ピッチャーの制球力を安定させるフォームの矯正法とは

野球の世界で、ピッチャーの制球力が高ければ、ピンチを迎えたとしても最小失点で抑えこむことができます。ただ、やみくもに投げ込み量を増やしても、制球力が上がるわけでもなく、コンディションが悪ければ、制球にずれが生じることもあります。

 

そこで、制球力で安定させるためには、投球フォームが重要になります。制球力のよいピッチャーのフォームを分析しすることで、コントロールを高めるための姿勢を身につけることができます。ここでは、ピッチャーの制球力を安定させるフォームとその矯正法を解説していきます。
 
 制球力が安定しているピッチャーを軸と重心移動から理解する
コントロールの良いピッチャーの特徴として、重心移動が挙げられます。具体的には、足を上げた際に軸足に重心を乗せてまっすぐに立ちます。そして、投げる際に重心が突っ込まないようにして、リリース時は前足に重心を乗せます。

 

この中で、足を上げるときに軸をまっすぐ保つことは意識することである程度は改善できます。しかし、人によって得意不得意が出てくるのは、投げる際の重心移動です。その人のフォームによって前に重心が行きやすい人とそうでない人が出てきます。

 

重心が前に行きすぎることで、投球フォームが崩れます。具体的には「」「」「足を上げたときの軸足」に現れます。

 

重心移動が速すぎたり前に行きすぎると、ピッチャーは胸の開きが速くなります。上半身が開きが早いと、下半身にしっかり上体が乗らないため、上体が崩れやすくなってしまいます。その結果、コントロールが悪くなってしまいます。

 

あるいは、重心移動が前に行きすぎることで、腰の回転が適切に起こらなくなる可能性があります。投げるときに腰がしっかり回転しないと、下半身の力がうまく上半身に伝わらないため、フォームが崩れてしまいます。

 

また、フォームが安定しているときは、軸足がマウンドについています。重心移動や身体の開きが早いときは軸足がつかなくなってしまいます。すると、踏切が雑になってしまい、ピッチングモーションが崩れ、ますますピッチングの質が下がってしまいます。

 

そのため、重心移動が前に行きすぎないように、踏み込んだ足にしっかりと止まらないといけません。ピンチを招いたときに緊張によって身体が硬直してしまいます。そのときに、フォームが崩れて、制球が乱れないように心掛ける必要があります。

 

 制球力を上げるためのフォームの矯正法
そのため、コントロールが悪くならないよう、ぶれない軸と適切な重心移動を心がける必要があります。体幹トレーニングによって胴体の筋力を上げる、呼吸を行い精神を落ち着かせることで、姿勢が崩れにくくなり、制球力を高めることができます。

 

また、このほかに試合中にフォームを矯正することもできます。それは、リリース時にグラブを胸に当てることです。これによって、ピッチングフォームを安定させることができます。

 

誰でも身体のバランスが崩れて制球が定まらないときがあります。そのときにリリースの際にグラブを胸の真ん中に当てます。すると、上体の開きが遅くなります。これによって、フォーム全体のバランスが整って安定させることができます。

 

これは、元ヤンキースの伊良部秀輝氏がチームメイトであったクレメンスから聞いたフォームの改善法です。グラブに手を当てることで、自然と上体の姿勢が整うので、即効性のある方法といえます。

 

ピッチャーの制球力が高ければ、どのような状況でも失点を最小限に抑えることができます。まっすぐに軸を整え、重心が突っ込まないフォームを身につけることで、コントロールを高めることができます。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

弓道健康法セミナー案内

書籍案内

関連ページ

野球の全ての動作に共通する武道における「背骨」の概念
野球の動作で一番力んでほしくない体の部分
「腰」ではなく「脇の下」を使って体全体のスイングを身に着ける
太っている人、やせている人の適したバットを構える位置
ダウンスイングで振り続けると、体を使ったスイングができなくなる
顔を深く向けるだけでバッティングの姿勢が良くなる
バッティングの前足の角度を変えて、力を最大限に伝えるには
ピッチング時に少し肩を下げるだけで今より球速は速くなる
一番怪我しやすい「カーブ」を負担のなく投げるには
腕の仕組みから考える投げやすい変化球
投げる動作で怪我のリスクを減らす指の使い方
一流投手の腕の振り方を実現させる筋肉の働かせ方
理想のピッチングフォームが身につく「メンコ」を使ったトレーニング法
投げるときの重心は低い方が良いのか?
球速アップに必要なスムーズな重心移動のさせ方
イチロー選手のフォームから学ぶ、背中の筋肉の使い方
野球で股関節を意識しすぎると上体が崩れやすくなる
天才バッター「前田智則」選手から良い姿勢を形式的に学ぶ
正しい姿勢から、今より走塁スピードを上げる脚の使い方
野球の動作に必要な「見る力」を養う目線の使い方
なぜ、速球派投手はリリースの仕方は「指先で切る」と話すのか
遅い球でもバッターを打ち取れる腕の使い方
肘を高く上げようと意識したピッチングでは肘を怪我する
ピッチングで今より体の使い方を良くする練習法
バッティングで最も理想な「五角形」フォームの作り方
低めに投げようとボールを前で放つとコントロールが下がる
ピッチング時の腰回転を速くする「グラブを付ける側の腕」の使い方
盗塁阻止率を向上させるキャッチャーの腕の使い方
投げる寸前の「首」の向きを変えれば、今よりも球速が上がる
言葉や体から見直す野球でのスランプ時の克服方法
野球の動作をさらに向上させる「理に適った動き」の思考法
ストレートのみでバッターの姿勢を崩す方法
遅いボールを速く見せる投球フォームの作り方
ランナーの姿勢から、牽制でアウトにするには
バッターのタイミングを外すピッチングモーションの変え方
変化球を投げるときに怪我をおさえる指の整え方
カット技術を極めるバッティング技術と考え方
ピッチャーの性格から、気持ちよく投げさせる配球を理解する
バッターのスイングから弱いコースを分析する方法
バッターのタイプから、弱点となるコースと球種を分析する
盗塁・ベースランニングに有効な「脱力走法」
ピッチャーの投球フォームから、盗塁スタートを早く切る方法

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催