ピッチング時に少し肩を下げるだけで今より球速は速くなる
一番怪我しやすい「カーブ」を負担のなく投げるには
腕の仕組みから考える投げやすい変化球
投げる動作で怪我のリスクを減らす指の使い方
一流投手の腕の振り方を実現させる筋肉の働かせ方
理想のピッチングフォームが身につく「メンコ」を使ったトレーニング法
投げるときの重心は低い方が良いのか?
球速アップに必要なスムーズな重心移動のさせ方
イチロー選手のフォームから学ぶ、背中の筋肉の使い方
野球で股関節を意識しすぎると上体が崩れやすくなる
天才バッター「前田智則」選手から良い姿勢を形式的に学ぶ
正しい姿勢から、今より走塁スピードを上げる脚の使い方
野球の動作に必要な「見る力」を養う目線の使い方
なぜ、速球派投手はリリースの仕方は「指先で切る」と話すのか
遅い球でもバッターを打ち取れる腕の使い方
肘を高く上げようと意識したピッチングでは肘を怪我する
ピッチングで今より体の使い方を良くする練習法
バッティングで最も理想な「五角形」フォームの作り方
低めに投げようとボールを前で放つとコントロールが下がる
ピッチング時の腰回転を速くする「グラブを付ける側の腕」の使い方
盗塁阻止率を向上させるキャッチャーの腕の使い方
投げる寸前の「首」の向きを変えれば、今よりも球速が上がる
言葉や体から見直す野球でのスランプ時の克服方法
ストレートのみでバッターの姿勢を崩す方法
遅いボールを速く見せる投球フォームの作り方
ランナーの姿勢から、牽制でアウトにするには
バッターのタイミングを外すピッチングモーションの変え方
ピッチャーの制球力を安定させるフォームの矯正法とは
変化球を投げるときに怪我をおさえる指の整え方
カット技術を極めるバッティング技術と考え方
ピッチャーの性格から、気持ちよく投げさせる配球を理解する
バッターのスイングから弱いコースを分析する方法
バッターのタイプから、弱点となるコースと球種を分析する
盗塁・ベースランニングに有効な「脱力走法」
ピッチャーの投球フォームから、盗塁スタートを早く切る方法

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催