カット技術を極めるバッティング技術と考え方

バッティングにおいて、ホームランやヒットを打つ技術以外に重要な技術があります。それは「カット」する技術です。

 

バッターは狙い球を絞ることで長打を打てる確率が上がります。しかし、投手は狙っている球と異なる球を投げてきます。それをファールでカットしていけば、チャンスボールが生まれたり、失投を誘うことができます。

 

ここでは、コースと球種に合わせたカット技術を身につけるためのバッティングフォームを解説していきます。

 

 カット打ちの方法と考え方
狙っている球と異なるコース、あるいは球種をカットしていけば、そのうち狙い球に定めているボールをピッチャーは投げてきます。その理由はバッターの目が慣れてくるため、ピッチャーは同じコースや球種を投げ続けることにリスクを感じるからです。

 

そのため、バッターはカットし続けると三振を避けるだけでなく、バッテリーの配球の自由を奪います。投手の体力も消耗させることができ、狙い球に投げさせることにつながります。

 

カット打ちの方法はいくつか考え方があります。まず、練習ではコースと球種を限定することです。コースを限定するのか、球種を限定するかで打つ方向や手首の使い方が変わってきます。

 

その次に、選球の仕方です。ストライクとボールのギリギリのコースはカットするように心がけましょう。ボール気味に感じられるときもカットした方がよいです。

 

 コース別のカットの仕方
まず、コースを限定してカットをしてみましょう。コースは大きく分けてアウトコースとインコースに分かれます。

 

このときの考え方は、ボールのときのインパクトです。普段バッティングでは無意識に自分の体より前でボールをとらえています。カットするときのインパクトの位置を変えます。

 

打つときは、自分の体の前ではなく、体のすぐ近く、もしくは体のすぐ横でとらえるようにしましょう。このような意識でボールをとらえると確実にファールゾーンに転がります。

 

アウトコースではヒッティングする通常の場合と違ってとらえるポイントを少し後ろにします。インコースではカットしようと判断して引っ張るのではなく、手首をかえさないように右方向に打ちましょう。

 

次に球種別です。球種を限定します。球種は大きく分けて「ストレート」と「変化球」です。この場合は手首に注目しましょう。インパクトの瞬間に力を抜くようにバットを振れば、ボールはフェアゾーンに転がらなくなり、ファールで粘ることができます。

 

速球をカットするのであれば、打つ寸前で手首の力を抜けばボールの勢いに負けてファールになります。変化球のカットであれば、フェアグランドに飛ばないように手首を返さないようにスイングをします。

 

これにより、フェアゾーン以外にボールを流すことができ、もう一球打てるチャンスが生まれます。
 
 弓道の姿勢から、逆方向に打ちやすくする構え
ただ、実際にはこのようにインパクトを後ろに意識して打つのが難しいかもしれません。そうした場合、最初の構えでのフォームを少し変えて、重心移動から腰の回転を改善することでカットしやすくなります。

 

このときに意識することは、上半身の無駄な力みを抜いて、母指球付近に体重をかけることです。上半身は胸周りの力を抜き、ほんの少し背骨を曲げる気持ちで楽に立ちましょう。このとき、膝関節を動くくらいにほんの少し曲げるとこの姿勢がしやすくなります。

 

この状態で腰だけを真横に動かしましょう。すると、軸足と反対足が自然と寄せられます。この自然と足の寄り合う運動と軸を保つことができれば、球種が変わっても、落ち着いて待つことができます。

 

このときに、下半身に体重を乗せようとして、腰に力を入れたり、膝を曲げすぎないようにしましょう。強靭な下半身を持っていたとしても、多様な球種を持ったピッチャーと対戦すればタイミングはずされてフォームを崩されます。

 

そのため、自分で腰に力を入れるのではなく、自然と腰に体重が集中するように上半身の姿勢を保ちましょう。その姿勢のまま腰を真横に送れば、自然と前足がひきつけられ、バットをひきつける運動が起こります。

 

出塁率を上げるためには、カット技術を高める必要があります。あらゆるコースを限定し、「意識」「手首の使い方」「姿勢」を変えて、ファールで粘れるバッティング技術を身につけましょう。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

弓道健康法セミナー案内

書籍案内

関連ページ

野球の全ての動作に共通する武道における「背骨」の概念
野球の動作で一番力んでほしくない体の部分
「腰」ではなく「脇の下」を使って体全体のスイングを身に着ける
太っている人、やせている人の適したバットを構える位置
ダウンスイングで振り続けると、体を使ったスイングができなくなる
顔を深く向けるだけでバッティングの姿勢が良くなる
バッティングの前足の角度を変えて、力を最大限に伝えるには
ピッチング時に少し肩を下げるだけで今より球速は速くなる
一番怪我しやすい「カーブ」を負担のなく投げるには
腕の仕組みから考える投げやすい変化球
投げる動作で怪我のリスクを減らす指の使い方
一流投手の腕の振り方を実現させる筋肉の働かせ方
理想のピッチングフォームが身につく「メンコ」を使ったトレーニング法
投げるときの重心は低い方が良いのか?
球速アップに必要なスムーズな重心移動のさせ方
イチロー選手のフォームから学ぶ、背中の筋肉の使い方
野球で股関節を意識しすぎると上体が崩れやすくなる
天才バッター「前田智則」選手から良い姿勢を形式的に学ぶ
正しい姿勢から、今より走塁スピードを上げる脚の使い方
野球の動作に必要な「見る力」を養う目線の使い方
なぜ、速球派投手はリリースの仕方は「指先で切る」と話すのか
遅い球でもバッターを打ち取れる腕の使い方
肘を高く上げようと意識したピッチングでは肘を怪我する
ピッチングで今より体の使い方を良くする練習法
バッティングで最も理想な「五角形」フォームの作り方
低めに投げようとボールを前で放つとコントロールが下がる
ピッチング時の腰回転を速くする「グラブを付ける側の腕」の使い方
盗塁阻止率を向上させるキャッチャーの腕の使い方
投げる寸前の「首」の向きを変えれば、今よりも球速が上がる
言葉や体から見直す野球でのスランプ時の克服方法
野球の動作をさらに向上させる「理に適った動き」の思考法
ストレートのみでバッターの姿勢を崩す方法
遅いボールを速く見せる投球フォームの作り方
ランナーの姿勢から、牽制でアウトにするには
バッターのタイミングを外すピッチングモーションの変え方
ピッチャーの制球力を安定させるフォームの矯正法とは
変化球を投げるときに怪我をおさえる指の整え方
ピッチャーの性格から、気持ちよく投げさせる配球を理解する
バッターのスイングから弱いコースを分析する方法
バッターのタイプから、弱点となるコースと球種を分析する
盗塁・ベースランニングに有効な「脱力走法」
ピッチャーの投球フォームから、盗塁スタートを早く切る方法

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催