ランニング時の姿勢が自然で力みのない走りを生み出す

長い間、自分の脚に余計な負担をかけないように走るためには「上半身の姿勢」を整えることが重要になってきます。

 

ただ、具体的にどこの筋肉を使えば、上半身の姿勢は整えることができるかは分かりにくいです。そこで、今回は弓道で行っている姿勢を整えるための体の使い方を紹介していきます。そこから、無駄のない走りを実現するための姿勢について紐解いていきます。

 

まずは以下の動画で姿勢の作り方について理解してみましょう。

 

 

 首を伸ばして肩を落とす
弓道には「胴づくり」があります。胴づくりの動作では、上半身に無駄な力みを出さないように、かつ姿勢を崩さないように「首」と「両肩」の二か所を使って、上半身の姿勢を整える動作を行います。

 

この二つの部位を用いることで、何十キロと負荷がかかる弓の反動力に対応する上半身の姿勢を作ります。

 

このときのキーワードは「首を伸ばして肩を落とす」です。この動作は弓道の動作で、最も重要な体の使い方なので、やり方を紹介していきます。
 
少しアゴを引き気味にします。そうすると、首の後ろの筋肉を伸びます。この状態で自分の頭蓋骨を10p上に持ち上げるようにして、首回りの筋肉を伸ばします。それと同時に両肩を落とします。
 
首を伸ばして肩をストって落とす。イメージをもって行うとより良いです。自分の頭の頂点を10p吊り上げるようにして、首を持ち上げてください。そして、両肩を耳元から垂直に落とすようなイメージです。そうして、首の耳から肩を伸ばすようにしてください。

 

 

 

そうすると、おのずと胸周りがスッキリする感覚があります。はだしでやると、首を伸ばして肩を落とすときに足裏全体がピタッと止まるようになります。これが胴づくりです。

 

その状態で、自分の首をななめ45°方向に伸ばすように上半身を少し傾けます。そうすると、自然と上半身が前に倒れ、体重が移動し、走ることができます。

 

このとき、変に体をねじったり、脚を変に前に出したりしてはいけません。首を伸ばし、両肩を落として、そこからななめ上方向に上半身を伸ばすように少しまえに送ってください。そうすると、自然に脚が前に出ます。

 

 

 

感覚としては「バスッバスッバスッ」とジャンプするように走るのではなく、上半身を前に送りながら、脚が自然とスッスッスッと出る感覚です。すり足気味で走ります。

 

こうすることで、常に上半身に無駄が力が入らないまま、脚を前に送って走ることができます。弓道で入場、退場するときはこのように上半身の首の後ろの筋肉を伸ばし、両肩を落とします。こうして、上半身に無駄な力みをなくして一歩一歩すり足で歩きます。この姿勢の作り方については、以下の動画でさらに詳しく解説されています。

 

 
 なぜ、首を伸ばして肩を落とすと上半身の無駄な力みが消えるのか?
弓道のように「姿勢の正確さ」を求められる武道では、上半身での姿勢の崩れ方が2通りあります。

 

それは「胸が前に出る」か、「背中がかがむ」かの2パタ−ンです。やせている人は胸が出やすく、太っている人は背中がかがみやすいです。

 

これら二つの姿勢になったら、上半身の体重がうまく下半身にのらなくなり、姿勢のキレイさがなくなります。

 

ちなみに弓の世界は胸が前に出ると、両肩が上下に崩れやすくなり、的から外れます。背中が屈みすぎると両肩(左肩)が左右に動きやすくなり、狙ったところより左方向に外れます。

 

ただ、「首を伸ばして肩を落とす」ことにより、背中周り、胸周りの筋肉の緊張が和らぎます。特に両肩はわかりやすく、自分で両肩を落とすと胸周りも自然と落ちます。

 

 

 

こうすることで、胸周りや背中周りの筋肉の力みがなくなります。自然と背中の脊柱起立筋や首の筋肉が上方向に働き、常に上半身は反ったり、曲げたりといった行為に耐えてくれます。

 

このように筋肉をリラックスさせて走ると、体力に余裕があって、調子よく走ることができます。背中周り、胸周りの緊張が解けることで、早く、楽に体を動かすことが可能になるのです。

 

首の筋肉や背中の筋肉を何も意識しなかったら、筋肉は固くなっています。それでは、上半身の姿勢を適切に整えるために背中の筋肉が働いてくれず、姿勢は時間の経過とともに崩れていきます。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

ランニングでは、「脚」ではなく「背中」の筋肉が重要
本に載っている走り方を真似すると怪我につながる
ウサインボルトから学ぶ、陸上のコーナーを早く曲がる首の使い方
「肩甲骨」を使って腕を振ると怪我に繋がる
正しい姿勢からスポーツで筋肉をスムーズに動かせる状態を学ぶ
ランニングの腕ふりで知っておきたい腕のこと
運動前の準備運動は怪我に繋がる
姿勢から考える膝の痛みの正しき対処法
ランニング時にもっとも姿勢の崩れない着地の位置
指の握り方で走るときの体の使い方が変わる
指の握り方によるスポーツ時の姿勢の変化を学ぶ
ランニング中に足の指に力が入っていると、ケガの原因になる
やせている人、太っている人のランニング時の姿勢の改善する方法
目線を上げると、走る姿勢を改善して、記録向上や怪我の予防になる
「股関節」を意識して走ると股関節の動きが悪くなる
足の向きを真っ直ぐむけようとすると怪我につながる
本から情報を勉強すると、ランニングで思い通りに体を動かせない
丹田(下っ腹)を意識して走るとあらゆる体の力みにつながる
走る姿勢を改善する「ランニングベルト」と「一本歯ゲタ」
ランニングで股関節の動きを高める「股関節たたみランニング」
ランニングで陥りやすい悩みを解消する体操法

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催