バッターのスイングから弱いコースを分析する方法

バッテリーにとって、配球を考えることは試合を有利に働かせるのに大切です。バッターの弱点を考慮した配球を組むことで、抑えることができるからです。

 

ここでは、バッターの弱点を見極めて、打ち取る確率を高める配球の組み方を解説していきます。

 

 バッターのスイングを見ることで、弱点が分析できる
バッターの様子や状態を見ることで、その人の弱いコースや球種を分析することができます。その中に、「スイング軌道」があります。

 

スイングは、バットのヘッドがトップの位置から最短距離でミートし、フォローを大きくとるのが理想です。しかし、バッターそれぞれにはクセがあるためスイング軌道は人によって変わります。簡単に変えることができないため、スイングを見るとその人の弱点が浮かび上がってきます。

 

例えば、バッターのクセは試合中だけでなく、練習中に観察することができます。ティバッティングや素振りのときに自分のスイング軌道は出ています。そのため、キャッチャーは試合前にバッターのスイングを観察し、コースや球種を分析することができます。

 

試合中では、ネクストバッターズサークルで待っているとき、バッターが素振りをしています。このときのもっともクセが出やすいです。そのクセを頭に入れておくと、攻め方が決まり、大けが(=長打)の確率を下げることができます。

 

 スイング軌道からそれぞれの弱点と狙いどころを分析する
ここではよくあるスイング軌道を3つ上げ、それぞれのスイング軌道の弱点と球種を分析していきます。いずれも、試合や練習で実践できるものなので、理解するとバッターの抑える確率を高めることができます。

 

まず、スイング軌道は「コンパクトスイング」「ドアスイング」「ヘッドが下がるスイング」の三つに分かれます。

 

バットヘッドがトップから最短距離でミートポイントへ移動する軌道が「コンパクトスイング」、バットへっドがトップからミートポイントまで遠回りする軌道を「ドアスイング」、バットヘッドが下がった状態でミートポイントへ移動する軌道を「ヘッドが下がるスイング」です。

 

 

 

次に、これら3タイプのスイングに対する弱点を分析してみましょう。スイングの軌道がわかれば、おのずと攻めるべきコースが浮かび上がってきます。

 

まず、コンパクトスイングはどのコースの球種にも対応ができます。目立った弱点がないため、攻めるべきコースは少ないです。ただ、コンパクトスイングはバットの遠心力がないため、長打は少ないです。そのため、自然とアウトコースを狙っていることがわかります。

 

次にドアスイングはヘッドが遠回りするため、インコースは詰まりやすいです。そのため、弱点はインコースになります。狙いとするべき球はアウトコース低めです。アウトコースの遅い球はスイングが合ってしまうため、注意が必要です。

 

ヘッドが下がるスイングは低めの球に合わせやすいのが特徴です。ただ、その分高めのボールはポップフライとなりやすいです。そのため、配球を考えるのに、高めのストレートを組むことは重要になってきます。

 

 

 

これらを考慮して、バッターの狙いと弱点をうまく配球を組み合わせてみましょう。その理由はバッターにとって弱点となるコースは意識しやすいからです。意識している弱点を攻めるためには、一度は得意とする付近におとりとして球を投げなければいけません。

 

そのため、コンパクトスイングの打者は打ち取るために、一度アウトコースの速球・変化球でカウントを取る必要があります。ドアスイングであれば、アウトコース低めに速球でボース一個はずしてファールにします。ヘッドが下がるスイングであれば、低めでかつ縦に変化するボールでうまく芯をはずす必要があります。

 

このように、一度狙いとなる球を投げて、カウントを稼ぎ、最後弱点のコースでアウトを取れば、バッターを抑える確率が上がります。

 

バッターの弱点を利用した配球はアウトを取れる確率が上がります。バッターのスイング軌道を確認し、弱点と狙いどころを分析することで、アウトにできる配球を組むことができます。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

野球の全ての動作に共通する武道における「背骨」の概念
野球の動作で一番力んでほしくない体の部分
「腰」ではなく「脇の下」を使って体全体のスイングを身に着ける
太っている人、やせている人の適したバットを構える位置
ダウンスイングで振り続けると、体を使ったスイングができなくなる
顔を深く向けるだけでバッティングの姿勢が良くなる
バッティングの前足の角度を変えて、力を最大限に伝えるには
ピッチング時に少し肩を下げるだけで今より球速は速くなる
一番怪我しやすい「カーブ」を負担のなく投げるには
腕の仕組みから考える投げやすい変化球
投げる動作で怪我のリスクを減らす指の使い方
一流投手の腕の振り方を実現させる筋肉の働かせ方
理想のピッチングフォームが身につく「メンコ」を使ったトレーニング法
投げるときの重心は低い方が良いのか?
球速アップに必要なスムーズな重心移動のさせ方
イチロー選手のフォームから学ぶ、背中の筋肉の使い方
野球で股関節を意識しすぎると上体が崩れやすくなる
天才バッター「前田智則」選手から良い姿勢を形式的に学ぶ
正しい姿勢から、今より走塁スピードを上げる脚の使い方
野球の動作に必要な「見る力」を養う目線の使い方
なぜ、速球派投手はリリースの仕方は「指先で切る」と話すのか
遅い球でもバッターを打ち取れる腕の使い方
肘を高く上げようと意識したピッチングでは肘を怪我する
ピッチングで今より体の使い方を良くする練習法
バッティングで最も理想な「五角形」フォームの作り方
低めに投げようとボールを前で放つとコントロールが下がる
ピッチング時の腰回転を速くする「グラブを付ける側の腕」の使い方
盗塁阻止率を向上させるキャッチャーの腕の使い方
投げる寸前の「首」の向きを変えれば、今よりも球速が上がる
言葉や体から見直す野球でのスランプ時の克服方法
野球の動作をさらに向上させる「理に適った動き」の思考法
ストレートのみでバッターの姿勢を崩す方法
遅いボールを速く見せる投球フォームの作り方
ランナーの姿勢から、牽制でアウトにするには
バッターのタイミングを外すピッチングモーションの変え方
ピッチャーの制球力を安定させるフォームの矯正法とは
変化球を投げるときに怪我をおさえる指の整え方
カット技術を極めるバッティング技術と考え方
ピッチャーの性格から、気持ちよく投げさせる配球を理解する
バッターのタイプから、弱点となるコースと球種を分析する
盗塁・ベースランニングに有効な「脱力走法」
ピッチャーの投球フォームから、盗塁スタートを早く切る方法

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催