ストレッチの「気持ちいい」が身体に良くない理由

健康な身体を構築するために体操法や体の仕組みを学ぶことは大切です。そこで、世の中で有名な体のケアをする方法として「ストレッチ」があります。

 

ストレッチは心理学の世界ではリラックス効果をもたらすともいわれ、体の怪我や不調を整えるのに重要と言われています。

 

あるいは、ちまたにはストレッチを専門的に特化した店も存在します。

 

ストレッチをすると、筋肉が伸ばされて「気持ちいい」感覚があります。この「気持ちいい」感覚があるため、ストレッチを継続し、続けている人がいます。

 

ただ、ストレッチは本当に体に良いことばかりでしょうか?体の仕組みを合理的に理解していれば、適切にストレッチを行い、体を健康に近づけることも可能です。

 

しかし、やみくもにストレッチをすると、かえってあなたの身体を傷つける可能性があります。

 

 ストレッチの痛気持ちいい感覚が良くない理由
ストレッチをするとき、痛気持ちいい感覚があります。

 

この感覚に陥る仕組みとして二通りあります。

 

一つは本当に筋肉が伸ばされて、血液の循環が良くなるときです。この場合は、ストレッチをしたあとも体が軽くなった感覚があり、元気に動き回ることができます。

 

もう一つは筋肉の繊維がちぎれたときです。ストレッチによって筋肉が伸ばされると、伸ばされた筋肉の繊維が切れることがあります。

 

すると、切れた部位の痛みを緩和するために、痛みを和らげる物質が流れます。この物質は快感物質とも呼ばれ、身体に流れるとその部位が気持ちよくなります。

 

もし、ストレッチによって筋肉繊維が切れた場合、ストレッチが終わった後に「どこかけだるい」感覚に陥ります。

 

もし、あなたがストレッチを行っていても、なかなか体が動かしにくく、運動技術が向上しない場合、後者のストレッチをしている可能性があります。

 

その場合、「ストレッチ」という知識があったとしても、それを十分に活かしきれていないことになります。

 

 知識を活かすには
世の中には、あらゆる情報や知識があります。

 

健康に関する知識や運動技術を向上させるために必要な情報も数多くあります。

 

しかし、これらの情報は知っているだけでは、適切に生かすことは困難です。少し考えればわかりますが、知識や情報自体にはそこまで意味がありません。

 

大切なのはそれらの情報を活かす考え方です。
先ほど申し上げたストレッチのように、いくら大切であると知識があったとしてもそれを活かす方法がわからなければ、自分の体を良くすることができません。

 

そこで、ストレッチをより自分の健康に役立たせるためには、そうした情報以外に何かしらの工夫をしなければいけません。

 

例えば、私の場合、「古来武道で実践されていたケアの仕方」などを提案できます。武道の世界では、ストレッチ効果を最大限に引き出すための体操法や工夫法が数多く存在し、それらを実践すると、少ない時間で大きく柔軟な体に仕上げることができます。

 

実際に当サイトのセミナーでその場の簡単な体操を一個行ってストレッチを行うと、開脚や前屈といった柔軟体操で大きく効果を引き出すことができることがわかっています。

 

もしも、前者の「ストレッチ」をスポーツや健康に活かす場合は、必ず自分にとって良くなるように工夫していく必要があります。あなたが世の中にある知識や情報にとらわれ何を行っても効果が表れない場合、知識や情報の活かし方がわかっていないことが挙げられます。

 

そうした場合、武道の体使いや身体の仕組みに基づいて知識や情報を活かすことで、今まで学んだ内容を何十倍にあなたのスポーツや生活に活かすことができます。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

全スポーツに共通した武道の姿勢
武道の「股関節のとらえ」による、スポーツ技術を向上した実例
腕と肩の力を抜いて、スポーツでの筋力とスタミナを向上させる
少し膝を曲げると、様々なスポーツの運動技術向上につがる
あらゆる動作を「腰」で行うことで、姿勢が崩れにくくなる
スポーツ選手が前傾姿勢を構築すると怪我をする
科学的にスポーツを学ぼうとすると運動技術が低下する
スポーツの世界で「リラックス」しようとすると運動技術が低下する理由
相手に気づかれずに速く動く方法
常識を捨て去れば、本当のやるべきことがわかる
あなたは古来武道を学ばなければいけない
スポーツ書籍で記された唯一の欠陥
スポーツでストレッチをしても本質的に怪我を防げない理由
一流選手の動きを実践する方法
「ストレッチは体に悪い」という情報が嘘である理由
あらゆるスポーツで怪我を招いてしまう、「歪んだ姿勢」の定義
筋トレを行わず「腰の痛み」を取り去る手法
スポーツにおける「腰」「膝」の痛みを軽減させる筋肉
全スポーツに使える股関節の動きのキレをよくする体操
現代スポーツにない、走るスピードの上げ方
全スポーツ動作の弊害となる「胸を開く動作」を防ぐには
今後、スポーツの情報や施設が活かせなくなる理由
武術の体使いにこだわりすぎると、スポーツ技術が低下する

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催