古来弓道の健康法セミナーの開催

当健康所で実践する「姿勢・身体の使い方」「指圧法」「栄養療法」を学べる体感型セミナーを開催します。

 

全ての生活スタイル・スポーツに合わせて、総合的に成長できる「弓道健康法」

 

当健康所で実践する

「身体の使い方の体感による意識の転換」

「全スポーツのパフォーマンスを高める腰の筋肉の鍛錬」
「全身の筋肉をゆるめる神経指圧」「日本人が実践すべき食事療法」
を一気に学べます。

 

これらを学ぶと、今行っているスポーツへの技術向上、

今悩まれている症状改善へ即つなげることができます。

 

ただ、現代のスポーツ、生活環境はおかれている状況によって、あまりに細分化、特異化されているため、一つの情報、改善法、治療法では通じなくなってきている時代といえます。そのため、視野を広げて、あらゆる事例を学び、「スポーツを伸ばす」「怪我を改善すること」を意識するのが大切になってきています。

 

例えば、ランニングの世界では、既存の常識では、「前傾姿勢が重心を前に送りやすくなり、効率が良い」といわれています。しかし、骨盤の角度を確かめて、「少しだけ後傾している」人にこの情報を当てはめると、脚の疲労感が増幅し、スタミナが激減することがわかっています。

 

つまり、常識といわれている情報や考え方を自分の行っているスポーツや生活習慣に合わせて、実践できることが大切となります。そのきっかけとして、当健康所で実践する古来弓道の考えに基づく「姿勢・身体の使い方」「身体指圧法」「栄養療法」を取り入れてみてください。

 

 

全ての身体と動きの悩みを改善する「武道の姿勢」

武道の姿勢とは、「上半身に力みがなく、かつ必要な筋肉が締まった状態」

の姿勢です。

 

武道の姿勢の特徴として、「腰」「肩」の負担を大幅になくせることにあります。そして、この姿勢は整体やスポーツの関係の書籍に紹介されているものもあります。しかし、普段の生活やスポーツの世界で実践する手法が記されておらず、実生活に取り入れることが困難です。

 

ただ、武道の世界では、上半身の力みをなくし、必要な筋肉の使い方まで会得するための手法があります。腰痛に悩まされていた方はこの姿勢を取るだけで痛みが改善されたという報告があるほどです。

 

さらに、スポーツの世界では、この姿勢を取っただけで、様々なスポーツの分野から「パフォーマンスが向上した」「スポーツにおける疲れがなくなった」という報告があります。なお、こうした報告は日々行われるセミナーで様々なスポーツ関係者から増えています。

 

それでは、なぜ姿勢を変えることで、腰や肩の負担が消えるのでしょうか?また、スポーツの技術向上や、運動神経の活性につながるのでしょうか?これらの内容について、実際に体で覚えてもらいます。

 

弓道の姿勢により、身体感覚を変えてください

さらに、普段の姿勢を変えることによって、押し・引き動作、身のこなしが変わります。続けていくと、身体の感覚が変わり、考え方を含め、身体の動きが変わります。例えば、「重いものを簡単に持ち上げる」「相手の気配が読めるようになる」「細かい機微がわかるようになり、瞬時な判断能力が高まる」などです。

 

これらは弓道含め、武道の世界でしか体験できない独特な感覚です。人の身体の可能性は無限大にあり、実際にあなた自身が体験することで、考え方が変わります。これからの健康の取り組み・身体の勉強法を変えるためにも、「弓道の姿勢からの様々な体使い」を体験しましょう。

 

例えば、姿勢を変えることで、具体的に以下のようなことができます。

 

 

 

さらに、当健康所で行うことはこれだけではありません。

 

 

全てのスポーツの動きと症状を改善するための「腰方形筋」 

「体の使い方」といっても、難しい理論を学び、

多くの練習を行うものではありません。

 

実は、武道に関係する体の動きはある筋肉を緩めることで、実現させることができます。

 

具体的には「腰方形筋」の動きを変えます。「腰方形筋」は肋骨と骨盤をつなぐインナーマッスルであり、肩甲骨と股関節をさらに動かすために重要です。

 

当健康所では、腰方形筋の考え方を学んでもらい、あなたの行っているスポーツや仕事・ライフスタイルに合わせて、鍛えてほしい筋肉、トレーニング法を提案します。これにより、既存の常識だけにとらわれてたら治せない身体の症状を改善させるきっかけを与えることができます。

 

腰方形筋を鍛えることで体幹部を「反る・屈む」「ひねる」「傾ける」動作の改善・呼吸動作・姿勢の改善が期待できます。さらに、個々の生活スタイルに合わせて、凝りやすい筋肉・鍛える筋肉を実践してもらいます。これによって、どのような生活スタイルの方でも、確実に体やスポーツの悩みを変えることができるのです。

 

 

全身の筋肉を緩める指圧療法

「筋肉を緩める」ことは、指圧するべき部位と指圧する具体的な方法を理解すれば、誰でも実践可能です。そして、症状の原因となる筋肉の部位と関連づけて覚えると医者や治療関係者にも負けずに劣らないセルフケアの手法となります。

 

 

当健康所では、全員に全身の筋肉を緩め、「脳も身体も内臓にも無駄な詰まりのない状態」を目指しています。そこで、当健康所で実践する「神経」にアプローチした指圧法を学んでいただきます。

 

 

 

実際に実践している風景はこれです⇒⇒

 

 

 

 

 

 

 

通常、マッサージで筋肉をゆるめようとすると、施設に出向いて、

お金を払ってゆるめてもらいます。それでは、多大な費用とお金がかかってしまいます。さらに、今の時代は、仕事を含め、できるだけ健康な状態を維持し、高いパフォーマンスを維持したいのが受ける側の本音といえます。

 

それならば、「筋肉が硬くなる原因」「指圧する場所」「具体的に行うこと」を明確にしましょう。これらの原理を学び、日々続けていけば、何も考えなくても自分自身で筋肉をゆるめることは可能です。大切なことは、「なぜ、筋肉が凝るのか」という本質的原因から症状の原因を理解し、自分で筋肉をゆるめる手法を体得することです。

 

そこで、筋肉の周りに取り巻く「神経」と関節内にある「液体」に目を向けます。これらに注目して、筋肉をゆるめるように体をほぐしていった方が確実に、かつ目に見えて筋肉の柔軟性が高まります。

 

具体的に、何を行うかと言うと筋肉の奥にある「神経」に直接圧力をかけて、体をほぐします。一見難しいように聞こえますが、原理を理解すればだれでも簡単に行うことができます。

 

まずは、私自身が筋肉をゆるめるためのポイントを紹介し、直接手でゆるめます。次に、そのポイントを理解し、あなた自身で筋肉をゆるめてもらいます。セミナーが終わることには、あなた自身でどんどん「凝り固まった筋肉」をほぐすことができ、今よりも柔らかく、動きやすい身体を構築するまでになります。

 

さらに、筋肉・内臓・神経・脳の凝り、異常の原因は外から取り入れる「栄養」から来ていることが大半です。そこで、当健康所で実践し、様々な症状の改善を実現した「栄養療法」を解説します。

 

 

 

 

 

古来弓道健康体セミナー

 

・古来弓道で知られる身体の使い方

・各スポーツ動作に合わせたオーダーメイドのトレーニング法

・呼吸・姿勢・を改善するための「首の後ろ」「腰方形筋」の鍛錬法

・全身の筋肉の凝りと、内臓の機能低下を強化させる「神経指圧法」

・日本人が摂取したい・実践したい栄養学

 
人数:3〜5名

東京会場: 参加費7000円(塾生は1500円)
2017年9月26日(火):19時〜21時20分
会場:某都内セミナールーム (申し込みをした方のみ、メールにて場所をお伝えします)

 

大阪会場: 参加費7000円(塾生は1500円)
2017年9月23日(土):16:00〜19:00 
会場:大阪市内セミナールーム (申し込みをした方のみ、メールにて場所をお伝えします)

 
知り合い割引:二人で参加される場合は、参加費用が二人合わせて10000円となります。

 

セミナー概要

 

・古来弓道で知られる身体の使い方や身体現象を体感し、身体感覚・動きの考え方を変えます。

 

・各スポーツの動作に合わせて、鍛えるべき筋肉・動作しやすい意識の仕方を提案します。

 

・呼吸・姿勢・を改善するための「首の後ろ」「腰方形筋」の独自の鍛錬法を公開

 

・全身の筋肉の凝りと、内臓の機能低下を強化させる「神経指圧法」を実践

 

・日本人が摂取したい・実践したい栄養学を公開

 

 

 

よくある質問

 

・スポーツ、武道初心者でも問題ないか
筋肉や関節のことを知らない、または武道をしたことがない人でもまったく問題ありません。むしろ、人の体の内部の話をするので内容は興味深く、面白く感じるはずです。

 

適切な人から重心や姿勢の整え方を学び、トライ&エラーを繰り返していけば初心者から抜け出し、スポーツ、日常生活に役立つ体の使い方を身につけることができます。

 

・セミナーの映像は撮影できるか?
映像の保管は情報漏えいの問題の可能性があるため、現段階ではお断りしています。定期的にセミナーを開催するので、ご自身の体を使って体感するのがオススメです。

 

セミナー参加者の声

 

Y.Tさん バスケ経験者

 

 

これまで、HPで解説や動画を見てきましたが、直接指導してもらうことで、多くのことが実感できました。他にも、沢山のセミナー等に参加しましたが、一番実りがあり、費用対効果が高かったです。

 

特に、首、肩、股関節のポジションで体感できた事は財産といえる程です。

 

J.Nさん 主婦

 

;

 

個人的には反り腰なので、首の伸びを感じずらかったのですが、その理由が背中のS字カーブがきつすぎると、首が伸びないことであると分かった。鎖骨を意識して少し上に持ち上げるだけで、首がスッと伸びたことに驚きました。

 

又、目線を上げた方が良いと思っていましたが、やると不安な気持ちになっていましたが、アゴを引いた方が心の安心感を感じました。その状態で焦点をしぼらず、周辺視野でボヤ〜と見るとボーをしているはずなのに五感がとぎすまされていく気がしました。

 

コーナーの曲がり方は目からうろこでした。体幹が大事だと世間では言われていますが。もっと細い背骨という軸が大事なのかと思いました。最後の方の「ほこりがついている」と思うことや「アチッ」とすること(とイメージして動作を行うこと)はとても面白く不思議でした。

 

M.Sさん サラリーマン

 

 

以前はウォーキングのとき、道路に何か落ちているような視線の使い方でしたが、セミナーで学んだ歩き方を意識して歩くようになりました。

 

T.Sさん 弓道経験者

 

 

弓道の役に立つことなどは全て日常の体の使い方などに関連していることがわかりました。弓道のために日常生活を、日常生活のために弓道を頑張ろうと思いました。

 

K.Nさん 弓道経験者

 

 

体の使い方で連動させることの大切さと力の伝わり方が全く違うことに気付けた、生体水を飲んで腰のハリだけでなく掌がしっとりしました。

 

この水と化粧品を混ぜたら吸収がよくなり、女性によく売れると思います。私自身は栄養の吸収を良くしたい。

 

さいごに:常識を変えてください

 


当健康所では、さまざまな症状に悩まされ、教えを受けたいと来場される方が多くいます。弓道関係者・スポーツ関係者・一般人など様々です。

 

そうした方全員に、私は「常識を変えてください」と提言しています。常識を変えること。これからの時代、そして、何十年後の時代でも重要になってきます。

 

既存の常識にとらわれて健康になれる時代はもう終わりに近づいてきています。医療関係の血液検査、スポーツ科学に基づいた様々な実験結果、これらを測定した結果や見地には頭が下がります。しかし、重要なのは、それらの情報の活かし方です。

 

これから世の中に流れる情報は数年後には使えなくなります。もっといえば、生活スタイルや行っているスポーツが異なれば、それらの情報は使えなくなってしまいます。そこで、あなた自身で「常識を転換し、思考する力を養い、仕事やスポーツで成果を出す」ことが大切です。

 

この思考をするだけで、今まで治せなかった症状を改善したり、大幅にパフォーマンスを向上させることが可能となります。そのため、思考を変えてください!常識を転換してください!このように、常に新しい気持ちをもってスポーツ健康を学べる方にとっては、当健康所で実践する健康法・体使いは間違いなく価値あるものとなります。

 

そのような考え方にのみ、共鳴できる方のみ、セミナー参加のボタンより、申し込みを進めてください。

 

東京会場:2017年9月26日(火):19時〜21時20分
大阪会場:2017年9月23日(土):16時〜19時

 

 

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催