野球の運動改善

フォームの整え方

 

野球の全ての動作に共通する武道における「背骨」の概念

 

野球の動作で一番力んでほしくない体の部分

 

太っている人、やせている人の適したバットの構える位置

 

イチロー選手のフォームから学ぶ、背中の筋肉の使い方

 

野球で股関節を意識しすぎると上体が崩れやすくなる

 

天才バッター「前田智則」選手から良い姿勢を形式的に学ぶ

 

野球に使える体の使い方:バッティング編

 

「腰」ではなく「脇の下」を使って体全体のスイングを身に着ける

 

ダウンスイングで振ると体全体を使ったバットスイングができない

 

顔を深く向けるだけでバッティングの姿勢が良くなる

 

バッティングで最も理想な「五角形」フォームの作り方

 

 バッティングの前足の角度を変えて、力を最大限に伝えるには

 

野球に使える体の使い方:ピッチング編

 

ピッチング時に少し肩を下げるだけで今より球速は速くなる

 

一番怪我しやすい「カーブ」を負担なく投げるには

 

腕の仕組みから考える投げやすい変化球

 

投げる動作で怪我のリスクを減らす指の使い方

 

一流投手の腕の振り方を実現させる筋肉の働かせ方

 

理想のピッチングフォームが身につく「メンコ」を使ったトレーニング法

 

投げるときの重心は低い方が良いのか?

 

球速アップに必要なスムーズな重心移動のさせ方

 

なぜ、速球派投手はリリースの仕方は「指先で切る」と話すのか

 

遅い球でもバッターを打ち取れる腕の使い方

 

肘を高く上げようとしたピッチングでは肘を怪我をする

 

ピッチングで今より体の使い方を良くする練習方法

 

低めに投げようとボールを前で放つとコントロールが下がる

 

ピッチング時の腰の回転を速くする「グラブをつける側の腕」の使い方

 

投げる寸前に「首」の向きをかえれば、今よりも球速が速くなる

 

野球に使える体と心の使い方

 

正しい姿勢から、今より走塁スピードを上げる脚の使い方

 

野球の動作に必要な「見る力」を養う目線の使い方

 

盗塁阻止率を向上させるキャッチャーの腕の使い方

 

言葉や体から見直す野球でのスランプ時の克服法

 

野球の動作をさらに向上させる「理に適った動き」の思考法

 

実践で有効なピッチング術

 

ストレートのみでバッターの姿勢を崩す方法

 

遅いボールを速く見せる投球フォームの作り方

 

ランナーの姿勢から、牽制でアウトにするには

 

バッターのタイミングを外すピッチングモーションの変え方

 

ピッチャーの制球力を安定させるフォームの矯正法とは

 

 変化球を投げるときに怪我をおさえる指の整え方
 
バッターを打ち取る配球を研究する

 

 ピッチャーの性格から、気持ちよく投げさせる配球を理解する

 

 バッターのスイングから弱いコースを分析する方法

 

 バッターのタイプから、弱点となるコースと球種を分析する

 
走塁技術を向上させる体の使い方

 

 盗塁・ベースランニングに有効な「脱力走法」

 

 ピッチャーの投球フォームから、盗塁スタートを早く切る方法

野球の運動改善記事一覧

野球の全ての動作に共通する武道における「背骨」の概念

野球ではボールに力を伝えるために、打つときや投げるときの姿勢が大切です。野球の世界では「軸」という言葉を使って、打つとき投げるときのフォームが説明されます。投手として有名なダルビッシュ有投手は、日本球界を二刀流で盛り上げた大谷選手のピッチングを見てこう評価しました。「末端部の力で投げているので、中心...

≫続きを読む

 

野球の動作で一番力んでほしくない体の部分

野球での投げる・打つの動作は、下半身のパワーを上半身に最大限伝えるために軸を整えることが大切です。「軸」とは、体でいうと体幹部を指します。頭が傾いていたり、体幹自体がずれていると軸は整いません。両肩や腰の位置など外形的な部分を整えることは、軸を正すのに重要です。しかし、下半身のパワーを最大限発揮する...

≫続きを読む

 

「腰」ではなく「脇の下」を使って体全体のスイングを身に着ける

スイングスピードを今より速く、かつパワーをバットに伝えるためには、腕ではなく、体全体を使ったスイングを意識することが大切です。しかし、体全体を使ったスイングしようと思っても実際は体が開くのが早かったり、両肩が傾いてしまったりしてしまいます。ここでは、体全体を使ったスイングをするために必要な筋肉の働か...

≫続きを読む

 

太っている人、やせている人の適したバットを構える位置

バッターの構えを見ると、「腕を体から離して大きくしている人」と「腕をたたんでとコンパクトにしている人」がいます。構えが大きすぎても小さすぎてもそれぞれ短所があります。インコース、アウトコース、両方の球に対応するためにはそのちょうど良い構えの位置を見つける必要があります。どの構えがあっているのか、野球...

≫続きを読む

 

ダウンスイングで振り続けると、体を使ったスイングができなくなる

野球でのバットスイングは「アッパースイング」「レベルスイング」「ダウンスイング」の3種類あります。それぞれの違いはスイングの軌道です。アッパースイングは下から上を通り、レベルスイングはほぼ水平を通り、ダウンスイングは上から下の軌道でバットが出ます。スイングするとき、多くの人はダウンスイングから始める...

≫続きを読む

 

顔を深く向けるだけでバッティングの姿勢が良くなる

スムーズに、かつ速くスイングをするためには、バッティングのフォームを改善する必要があります。野球の姿勢改善では、よく「胴体」や「下半身」といった部位で説明されます。しかし、「胴体」や「下半身以外」にも「顔の向け方」を少し工夫するだけで、自分のバッティングフォームをさらに向上させることができます。ここ...

≫続きを読む

 

バッティングの前足の角度を変えて、力を最大限に伝えるには

バッティングで今より飛距離を伸ばすには、ボールに最大限の力を加える必要があります。そのためには、足先から首関節まで適切に動かし、バッティング動作を行う必要があります。少しのフォームの改善により、体全体の骨格や向きが変わり、ボールに力を伝えることはできます。その中の一つに「足」があります。ここでは、バ...

≫続きを読む

 

ピッチング時に少し肩を下げるだけで今より球速は速くなる

スポーツを続けていく上で、避けて通れないのが「怪我」です。野球では、怪我を予防しようと頭で思っても、無理な体の使い方をしてしまいます。その結果、怪我をしてしまうことがたくさんあります。ピッチャーはとくに肩や肘を痛めやすいです。これは、球速アップをしようと思うあまり、腕に必要以上の力をかけて振りぬいて...

≫続きを読む

 

一番怪我しやすい「カーブ」を負担のなく投げるには

ピッチャーが打者を打ち取るためには、ストレート以外にいくつか変化球を取得する必要があります。多くの人は「カーブ」から変化球を教わります。なぜなら、原理がわかりやすいからです。「回転をかける→曲がる」とイメージしやすい変化球であり、使い方は腕を曲げるように投げるだけです。やり方がわかりやすく、取りかか...

≫続きを読む

 

腕の仕組みから考える投げやすい変化球

ピッチャーとして実力を向上させるには、ストレート以外に変化球をいくつか取得しておく必要があります。変化球では変な腕の使い方や曲げ方をするため、怪我をしてしまう可能性があります。小、中学生の場合は筋肉や骨が発達してない状態で変化球を覚えないといけません。そうすると、腕を痛めて自分の思った通りに投げられ...

≫続きを読む

 

投げる動作で怪我のリスクを減らす指の使い方

ピッチャーである以上、練習を続けていくと肩や肘を痛めてしまうリスクがあります。肩や肘を怪我してしまうと多くの人は原因を「肩」や「肘」など痛めた部分に求めようとします。しかし、これでは「肘や肩を力を入れないように」などの部分的な解決策しか見出せません。そこで、肩や肘などの部分はその部分だけを見るのでは...

≫続きを読む

 

一流投手の腕の振り方を実現させる筋肉の働かせ方

プロで活躍する一流ピッチャーのフォームを研究するのは上達の一つの方法です。ここでは、一流ピッチャーに共通するフォームについて紹介していきます。多くのピッチャーの共通点「捕手方向に体重を移動させるときに、両腕が内側に回転させる(内旋させる)」ことです。腕の関節が外側に向くと、肩や肘はひねられてしまいま...

≫続きを読む

 

理想のピッチングフォームが身につく「メンコ」を使ったトレーニング法

楽に速く投げるため、ピッチングの体の使い方を学ぶのは重要です。本を見ると、あらゆるストレッチや運動の方法が書いてあり、自分の練習に取り入れることができます。確かに、そういったストレッチは取り組みやすいですが、一つの運動で一つの筋肉や動作しか改善されないために効率的なトレーニングとは言い難いです。そこ...

≫続きを読む

 

投げるときの重心は低い方が良いのか?

ピッチャーがコントロールや球速の向上のために、投球時の重心の高さを勉強することは重要です。投げるときの体の重心は「なるべく低くするように」とよく指導されます。重心を低くすることで下半身に力を入れやすくなり、低めのコントロールが良くなるからといわれています。確かに、重心の位置を低くすると下半身に力が入...

≫続きを読む

 

球速アップに必要なスムーズな重心移動のさせ方

今よりも球速を上げるためには、速い球を投げるための要素を理解する必要があります。その中の一つに「投球時の重心移動」が挙げられます。ピッチャーは前足を地面につけるときに、自分の上体が前に移動します。この重心移動を速くさせると今より球速を上げることができます。しかし、ただ速ければ良いというわけではありま...

≫続きを読む

 

イチロー選手のフォームから学ぶ、背中の筋肉の使い方

「安打製造機」で有名なイチロー選手は、2004年に262本のシーズン最多安打記録を打ち立てました。当時の世界記録は257本であり、84年ぶりの快挙でした。この記録が出た理由は「フォーム」にあると考えられています。この年のフォームを分析すると、物理的、心理的にも理に適った要素が含まれています。ここでは...

≫続きを読む

 

野球で股関節を意識しすぎると上体が崩れやすくなる

バッティングの動作は「股関節」を使って説明されます。股関節が使えていると、腰の回転が速くなります。すると、ボールを投げたりバットを振ったりする動作を下半身の力で行うことができ、パフォーマンスを向上させることができます。一流選手のフォームを見ると、股関節周りがしっかり使われているのがわかります。そのた...

≫続きを読む

 

天才バッター「前田智則」選手から良い姿勢を形式的に学ぶ

数々の一流バッターが口をそろえて「天才」と称する打者がいました。2013年に引退した元広島東洋カープの前田智則選手です。現役時代に三冠王を3回獲得した落合博光選手はあらゆるバッターのフォームを見て、真似していいのは前田選手だけと話していました。日米通算400本安打を達成したイチロー選手は、「天才? ...

≫続きを読む

 

正しい姿勢から、今より走塁スピードを上げる脚の使い方

野球の試合に勝つ上では「打つ」「守る」だけではなく、「走る」ことを勉強することは重要なことです。ヒット一本でも盗塁に成功すれば、攻撃の幅を広げることができます。バントでチャンスを広げることもできれば、走らせてヒッティングをしかけることもできます。甲子園で毎年勝ち残っていく高校は比較的走る技術が高いで...

≫続きを読む

 

野球の動作に必要な「見る力」を養う目線の使い方

「打つ」「走る」「守る」の動作に共通する必要な能力は「見る力」です。動く物体を見る「動体視力」一度にあらゆる状況を把握する「周辺視野」やが野球において求められます。そのため、見る力を養うことは、野球の動作全ての能力向上につながります。現在、動体視力を養うための有名な方法には、決められた二か所のポイン...

≫続きを読む

 

なぜ、速球派投手はリリースの仕方は「指先で切る」と話すのか

ダルビッシュ投手や田中正将投手など、速球派で知られるピッチャーの投げ方には共通点があります。それは、リリースの仕方を「指先で切る」と話していることです。なぜ、速い球を投げる人は「指先で切る」という言葉を使うのでしょう。この言葉には、球速を格段に上げるための重要な要素が隠されています。ここでは、一流投...

≫続きを読む

 

遅い球でもバッターを打ち取れる腕の使い方

ピッチャーは、球速が速ければ有利というわけではありません。野球の世界では、遅い球でも億を稼ぐピッチャーがいます。テレビで見ると打てそうなボールを投げているように見えますが、バッターはなかなか芯でとらえることができません。山本昌投手や元オリックスの星野伸之投手はこの例です。そういった遅い球でも相手に通...

≫続きを読む

 

肘を高く上げようと意識したピッチングでは肘を怪我する

何も知識を持っていない人がキャッチボールをしていると、指導者や経験者にフォームや投げ方を指摘されることがあります。そのときに、「肘を高くしなさい」と言われることがあります。投げる腕の肘を高くなると体と肘との距離が近くなります。手首や指だけで投げることはなくなり、肘といった体の中心に近い部分を意識して...

≫続きを読む

 

ピッチングで今より体の使い方を良くする練習法

野球の練習方法は様々なものがあり、投げるときに重要な筋肉の鍛え方や筋肉の柔軟性を高めるストレッチなどがあります。しかし、いくら筋肉を鍛えても、それを活用する体の使い方ができなければ意味がありません。自分の能力以上に不必要な筋肉を持つことは、かえってスムーズな動きに悪い影響を与えてしまいます。例えば、...

≫続きを読む

 

バッティングで最も理想な「五角形」フォームの作り方

バッティングの技術を向上させるには、ホームランや長打よりも打率を上げることが大切になってきます。シングルヒットをたくさん重ねられれば、その延長線上にある長打やホームランにも取り組めるようになります。そして、打率を伸ばすためにはボールをとらえたときの理想的な姿勢を理解する必要があります。ここでは、打率...

≫続きを読む

 

低めに投げようとボールを前で放つとコントロールが下がる

ストライクゾーンにおいて、バッターを打ち取りやすい球は低めの球です。低いコースはバッターの目と距離が遠いために、ボールに合わせるのが難しいからです。そのため、ピッチャーは低めのコントロールを良くする必要があります。そこで、ピッチャーはボールを低めにコントロールしようと考えて、できるだけホームベース寄...

≫続きを読む

 

ピッチング時の腰回転を速くする「グラブを付ける側の腕」の使い方

ピッチングで速い球を投げるためには、下半身の重心移動や上半身をネジる力が大切です。このとき、脚や腰以外に「グラブをつける側の腕」の使い方を変えることで、球速を速くすることもできます。グラブをつける方の腕は使わないため、あまり深く考えることがないかもしれません。しかし、人の体は左右の筋肉両方とも背中か...

≫続きを読む

 

盗塁阻止率を向上させるキャッチャーの腕の使い方

ピッチャーの実力を引き出すためには、キャッチャーの役割は重要な意味を持っています。その中で、キャッチャーには「ランナーの盗塁阻止」という仕事があります。走ってきたランナーをアウトにできればチャンスをつぶすことができ、ピッチャーの負担も減ります。盗塁を阻止するためには速い球を投げることが重要です。しか...

≫続きを読む

 

投げる寸前の「首」の向きを変えれば、今よりも球速が上がる

ピッチャーが楽に速い球を投げるために、投球フォームを改善することは大切です。速い球を投げるための要素は「下半身の重心移動」や「腰の回転」といった、下半身を鍛えるトレーニングや、肩関節回りの筋肉の鍛え方などがあります。しかし、そういった下半身や投げる腕ではなく、投げる寸前の「首の向き」を少し変えるだけ...

≫続きを読む

 

言葉や体から見直す野球でのスランプ時の克服方法

野球選手は続けていると「スランプ」に陥ることがあります。いくら練習しても結果が出ず、自分の思うプレーができないことはよくあります。そうしたときは、普段通りに練習をしてもすぐには調子が出てきません。そのため、練習や取組方法を変える必要があります。しかし、練習方法を変えても、柔軟な考え方や体の動かし方を...

≫続きを読む

 

野球の動作をさらに向上させる「理に適った動き」の思考法

「野球の動作がうまくなりたい」「実力を上げたい」と思う気持ちは誰しも持っているものです。今より技術を向上させるために、さまざまな練習方法があります。しかし、そういった練習方法以上に野球の動作をやる上で必要な「ある思考」があります。この思考に基づいて、野球の動きを考えるかどうかで、野球の動きや実力に大...

≫続きを読む

 

ストレートのみでバッターの姿勢を崩す方法

野球の世界でピッチャーが最も投げやすい球は「ストレート」です。試合中に速くてキレのあるストレートによって、きわどいコースで三振をとっているシーンはよく見かける光景です。ただ、ストレートだけではバッターに打たれやすいため、いくつか変化球を他に取得しなければいけません。しかし、すべての人が変化球を早く身...

≫続きを読む

 

遅いボールを速く見せる投球フォームの作り方

ピッチャーにとって、バッターを打ち取るためには速いストレートを習得することが大切です。しかし、球威のあるストレートを身につけるには、多大な努力やもって生まれた才能が必要であり、無理な練習を重ねると怪我をする可能性があります。ただ、ストレートは必ずしも速くなければいけないかというとそうではありません。...

≫続きを読む

 

ランナーの姿勢から、牽制でアウトにするには

試合でヒットを打たれて走者を出してしまった場合、盗塁をされる可能性があります。ここでランナーに盗塁を許してしまうと、さらにチャンスが広がってしまいます。そのため、牽制を仕掛けてランナーの盗塁を阻止する必要があります。ただ、ここでランナーの姿勢を見れば、走者の心理を読むことができます。そこで球威のある...

≫続きを読む

 

バッターのタイミングを外すピッチングモーションの変え方

野球において、バッティングで命となるのは「タイミング」です。ピッチャーはそのタイミングをいかに崩すかでバッターを打ち取れるかが決まります。バッターはピッチャーのモーション始動と共にタイミングをはかります。そのため、バッターのタイミングを外すため、ピッチャーはモーションを変える必要があります。ここでは...

≫続きを読む

 

ピッチャーの制球力を安定させるフォームの矯正法とは

野球の世界で、ピッチャーの制球力が高ければ、ピンチを迎えたとしても最小失点で抑えこむことができます。ただ、やみくもに投げ込み量を増やしても、制球力が上がるわけでもなく、コンディションが悪ければ、制球にずれが生じることもあります。そこで、制球力で安定させるためには、投球フォームが重要になります。制球力...

≫続きを読む

 

変化球を投げるときに怪我をおさえる指の整え方

野球の世界では、バッターを抑えるための変化球が数多く存在します。そして、小、中学校とはじまって間もないころは、いろんなボールの投げ方をを取得しようとしま す。確かにこうした変化球を覚えることは実力向上につながるかもしれません。しかし、変化 球は、投げるときにあらゆる手首、腕の使い方をしなければいけま...

≫続きを読む

 

カット技術を極めるバッティング技術と考え方

バッティングにおいて、ホームランやヒットを打つ技術以外に重要な技術があります。それは「カット」する技術です。バッターは狙い球を絞ることで長打を打てる確率が上がります。しかし、投手は狙っている球と異なる球を投げてきます。それをファールでカットしていけば、チャンスボールが生まれたり、失投を誘うことができ...

≫続きを読む

 

ピッチャーの性格から、気持ちよく投げさせる配球を理解する

野球の世界で、バッターを抑えるために、配球を考えることは大切です。例えば、ピンチのとき、良いバッターに回ってきたときは、一球目からストライクを取りにいく必要があります。積極的にストライクをとることによって、カウントが不利にならなくなるからです。このように、ピッチャーに負担なく、気持ちよく投げさせるに...

≫続きを読む

 

バッターのスイングから弱いコースを分析する方法

バッテリーにとって、配球を考えることは試合を有利に働かせるのに大切です。バッターの弱点を考慮した配球を組むことで、抑えることができるからです。ここでは、バッターの弱点を見極めて、打ち取る確率を高める配球の組み方を解説していきます。 バッターのスイングを見ることで、弱点が分析できるバッターの様子や状態...

≫続きを読む

 

バッターのタイプから、弱点となるコースと球種を分析する

バッターに投げる配球を考えることで、より高い確率で打者を抑えることができます。そして、バッターの特性やタイプを見極めることで、打者をおさえることができます。ここでは、バッターのタイプを見極めて、打ち取るためのコースや球種を分析していきます。 バッターのスイングを見ることで、弱点が分析できるバッターの...

≫続きを読む

 

盗塁・ベースランニングに有効な「脱力走法」

「リードを大きくとる」「ピッチャーのクセを見破り、速くスタートを切る」・・・このような考え方があるために、盗塁やベースランニングで大切なことは「スタート」であると考えがちです。ただ、野球のベースランニングで大切なのは「トップスピードに速く乗る」ことです。その理由は、スタートを素早くしようとすると力が...

≫続きを読む

 

ピッチャーの投球フォームから、盗塁スタートを早く切る方法

ランナーは盗塁を決めるためには、ピッチングモーションからいち早くスタートを切らなければいけません。ただ、ここ数年でランナーがいる場面ではクイックモーションが多用されるようになったため、投球から二塁へ返球の時間が短くなってしまいました。そのため、スタートを早く切ろうと意識しても実践に移すのは難しいです...

≫続きを読む

 
//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

弓道健康法セミナー案内

書籍案内


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催