ランニング時にもっとも崩れない着地の位置

ランニング中の足の着地には,かかと着地とつま先着地があります。

 

そこで、トップランナーの着地をスローカメラで観察し、最もよい着地について研究されています。しかし、実際のところどの着地が良いのかというのははっきりと決まっていません。

 

かつて、かかとに力を入れた方が体は前に動くため、物理的にかかとで着地した方が良いといわれていた時期もあります。一方、現在はトップランナーがつま先で着しているため、つま先着地が良いといわれています。

 

しかし、姿勢の観点から考えると、両方の着地ともに姿勢が崩れる可能性をもっています。

 

ここでは、それぞれの着地で起こる姿勢の崩れを説明していきます。さらに、姿勢が最も崩れにくい着地の位置を解説していきます。

 

 かかと着地、つま先着地によっておこる姿勢の崩れ
かかと着地は物理的には体が前に進むため、走るときには適しているといわれています。

 

 

 

しかし、この着地で走っていると上半身の重みが下半身の後部にかかりすぎてしまいます。そのため、お尻が下がり、スピードが遅くなります。また、この姿勢で走っていると、みぞおち部が曲がりやすくなります。すると、いくら前に進みやすい体の使い方をしてもスピードが出ない状態になります。

 

 

 

一方、つま先着地を繰り返すと上半身の重心は前に傾き、スピードが出やすくなります。しかし、この着地で走っていると親指に力がかかりすぎてしまいます。

 

親指に力がかかると、自然と蹴るような走り方になります。ける走り方によってスピードは出ますが、上下運動が激しくなり、着地のたびにかかる衝撃が大きくなります。

 

全体の姿勢は崩れていませんが、中の筋肉に負荷がかかりすぎてしまいます。すると、あらゆる脚のケガにつながるおそれがあります。

 

 

 

そのため、かかと着地やつま先着地にはそれぞれ悪い影響があります。姿勢が崩れず、かつ筋肉に負担のない着地の位置を考えなければいけません。

 

 良い姿勢を維持するため、つちふまず着地を意識する
良い姿勢でかつ筋肉の負担のかからない着地の位置は、かかとではなく、つまさきでもありません。その真ん中にあるつちふまずです。ここで、つちふまずに自然と着地できる走り方を説明していきます。

 

まず、首を10センチ上に持ち上げるようにして、上に伸ばしてください。それから、両肩を落としてください。そうすると、足裏全体がくっつくようになります。どこにもかたよらないように足裏を地面につけます。弓の世界では、これを「墨がねを打つ」といいます。

 

首が伸びていなかったり、肩が落ちていなかったりすると、足裏全体にかかる圧力は一部分に片寄ります。つま先、かかと、内、外側など、どこかにかたよってはいけません。そこで、上半身の力みをなくして、足裏全体を地面に吸着させるように意識してください。

 

 

 

その姿勢で首を伸ばしながら上半身を前に倒れるように出してください。体が前に出ると、自然と足がついて出ます。このとき足首をなるべく曲げないよう意識して出してください。
 
そうすると、自然と足がつちふまず付近から地面に接地します。これが、つちふまず着地です。

 

 

 

弓の世界では入場口から射場に入るとき、姿勢を崩さないように歩くことが重要です。そのため、足裏全体が地面に着くように立ち、つちふまず付近に体重を置きながら、すり足を意識して歩きます。

 

着地を意識して走ると上半身の姿勢は崩れにくく、かつスピードも出やすくなります。ちなみに、首が伸びずに曲がっているとかかと着地になりやすいです。走っているときに両肩が落ちていなかければ、つま先着地になりやすいです。

 

首を伸ばし、肩を落とし、つちふまず着地を意識して走りましょう。すると、姿勢を保ち、かつ筋肉をリラックスした走りを身に付けることができます。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

ランニングでは、「脚」ではなく「背中」の筋肉が重要
ランニング時の姿勢が自然で力みのない走りを生み出す
本に載っている走り方を真似すると怪我につながる
ウサインボルトから学ぶ、陸上のコーナーを早く曲がる首の使い方
「肩甲骨」を使って腕を振ると怪我に繋がる
正しい姿勢からスポーツで筋肉をスムーズに動かせる状態を学ぶ
ランニングの腕ふりで知っておきたい腕のこと
運動前の準備運動は怪我に繋がる
姿勢から考える膝の痛みの正しき対処法
指の握り方で走るときの体の使い方が変わる
指の握り方によるスポーツ時の姿勢の変化を学ぶ
ランニング中に足の指に力が入っていると、ケガの原因になる
やせている人、太っている人のランニング時の姿勢の改善する方法
目線を上げると、走る姿勢を改善して、記録向上や怪我の予防になる
「股関節」を意識して走ると股関節の動きが悪くなる
足の向きを真っ直ぐむけようとすると怪我につながる
本から情報を勉強すると、ランニングで思い通りに体を動かせない
丹田(下っ腹)を意識して走るとあらゆる体の力みにつながる
走る姿勢を改善する「ランニングベルト」と「一本歯ゲタ」
ランニングで股関節の動きを高める「股関節たたみランニング」
ランニングで陥りやすい悩みを解消する体操法

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催