変化球を投げるときに怪我をおさえる指の整え方

野球の世界では、バッターを抑えるための変化球が数多く存在します。そして、小、中学校とはじまって間もないころは、いろんなボールの投げ方をを取得しようとしま す。

 

 

 

確かにこうした変化球を覚えることは実力向上につながるかもしれません。しかし、変化 球は、投げるときにあらゆる手首、腕の使い方をしなければいけませ ん。こうした腕の使い方をすると、けがを招く可能性があります。

 

 

 

そのために気をつけないといけないことがあります。ここでは、変化球を習得するときの注意点について解説していきます。

 

 最初の握りで姿勢が変わる
変化球にはそれぞれの手首、腕の意識の持ち方があります。例えば、カーブやフォーク では以下のような手首の使い方をするように解説されます。

 

 カーブ:親指と中指で指ぱっちんするように投げる
 フォーク;最後に手首を押し込むように投げる

 

 

 

初心者にとって、カーブやフォークを投げるときに、どのように動かして良いかがわかりま せん。そのため、最初は「指パッチン」や「手首を押しこむ」といった教えを理解する必要 があります。それを学ぶすることで、投げ方に一つ基準が出来上がるからです。

 

 

 

そして、何回も投げるうちに変化球を投げることに慣れてきます。だんだん、ストレートと 異なった握り方でも、力が抜けて楽に投げられるようになってきます。

 

 

 

こうして、練習を重ねるうちに腕の振りやリリースポイントが変わってきます。したがって、最初に変化球を投げ始めたときの握りや手首の意識の持ち方が変わらなければそれによって怪我につながる可能性があります。

 

 

 

なぜなら、最初の握り方が変わらないと変化球を投げるとき、腕や手首の筋肉に意識が行きがちだからです。変化球を投げるときには、腕や肘に負担が少ないことが大切です。そのため、握り方を少し変えるときには、自分の筋肉や意識の状態を把握する必要があります。

 

 

 

最初にストレートを投げてみましょう。ストレートはよほど投げ方がひどくないかぎりは 肘や手首に負担がありません。体の軸や胴体を使って大きく投げることができます。そのため、リリース時には、背中や下半身に意識が行きやすいです。

 

 

 

次に変化球を投げます。ボールに回転をかけるために握り方を少し変えます。すると、ストレートのときと比べて、腕や手首に意識がいきます。

 

 

 

もし、最初の構え、リリースの瞬間に手首や腕に意識がいきがちなら、握り方を少し変える必要があります。なぜなら、腕や手首に意識すると身体の重心が変化するからです。身体の重心が後ろに行くと、腕の動きが悪くなってしまい、負担のかかる投げ方に変わってしまいます。

 

 

 

ただ、やることは難しいことではありません。ほんの少し握る位置や縫い目のか かり方を変えることで、変化球を投げるときの腕の負担が軽減されます。

 

 

 

例えば、手首に意識が行きすぎる場合、少し小指と親指を寄せて、手の甲を丸くするよう に拳を作ります。このようにすると、手首が外側に曲がりにくくなります。変化球を投げる ときに、手首が外に抜けてしまう人は小指の握りを変えることで負担が少なくなります。

 

 

 

あるいはフォークボールを投げるとき、手首に負担がかかるようなら、人差し指を軽く曲げ て親指側に寄せてみましょう。すると、親指が手の中に入りやすくなり、手首も曲がりにく くなります。

 

 

 

このように、手首や肘に負担をなるべく少なくなるように、最初に少し握る位置や指の使い方を変えます。

 

 

 

もっとも、最初の握りで楽に腕や肘に負担なく投げられる変化球はチェンジアップです。チ ェンジアップは中指、薬指、親指でボールを握ってストレートと同じように投げるだけです。 ストレートと組み合わせて投げると緩急がつくため、試合でも有効に働きます。

 

 

 

変化球はその人の投げ方やリリースポイントによって適切な握り方が変わります。手首や肘に意識が行かないように、少しずつ指の位置を変える必要があります。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

野球の動作に必要な「軸」を整え、姿勢を正す方法
野球の動作で一番力んでほしくない体の部分
「腰」ではなく「脇の下」を使って体全体のスイングを身に着ける
太っている人、やせている人の適したバットを構える位置
ダウンスイングで振り続けると、体を使ったスイングができなくなる
顔を深く向けるだけでバッティングの姿勢が良くなる
バッティングの前足の角度を変えて、力を最大限に伝えるには
ピッチング時に少し肩を下げるだけで今より球速は速くなる
一番怪我しやすい「カーブ」を負担のなく投げるには
腕の仕組みから考える投げやすい変化球
投げる動作で怪我のリスクを減らす指の使い方
一流投手の腕の振り方を実現させる筋肉の働かせ方
理想のピッチングフォームが身につく「メンコ」を使ったトレーニング法
投げるときの重心は低い方が良いのか?
球速アップに必要なスムーズな重心移動のさせ方
イチロー選手のフォームから学ぶ、背中の筋肉の使い方
野球で股関節を意識しすぎると上体が崩れやすくなる
天才バッター「前田智則」選手から良い姿勢を形式的に学ぶ
正しい姿勢から、今より走塁スピードを上げる脚の使い方
野球の動作に必要な「見る力」を養う目線の使い方
なぜ、速球派投手はリリースの仕方は「指先で切る」と話すのか
遅い球でもバッターを打ち取れる腕の使い方
肘を高く上げようと意識したピッチングでは肘を怪我する
ピッチングで今より体の使い方を良くする練習法
バッティングで最も理想な「五角形」フォームの作り方
低めに投げようとボールを前で放つとコントロールが下がる
ピッチング時の腰回転を速くする「グラブを付ける側の腕」の使い方
盗塁阻止率を向上させるキャッチャーの腕の使い方
投げる寸前の「首」の向きを変えれば、今よりも球速が上がる
言葉や体から見直す野球でのスランプ時の克服方法
野球の動作をさらに向上させる「理に適った動き」の思考法
ストレートのみでバッターの姿勢を崩す方法
遅いボールを速く見せる投球フォームの作り方
ランナーの姿勢から、牽制でアウトにするには
バッターのタイミングを外すピッチングモーションの変え方
ピッチャーの制球力を安定させるフォームの矯正法とは
カット技術を極めるバッティング技術と考え方
ピッチャーの性格から、気持ちよく投げさせる配球を理解する
バッターのスイングから弱いコースを分析する方法
バッターのタイプから、弱点となるコースと球種を分析する
盗塁・ベースランニングに有効な「脱力走法」
ピッチャーの投球フォームから、盗塁スタートを早く切る方法

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催