全スポーツに使える股関節の動きのキレをよくする体操

あらゆるスポーツで、「股関節」を動かすことは大切です。股関節は下半身の付け根を動かすのに大切な部位だからです。股関節の動きが悪くなると、末端部である脚が動かしにくくなり、走る競技や脚を使うスポーツ全体に影響が出てしまいます。

 

さらに、スポーツ経験者であれば、運動技術を高めるためには筋肉の使い方を変える必要があります。具体的には「末端部の筋肉を使わず、なるべく胴体部の筋肉を活用できるように」体を動かすのです。その中で、股関節はスポーツで脚の筋肉の使い方を変えるために重要な部位です。

 

股関節の動きを変えることで、今よりも楽に運動動作が行えるようになります。そして、武道の世界では、股関節の動きを変えるための体の使い方が存在します。こうした内容をスポーツに応用することで、あらゆる運動動作が向上します。
 
 股関節の「割り」動作
股関節を動かすとなると、あなたはどのようなものを思い浮かべるでしょうか?例えば、背中を丸めたり、反らせたりしましょう。すると、股関節は前や後ろに動きます。あるいは、腰を左右にねじってみましょう。すると、股関節がねじれます。

 

このように、股関節は「前後、斜め、左右」といった動きを行うことができます。そして、スポーツ選手が身につけたい股関節の動きとして「割り動作」があります。

 

股関節の割り動作とは、股関節の左、右を分割して動かすことです。具体的な動かし方としては、中腰で膝を動かすとこの動きを実現できます。

 

背筋を伸ばして、軽く膝を曲げて中腰になってください。次に、中腰の姿勢のまま、右膝と右の腰骨と同時に正面から見て右斜めの方向に動かしてください。すると、上半身の右側だけが前方に出る動きが実現します。

 

 

 

右ひざと右の腰骨を同時に前に出すように太ももを動かすと、右肩も一緒に動きます。このように、上半身の右側のみが動くようになれば、股関節の割り動作ができているといえます。つまり、上半身の右側と左側を別々に動かすように動作を行います。

 

武道の中で剣術の世界では相手に瞬時になるべく気配を読まれずに動かなければいけません。この際に、股関節を左右に分離させて、動かす身体の使い方があります。

 

この動きはスポーツにおける脚を使うスポーツに全て応用できます。陸上の走り方、自転車のペダリング、野球でのバットのスイング動作、このような動きに取り入れることができます。股関節の割り動作を取り入れることでいまより股関節周りを動かせるようになります。
 
 股関節の割り動作がスポーツに有効な理由
次に、股関節の割り動作がスポーツに有効な理由を検討していきます。その理由として、スポーツの世界では、「腰をひねる」「腰を反らせる」動作が多いからです。

 

しなやかに、無駄な力みをなくして体を動かすにはなるべく股関節周りの筋肉を効率よく活用できるようにならないといけません。その際に、股関節の割り動作では「お尻の筋肉」を活用します。お尻の筋肉を活用し、「太ももを外に開く運動」を理解できれば、「割り」動作が行えます。

 

中腰になり、右膝と右の腰骨を同時に前を出します。このときに、左のお尻を締めるように意識してください。すると、右ひざと右腰骨がよりスムーズに動かせることがわかります。つまり、お尻周りの筋肉を活用できるようになれば、股関節の割り動作が行いやすくなります。

 

ただ、スポーツの世界では、「上体をひねる動作」「地面をける動作」が多いです。上体をひねるため、地面をける、動作はお尻を締める筋肉以外の筋肉が活用されます。

 

ただ、このような動きばかり行うと、最も筋肉に負担の少ない「股関節が地面とほぼ垂直に立った姿勢」から遠ざかります。背中周りの筋肉や背中から脇にかけての筋肉ばかりが発達してしまい、腰周りの筋肉に負担をかけた動きが身についてしまいます。すると、腰や膝の怪我につながってしまいます。

 

 

 

さらに、腰回りの筋肉に負担をかけると、太ももにも影響が出てしまいます。具体的には「背中の筋肉」が張ってしまうと、太ももの後ろ側の筋肉(ハムストリングス)と内側の筋肉(内転筋)が張ってしまいます。この張りは、後で走る動作をスポーツで行うのであれば、怪我につながる恐れがあるので注意が必要です。

 

そのため、なるべく、体幹部の筋肉に負担をかけない動作を覚えることが大切です。そのため、股関節周りの筋肉をしなやかに動かすための「割り」動作を覚えることは大切となります。

 

 股関節の割り動作を覚えるには 
次に、具体的に股関節の割り動作を会得するために、注意すべき点があります。それは、「上半身の力み」が抜けていることです。

 

体を動かすに辺り、上半身の力みは下半身を動かす際に大きく影響を与えます。とくに背中の筋肉は脚の動きに大きく影響を与えるため、力ませないようにすることが大切です。

 

まず、少しアゴを引いて首の後ろを伸ばしましょう。次に両肩を落としてください。もしも、中腰になるのであれば、少し胸郭を引くようにみぞおちを引っ込め、背中を少しだけ丸めるようにします。これによって、股関節周りの筋肉が動かしやすくなります。

 

次に股関節の割り動作を行ってください。「右ひざ、右腰骨を前に出す」「左ひざ、左腰骨を前に出す」を交互に行うようにします。すると、股関節を無駄な力みなく動かせるようになります。

 

そして、スポーツに応用したいのであれば、その動きの中でご自身のスポーツの動きに当てはめてみましょう。
走りながら、バットを持ちながら、股関節の割り動作を行うと、「いつもより股関節がスムーズに動かしながらスポーツができる」ことを体感できるはずです。

 

このように、無駄に筋肉を使わず動作を行うと、今よりも効率よく股関節が動かせます。そのように練習を積み重ねていけば、「スポーツ技術向上」「怪我の予防、改善」につながっていきます。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

全スポーツに共通した武道の姿勢
武道の「股関節のとらえ」による、スポーツ技術を向上した実例
腕と肩の力を抜いて、スポーツでの筋力とスタミナを向上させる
少し膝を曲げると、様々なスポーツの運動技術向上につがる
あらゆる動作を「腰」で行うことで、姿勢が崩れにくくなる
スポーツ選手が前傾姿勢を構築すると怪我をする
科学的にスポーツを学ぼうとすると運動技術が低下する
ストレッチの「気持ちいい」が身体に良くない理由
スポーツの世界で「リラックス」しようとすると運動技術が低下する理由
相手に気づかれずに速く動く方法
常識を捨て去れば、本当のやるべきことがわかる
あなたは古来武道を学ばなければいけない
スポーツ書籍で記された唯一の欠陥
スポーツでストレッチをしても本質的に怪我を防げない理由
一流選手の動きを実践する方法
「ストレッチは体に悪い」という情報が嘘である理由
あらゆるスポーツで怪我を招いてしまう、「歪んだ姿勢」の定義
筋トレを行わず「腰の痛み」を取り去る手法
スポーツにおける「腰」「膝」の痛みを軽減させる筋肉
現代スポーツにない、走るスピードの上げ方
全スポーツ動作の弊害となる「胸を開く動作」を防ぐには
今後、スポーツの情報や施設が活かせなくなる理由
武術の体使いにこだわりすぎると、スポーツ技術が低下する

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催