腕と肩の力を抜いて、スポーツでの筋力とスタミナを向上させる

 

 

あらゆるスポーツで運動技術を高めるためには「体の使い方」を学ぶ必要があります。姿勢の整え方、無駄な筋肉の抜き方、運動中の筋肉の働かせ方など、今まで運動していたときの筋肉の働かせ方を変えるのです。すると、今までより無駄な力みになく動作が行えるようになります。

 

ただ、多くの人は、体の使い方を学ぶといっても、「何から行えば良いのか?」と考えるかもしれません。世の中には、スポーツを教える指導者、体の機能に詳しい方など、「運動指導」を行う方は多くいます。しかし、どのような説明も抽象的で、「結局何を行なえば良いかわからない」と考える人が多いです。

 

ただ、武道の観点でお話すると、二つの体の部位の力みを取り去るだけで、あらゆる動作の運動技術向上のカギを使むことができます。それは、「肩と腕の力みを取る」ことです。

 

武道の世界では、剣や弓を取り扱うときに、肩が上がるように動作を行いません。この考え方をスポーツに取り入れることで、肩の筋肉の力みを取ることを可能とします。さらに、肩、腕の力みを取り去ることは、さまざまなスポーツ技術向上につながることもわかっています。

 

今回は、スポーツにおける「「肩、腕の力み」を取り去る具体的な手法について解説していきます。

 

両肩を落とし、両腕を楽にする

両肩を落とすことで、腕の力みを取り去ることができます。武道で行われる「肩を落とす」作業を行うためには、「姿勢」を変える必要があります。そのためには、「首の後ろを伸ばす」「少しお尻を締める」ことを行うようにします。

 

まず、首の後ろを伸ばします。人差し指を口元に当てて押せば頭部が後ろに引かれ、首の後ろが伸びやすくなります。これによって、頭部の位置が高くなり、連動して胸郭の位置が高くなります。

 

この姿勢の際に意識的に肩を落とした姿勢を取りましょう。すると、胸周りの筋肉が軽くつまめるほど、柔らかくなります(もし、肩の筋肉を落とす意識ができなければ、胸の筋肉が張りすぎてしまいます)。

 

胸郭の位置が高くなることで、下にある腹部の筋肉、背中の筋肉が上方に伸ばされます。これによって、背骨の無駄な湾曲がなくなるため、胸郭と頭部が上方に積み木のように立ちあがります。すると、肩関節周りの筋肉が頭部を支える負担がなくなります。これによって、肩の筋肉が楽になります。

 

さらに、肩を落とすと、腕の筋肉の力みが取れます。つまり、姿勢を変えることで、肩の筋肉がほぐれ、その結果として腕の筋肉が柔らかくなります。

 

肩を落とすと呼吸動作がしやすくなる

この、「肩が落ちた姿勢」を取ると、呼吸動作をしやすくできます。試しに、何も姿勢のことを考えずに上半身を脱力した姿勢で呼吸をします。

 

次に、首を伸ばし、肩を落とした姿勢で呼吸します。すると、肩を落とした姿勢の方が呼吸しやすいのがわかります。なぜなら、肩を落としたことによって、脇腹周りの筋肉が締り、呼吸中枢である「腋窩(えきか:脇回りを指す、呼吸動作に関係する)」がしっかり働くようになるからです。

 

呼吸動作を行う際、大切なのは脇下にある呼吸中枢神経が働き、肺がきちんとふくらむことです。深い呼吸を行うことで、酸素を取り込む量が増え、筋肉に多くの栄養分を送ることができます。これによって、全スポーツに必要な筋力、俊敏性、反応性、平衡性、筋持久力に必要な「酸素」を多く取り込むことができます。

 

多くのスポーツ選手が陥っている悩みは「酸素不足」です。普段の姿勢で、呼吸中枢に関係する脇回りの筋肉が活用できていないため、深く呼吸できていません。すると、必要な栄養源を取り込めていないため、スタミナが減ってしまいます。つまり、肩が緊張する原因と対策法を実践することで、スポーツパフォーマンス向上、怪我の改善につながっていきます。

 

実際に、私はセミナーでは、肩周りの筋肉をゆるめる手法、姿勢構築法、さらに、その状態をスポーツ動作で維持するコツをお伝えします。これらを実践することで、今までガチガチに力みやすかった方は「前より力みなく行えて、スポーツパフォーマンスが向上した」と報告をいただいています。

 

肩を落とすことで、呼吸動作がしやすくなり、心身の安静度が高まります。さらに、腕の力みをなくすことで、無駄な力みがなくなり、休んでいる筋肉が増えます。すると、次の動作に働く筋肉の数が増えるため、筋力を向上させることができます。これによって、スポーツパフォ−マンス向上につなげることができます。

 

胴体を動かすことで、肩や腕を動かす

では、肩の力みをとった場合、どのようにして腕を動かしていけば良いでしょうか?それは、腕や肩を動かすのではなく、「胴体」を動かすようにします。

 

人の胴体部の筋肉には、背骨周りについた「脊柱起立筋」、骨盤からろっ骨にかけてついている「腰方形筋」、腹部についてい「腹横筋」の三つがあります。これらの筋肉に無駄に力んだり、弛んだりしなければ、背骨を前後に反らしたり屈ませたりできます。この原理を使うと、スポーツ動作を今より少ない力で大きな力を発生させることができます。

 

例えば、あなたが左手首、右手首を二人の相手につかまれたとします。通常であれば、両手首をつかまれたら、手首を払うことができません。

 

しかし、手首をつかまれていることを忘れるくらいに、手首、肩の力を抜きます。次に、首を伸ばし、肩を落として、腹をへこませた状態から、胴体をひねってみてください。すると、力のぬけた手首が「背骨」を軸に、素早く引っ張られ、ぬんちゃくのように動きます。すると、つかんでいた相手はその腕の振られる力に圧倒されて、つかんでいた手首を払われてしまいます。

 

このように、腕の力を抜いて、背骨を中心に身体を動かすことを武道の世界では「中心から動く」といいます。腕や手首を腕や手首の筋肉で動かしてしまうと、動きがぎくしゃくしてしまったり、力みが入ってしまいます。すると、パワーや威力が出ません。

 

そこで、肩や腕の力みは最大限に取り去り、「背骨から動くように」意識して、腕を動かすようにします。この考え方を取り入れることで、さまざまなスポーツで技術向上につなげることができます。

 

バッティング、ピッチング動作に肩が落ちた姿勢は必須

さらに、肩回りの筋肉が力んでしまうとあらゆるフォームの崩れにつながります。野球選手の場合、脇回りの筋肉が張った「肩が上がった姿勢」が癖づくと、スイング動作で胸が開きやすくなります。

 

そこで、バッティングを行うときは、バットをブラブラ動かし、手首でタイミングを取るようにしてください。ピッチングでは、最大限にボールを握った手の力は抜くようにしてください。そうして、姿勢を整え、背骨を少しひねると、腕がしなるように動きます。

 

このようにしたい大きな理由は野球選手、ピッチャーは手首や脇を固めて動作を行うことが多くなったからです。

 

昔の野球選手の動作を見ると、バットをブラブラと動かす構えを取る方が多くいました。長嶋重雄選手や落合博光選手など、有名な選手を含め、多くの選手が構えの際にバットを動かします。その理由は、手首の力を抜くことで、スイングの軌道がキレイに、身体に無駄な力みなくスイングが行えるからです。同様の理屈がピッチング動作でも当てはまります。

 

試しに、バットを手首をブラブラにして柔らかい状態で振ってください。次に手首を固めてスイング動作をおこなってください。すると、手首を固めてスイングを行うと、力が入り、バットが振りずらいことがわかります。これは、手首を固めてしまうことで、力みのない、無駄のないスイング軌道が実現できなくなるからです。

 

野球に限らず、あらゆるスポーツにこの原理があてはまります。テニスやゴルフにおけるスイング動作であっても、バスケのシュートを打つ動作であっても、無駄に手首や肘の位置を固めることがあります。こうした意識はスポーツにおける「肩」や「腕」の力みにつながります。そのため、腕をなるべく力を抜いておくようにし、スポーツ動作を行うようにしてください。

 

マラソン選手は肩を落とした姿勢を維持することで、スタミナが向上する

さらに、私自身もマラソン、トライアスロンを経験しており、持久系のスポーツを教える際は、簡単な工夫でスタミナが向上できます。それは、「両肩を落とし、腕の力みをとるように」ランニングすることです。

 

ランニングの世界では、スピードや持久力を高めるために、「腕の振り方」を教わることがあります。「腕を振ることで、推進力が上がる」「肩甲骨を意識して腕を振る」といった説明があります。ただ、このような意識は走っている最中は捨てるようにしてください。実際に、ランニング中に腕を振ることを意識しただけでも、肩や腕に力みが入ります。

 

そこで、腕の振り方、腕の状態は全ておいといて、「肩、腕の力みを落とし続けること」だけを意識します。その際は、腕をダランと下しても良いし、手首も曲がっていても問題ありません。腕の力みを取り、肩を落とし続けながら走るようにしてください。これを意識し続けると、持久力やマラソンのタイム向上につながります。

 

実際に、私を含め、私が運動指導をしているクライアントはみな、この意識だけでスタミナ、タイム向上の報告をいただいています。つまり、武道における「肩、腕を落とすこと」は、スポーツ技術向上につながります。

 

以上の内容をまとめると、肩、腕を落とすことで、無駄な力みがなくなって呼吸動作が行いやすくなります。さらに、腕の力みがなくなることで、背骨をねじったり、屈んだりする動きがしやすくなり、かつ運動におけるパワーが向上します。

 

あなたが、スポーツの技術低下に困っているとき、運動中の怪我や疲れに困っている場合は、まずは「肩を落とし、腕の力みを取り去ることを意識してください。体を適切に使うことで、楽にパフォーマンス向上をしながら、スポーツが行えます。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

全スポーツに共通した武道の姿勢
武道の「股関節のとらえ」による、スポーツ技術を向上した実例
少し膝を曲げると、様々なスポーツの運動技術向上につがる
あらゆる動作を「腰」で行うことで、姿勢が崩れにくくなる
スポーツ選手が前傾姿勢を構築すると怪我をする
科学的にスポーツを学ぼうとすると運動技術が低下する
ストレッチの「気持ちいい」が身体に良くない理由
スポーツの世界で「リラックス」しようとすると運動技術が低下する理由
相手に気づかれずに速く動く方法
常識を捨て去れば、本当のやるべきことがわかる
あなたは古来武道を学ばなければいけない
スポーツ書籍で記された唯一の欠陥
スポーツでストレッチをしても本質的に怪我を防げない理由
一流選手の動きを実践する方法
「ストレッチは体に悪い」という情報が嘘である理由
あらゆるスポーツで怪我を招いてしまう、「歪んだ姿勢」の定義
筋トレを行わず「腰の痛み」を取り去る手法
スポーツにおける「腰」「膝」の痛みを軽減させる筋肉
全スポーツに使える股関節の動きのキレをよくする体操
現代スポーツにない、走るスピードの上げ方
全スポーツ動作の弊害となる「胸を開く動作」を防ぐには
今後、スポーツの情報や施設が活かせなくなる理由
武術の体使いにこだわりすぎると、スポーツ技術が低下する

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催