スポーツ技術向上の実例

 

武道における姿勢、動きを体得する

 

 全スポーツに共通して使える「武道の姿勢」

 

 武道経験者が実践する「腰の使い方」とスポーツ選手が身に着けるための3つのワーク

 

 武道の「股関節のとらえ」による、スポーツ技術を向上した実例

 

 腕と肩の力を抜いて、スポーツでの筋力とスタミナを向上させる

 

 少し膝を曲げると、様々なスポーツ技術向上につながる

 

 スポーツ選手が前傾姿勢を構築すると怪我をする

 

 科学的にスポーツを学ぼうとすると運動技術が低下する

 

 ストレッチの「気持ちいい」が身体に良くない理由

 

 スポーツの世界で「リラックス」しようとすると運動技術が低下する理由

 

 相手に気づかれずに速く動く方法

 

 常識を捨て去れば、スポーツでやるべきことがわかる

 

 あなたは古来武道を学ばなければいけない

 

 スポーツ書籍で記された唯一の欠陥

 

 スポーツでストレッチをしても本質的に怪我を防げない理由

 

 一流選手の動きを実践する方法

 

 「ストレッチは体に悪い」という情報が嘘である理由

 

 あらゆるスポーツで怪我を招く「歪んだ姿勢」の定義

 

 筋トレを行わず「腰の痛み」を取り去る手法

 

 スポーツにおける「腰」「膝」の痛みを軽減させる筋肉

 

 全スポーツに使える股関節の動きのキレをよくする体操

 

 現代スポーツにない、走るスピードの上げ方

 

 全スポーツ動作の弊害となる「胸を開く動作」を防ぐには

 

 今後、スポーツの情報や施設が活かせなくなる理由

 

 武道の体使いにこだわりすぎると、スポーツ技術が低下する

スポーツ技術向上の実例記事一覧

全スポーツに共通した武道の姿勢

運動や生活において、適した姿勢を学ぶことは大切です。人の体はほおっておくと背中は丸くなり、両肩に力が入ってしまいます。すると、体の負担は大きくなってしまい、運動を行っても一方、武道の世界では、体の負担が大きい負担を取り去るところから稽古を始めます。これは、どのような動作も最初の姿勢が崩れてしまうと、...

≫続きを読む

 

武道の「股関節のとらえ」による、スポーツ技術を向上した実例

あらゆるスポーツ技術向上に共通することは、「姿勢を正す」ことです。動いている最中や静止している最中に姿勢の崩れは背骨や関節における「歪み」が生じています。もし、普段の姿勢がゆがんでいれば、その状態でプレーを続けることになります。当然ですが、その状態では怪我につながる可能性があります。スポーツ経験者を...

≫続きを読む

 

腕と肩の力を抜いて、スポーツでの筋力とスタミナを向上させる

あらゆるスポーツで運動技術を高めるためには「体の使い方」を学ぶ必要があります。姿勢の整え方、無駄な筋肉の抜き方、運動中の筋肉の働かせ方など、今まで運動していたときの筋肉の働かせ方を変えるのです。すると、今までより無駄な力みになく動作が行えるようになります。ただ、多くの人は、体の使い方を学ぶといっても...

≫続きを読む

 

少し膝を曲げると、様々なスポーツの運動技術向上につがる

スポーツを行っているものであれば、「運動技術を高めたい」「パフォーマンスを向上させたい」と思うものです。また、無駄な動きをなくして、怪我や不調を改善させたいと考えます。そこで、武道で実践される身体を使い方を実践し、運動の仕方を変えることは大切です。大部分の人は、どこをどのように動かせば、今よりもスポ...

≫続きを読む

 

武道経験者が実践する「腰の使い方」とスポーツ選手が身に着けるための3つのワーク

今回もスポーツ動作で全身の筋肉を活用するための話をしていきます。・全身の筋肉をスポーツで活用すれば、スポーツ技術は伸びる・そのためには「腰を起点に動作する」方法を覚える・この方法を実践するには「姿勢」を覚える、今よりも、体幹部の筋肉を効率よく活用し、「スポーツ技術向上」「怪我の予防」につなげるために...

≫続きを読む

 

スポーツ選手が前傾姿勢を構築すると怪我をする

スポーツ選手のパフォーマンス向上のためには、身体の使い方を学ぶ必要があります。その中で、腰の筋肉をゆるめ、運動動作中につかえるようにすることは大切です。スポーツ選手のみならず、一般人の多くが「腰痛」をかかえています。厚生労働省の研究班の調査によると、「腰痛持ちは全国で2800万人以上いる」と推定され...

≫続きを読む

 

科学的にスポーツを学ぼうとすると運動技術が低下する

スポーツの世界では、体の動きを細かく分析し、適した運動を日夜研究されています。ランニング中の足の着地には,かかと着地とつま先着地で議論されることがあります。そこで、トップランナーの着地をスローカメラで観察し、最もよい着地について研究されています。しかし、このように科学的に答えを求めようとするほど、あ...

≫続きを読む

 

ストレッチの「気持ちいい」が身体に良くない理由

健康な身体を構築するために体操法や体の仕組みを学ぶことは大切です。そこで、世の中で有名な体のケアをする方法として「ストレッチ」があります。ストレッチは心理学の世界ではリラックス効果をもたらすともいわれ、体の怪我や不調を整えるのに重要と言われています。あるいは、ちまたにはストレッチを専門的に特化した店...

≫続きを読む

 

スポーツの世界で「リラックス」しようとすると運動技術が低下する理由

スポーツで自分の体調を整えるためには全身の脱力した姿勢を理解するのが重要です。なぜなら、「力が抜けた姿勢」が最もスポーツでパフォーマンスを出しやすい姿勢だからです。一流のアスリートたちは、筋肉を脱力させた姿勢を理解し、これを本番に取り入れることで良い結果を出しています。そのため、「最もリラックスした...

≫続きを読む

 

相手に気づかれずに速く動く方法

多くの人は、運動技術を高めることに注力を注ぎます。例えば、サッカー選手で技術を磨くものは「走り」と「蹴り」と考えられます。ただ、あなたがスポーツで身体にかかる負担を軽減し、怪我を少なくしたいのであれば、別の動きにも注目してスポーツをする必要があります。 運動技術に使える「急に止まる」動作が大切サッカ...

≫続きを読む

 

常識を捨て去れば、本当のやるべきことがわかる

さらなるレベルアップ、スポーツ上達のキッカケのために、一緒に姿勢と体の動きを変えましょう。なお、当サイトをご覧いただいている方にお伝えしたいことがあります。 常識を捨て去ってくださいまず、スポーツで上達したい、怪我を直したい、この後何年と運動技術のレベルを高めたいと思う方はどのような要素が重要になる...

≫続きを読む

 

あなたは古来武道を学ばなければいけない

スポーツの世界では、練習をする目的として「結果を出したいから」と話すことがあります。そして、なかなか大会やスコアで結果が出ないと落胆し、もう一度受けようと努力をします。確かに試合は大会での結果も大切かもしれません。ただ、あなたがスポーツで実力を伸ばしたいと考えるなら、もう一度考え直してください。 大...

≫続きを読む

 

スポーツ書籍で記された唯一の欠陥

今回は、スポーツと練習方法に関して解説をしていきます。スポーツの書籍を見ると、練習方法が多く記されています。マラソンであれば、4時間以内で走れる人のためのメニュー野球であれば、ボールを投げるときに必要な筋肉のメニューテニスであれば相手にフェイントをかけるときの戦術の練習法などが記されています。ただ、...

≫続きを読む

 

スポーツでストレッチをしても本質的に怪我を防げない理由

身体の不調や怪我を直すために「ストレッチ」が重要性は良く説明されます。巷に出ると、ストレッチに特化した専門店があり、そのような場所に行けば、固くなった筋肉を伸ばして、疲れをほぐすことができます。ただ、このような場所に行ったとしても、根本的に怪我を直すことは困難です。というよりも、自分の身体を直すため...

≫続きを読む

 

一流選手の動きを実践する方法

一流選手を見ると、体の仕組みを理解し、適切なトレーニング方法を実践しています。例えば、メジャーリーグで世界の数々安打記録を更新し続けてきた選手として「イチロー選手」がいます。そこで、今回はイチロー選手を例に、一流選手が運動技術を向上し続けてきた理由について解説していきます。 動きを良くする「初動負荷...

≫続きを読む

 

「ストレッチは体に悪い」という情報が嘘である理由

スポーツを行っている方であれば、「ストレッチ」の重要性は聞いたことがあるものです。しかし、世の中には、ストレッチが重要であるのにも関わらず「ストレッチをすることは体に悪い」という情報があります。これは、ストレッチをすることによって「余計に筋肉が縮んでしまうから」と説明されていました。ただ、実際には、...

≫続きを読む

 

あらゆるスポーツで怪我を招いてしまう、「歪んだ姿勢」の定義

スポーツをしたり、日常生活で仕事や体を使うときに、「これを行った瞬間に体が痛み、動けなくなる」というものがあります。それは、歪んだ姿勢です。歪んだ姿勢のままプレーをして、それに気づかないままスポーツをしたり仕事をしてしまうのです。ただ、これをすればスポーツ、仕事ともに、パフォーマンスや集中力など総合...

≫続きを読む

 

筋トレを行わず「腰の痛み」を取り去る手法

現代人が抱える万病として、「腰痛、肩凝り」が挙げられます。特に、腰痛は世界中で認められる一つの病気と言われるくらい、多くの社会人が抱える症状です。そして、社会人のみならず、スポーツ経験者であっても腰痛を患っている方はいます。腰を痛めてしまうと、「歩く」という動作が行いずらくなります。すると、全てのス...

≫続きを読む

 

スポーツにおける「腰」「膝」の痛みを軽減させる筋肉

スポーツでは、運動のし過ぎ、負担のかかる運動を行うことで「怪我」をしてしまいます。具体的に「腰」「膝」の痛みを患う人が多いです。そのため、世の中には腰痛を改善するための筋力トレーニングなどが紹介されています。近年、人気を集めている「体幹トレーニング」は胴体部の筋肉を鍛え、腰にかかる負担を減らすことが...

≫続きを読む

 

全スポーツに使える股関節の動きのキレをよくする体操

あらゆるスポーツで、「股関節」を動かすことは大切です。股関節は下半身の付け根を動かすのに大切な部位だからです。股関節の動きが悪くなると、末端部である脚が動かしにくくなり、走る競技や脚を使うスポーツ全体に影響が出てしまいます。さらに、スポーツ経験者であれば、運動技術を高めるためには筋肉の使い方を変える...

≫続きを読む

 

現代スポーツにない、走るスピードの上げ方

スポーツ経験者であれば、「脚が速くなりたい」と考える人は多くいます。そして、「脚力を高める」「走るスピードを高める」ことは、あらゆるスポーツのパフォーマンス向上につながります。そして、スポーツの世界では、「筋トレを行う」「ひたすらトレーニングを行う」といった手法で脚力を高めることを推奨します。ただ、...

≫続きを読む

 

全スポーツ動作の弊害となる「胸を開く動作」を防ぐには

どのようなスポーツであっても、避けなければ骨格の崩れがあります。それは、「胸を開く動作」です。胸を開くとは、運動動作している最中に、身体をねじってしまい、胸を張ったり胸部からねじることです。胸を張ったり、開いた姿勢を取ると、姿勢が崩れてしまい、運動技術低下を及ぼします。例えば、野球の世界では、胸が開...

≫続きを読む

 

今後、スポーツの情報や施設が活かせなくなる理由

スポーツの市場は年々増加しており、スポーツを快適にするためのあらゆる情報や機器が年々開発されています。こうした情報を利用すれば、効率よく運動技術が上げられるでしょう。あるいは、スポーツ施設を利用すれば、効率よく筋肉を鍛えることができます。今後、スポーツの世界では様々なトレーニング法が開発されます。ス...

≫続きを読む

 

武術の体使いにこだわりすぎると、スポーツ技術が低下する

スポーツの運動技術向上、身体の健康度を高めるためには、体の仕組みや姿勢について学ばなければいけません。近年になって、武術の体の使い方が注目されるようになりました。古くの武術の無駄や無理のない体の使い方を会得し、実践することです。このようなことを学ぶことで、今よりも効率的に体を動かす手法について学びま...

≫続きを読む

 

ビデオでフォーム確認するほど運動技術が低下する理由

スポーツ選手のパフォーマンス向上のために、自分の姿勢や動作を分析するのは大切です。近年は電子機器が発達し、自分のフォームを撮影して動画解析できるようになりました。スポーツ科学で動きを研究する大学では、スポーツ動作の姿勢を分析し、体の一部分が理想の位置よりずれている値や角度など、細かい箇所まで確認して...

≫続きを読む

 
//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

弓道健康法セミナー案内

書籍案内


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催