運動前の準備運動は怪我につながる

ほぼ全てのスポーツで、運動前に準備運動をします。これは、運動前に体を温めるためです。

 

具体的には膝を曲げたり伸ばしたりします。アキレス健を伸ばしたり、体の各部位の筋肉を伸び縮みさせたりします。このとき、「ランニングしましょう」と言う人は少ないです。一方、「準備運動して体をほぐした後にランニングしましょう」という人はたくさんいます。

 

こういった準備運動をよかれと思ってやっていると、ケガにつながる恐れがあります。ここでは、準備運動のもつ損害と適切なウォーミングアップ法について話していきます。

 

 準備運動をすると逆に運動パフォーマンスを下げる
ウォーミングアップの目的は「ウォーミング=温める」なので、体を温めるのが目的です。

 

私たちの体は、運動をしていないときは体内に流れているおよそ15%程度の血液しか筋肉に流れていません。血液というのは、通常は内臓や脳に流れています。

 

それが運動を始めると血液が筋肉に流れるようになります。筋肉に流れることで徐々に筋肉が温まっていきます。

 

準備運動で行われる筋肉を伸ばしたり縮んだりさせる運動により、筋肉は伸びます。ただ、筋肉が血液に送られる血液の量が増大するわけではありません。つまり、準備運動で行うストレッチでは体は温まらないのです。

 

さらに、運動前に行う準備運動は運動パフォーマンスを低下させる恐れがあります。体が温まる前に筋肉を伸び縮みさせると、筋肉の繊維を傷つけてしまうからです。

 

つまり、運動する前は体操するのではなく「体を温める」ことが大切です。

 

 今の姿勢より体内の血液循環を高める方法
私自身、ランニングする前の準備運動をしなくなりました。そのため、仕事が終わって家に帰ると、準備運動を飛ばしてすぐ走りに行きます。早朝、起きてすぐに外に出て、2〜3分体を動かして、いきなりインターバル(高負荷と低負荷を交互に繰り返すトレーニング)を行うときもあります。しかし、それでも怪我をしません。

 

怪我をしないために私は、準備運動ではなく、「首を伸ばし、肩を落とした姿勢」を意識し、2〜3分歩いた後に走るようにしています。すると、体が自然と温まります。

 

仕事中であっても、この姿勢を坐っているときに行うと、直後に体を動かすことができます。この姿勢によって、体内の血液循環量が上がるからです。

 

人間の体で一番血液の循環が多いのはお腹です。お腹は上半身から下半身方向、またその逆方向の血液が流れる中継点のようなものです。中国では、この部位を仙薬(せんやく)、丹田(たんでん)と呼ぶこともあります。

 

 

 

首を伸ばして肩を落とすと、自然と上半身の重みが腰回りに落ち着き、腹圧がかかります。大学の研究によると、この姿勢によって体内の血液循環量が約20%増加するといわれています。禅の世界でも、座禅中にこの姿勢でいると次第に体がポカポカしてきます。

 

この姿勢をとって数分歩いてくことで、準備運動なしでもケガをしない身体にしましょう。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

ランニングでは、「脚」ではなく「背中」の筋肉が重要
ランニング時の姿勢が自然で力みのない走りを生み出す
本に載っている走り方を真似すると怪我につながる
ウサインボルトから学ぶ、陸上のコーナーを早く曲がる首の使い方
「肩甲骨」を使って腕を振ると怪我に繋がる
正しい姿勢からスポーツで筋肉をスムーズに動かせる状態を学ぶ
ランニングの腕ふりで知っておきたい腕のこと
姿勢から考える膝の痛みの正しき対処法
ランニング時にもっとも姿勢の崩れない着地の位置
指の握り方で走るときの体の使い方が変わる
指の握り方によるスポーツ時の姿勢の変化を学ぶ
ランニング中に足の指に力が入っていると、ケガの原因になる
やせている人、太っている人のランニング時の姿勢の改善する方法
目線を上げると、走る姿勢を改善して、記録向上や怪我の予防になる
「股関節」を意識して走ると股関節の動きが悪くなる
足の向きを真っ直ぐむけようとすると怪我につながる
本から情報を勉強すると、ランニングで思い通りに体を動かせない
丹田(下っ腹)を意識して走るとあらゆる体の力みにつながる
走る姿勢を改善する「ランニングベルト」と「一本歯ゲタ」
ランニングで股関節の動きを高める「股関節たたみランニング」
ランニングで陥りやすい悩みを解消する体操法

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催