常識を捨て去れば、スポーツでやるべきことがわかる

さらなるレベルアップ、スポーツ上達のキッカケのために、一緒に姿勢と体の動きを変えましょう。

 

なお、当サイトをご覧いただいている方にお伝えしたいことがあります。

 

 常識を捨て去ってください
まず、スポーツで上達したい、怪我を直したい、この後何年と運動技術のレベルを高めたいと思う方はどのような要素が重要になるかご存知でしょうか?

 

一つは「知識」です。

 

これはスポーツ書籍や情報を見ればわかります。

 

もう一つは「実践の場」です。

 

残念ながら、世の中のスポーツの書籍(特に日本)には学んだ知識を「実践する場」が存在しません。

 

水泳では、「理想の姿勢(ストリームライン)」があったとしても、それを具体的に構築する「具体的な手法」が存在しません。野球でも、テニスでも、スイング動作において「より力をボールに伝える理屈」があったとしても、その理屈を体現する「方法」がありません。

 

あるいは、腰、肩の痛み、関節の可動域を高める手法は武道の世界ではいくらでもあるのに、スポーツの世界ではは「ストレッチ」しかないと言います。このように、「スポーツ」では「〇〇でないと上達しない」「上手くいかない」と根拠のない常識が存在します。

 

しかし、当サイトを登録し、スポーツを熱心に勉強されているあなたはそのような常識は一切捨て去ってください。それよりも、積極的に「古来武道の姿勢・動き」に興味を持ち、スポーツに活かしてください。

 

私は、セミナーに出席された人には、その場で効率的に運動動作を行う方法を伝え、動きを変えられることを体感させます。そうして、体感した人は「なんだ、体をこう使えば脚や手は動くのか」「こうすれば少ない力で大きなパワーが出せるな」と学ぶことができます。

 

このように、一度体で「あなたの体はもっと動くし、スポーツ技術が伸びる」ことを体感させれば、さらに、スポーツの技術やレベルが上げることができます。

 

すでに、多くの方は「マラソンのタイムが上がった」「何十年の泳げなかったのに、キッカケをつかんで、 1kmを楽に泳げるようになった」「スポーツ、日常で長年苦しまされていたふくらはぎの痛みが少なくなった」など、他人に頼らず、武道の姿勢と体使い、筋肉のゆるめ方を実践し、どんどんレベルを上げています。

 

このような手法は実際に古来武道を稽古した人しかわからないので、これを機に、あなたのスポーツの技術を向上させましょう。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

全スポーツに共通した武道の姿勢
武道の「股関節のとらえ」による、スポーツ技術を向上した実例
腕と肩の力を抜いて、スポーツでの筋力とスタミナを向上させる
少し膝を曲げると、様々なスポーツの運動技術向上につがる
あらゆる動作を「腰」で行うことで、姿勢が崩れにくくなる
スポーツ選手が前傾姿勢を構築すると怪我をする
科学的にスポーツを学ぼうとすると運動技術が低下する
ストレッチの「気持ちいい」が身体に良くない理由
スポーツの世界で「リラックス」しようとすると運動技術が低下する理由
相手に気づかれずに速く動く方法
あなたは古来武道を学ばなければいけない
スポーツ書籍で記された唯一の欠陥
スポーツでストレッチをしても本質的に怪我を防げない理由
一流選手の動きを実践する方法
「ストレッチは体に悪い」という情報が嘘である理由
あらゆるスポーツで怪我を招いてしまう、「歪んだ姿勢」の定義
筋トレを行わず「腰の痛み」を取り去る手法
スポーツにおける「腰」「膝」の痛みを軽減させる筋肉
全スポーツに使える股関節の動きのキレをよくする体操
現代スポーツにない、走るスピードの上げ方
全スポーツ動作の弊害となる「胸を開く動作」を防ぐには
今後、スポーツの情報や施設が活かせなくなる理由

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催