体作りにおける脂肪の具体的な摂取量とタイミングを理解する

試合前に栄養摂取の計画を考えるは怪我の予防につながります。栄養素はあらゆるものはまんべんなく摂ることが大切であり、その中で「脂肪」の摂取は重要です。脂肪は世間ではマイナスなイメージを持たれていますが、スポーツにおいて重要な栄養素であり、食事にうまく取り入れる必要があります。

 

脂肪には大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸にわかれ、飽和脂肪酸はラードやトロのような油脂に多く含まれています。不飽和脂肪酸はドレッシングなどに多く含まれています。

 

 脂肪は誤解を解いて、適度に摂る
脂肪には大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸にわかれ、飽和脂肪酸はラードやトロのような油脂に多く含まれています。不飽和脂肪酸はドレッシングなどに多く含まれています。

 

飽和脂肪酸は過度に摂取すると、体重増加だけでなく、コレステロール、中性脂肪、血液年度の増加といった様々な健康障害をもたらします。一方、不飽和脂肪酸は善玉コレステロールを増やし、動脈硬化を予防する働きを持ちます。

 

脂肪とアルコール類が結合すると、脂質になります。脂質はビタミンA,D,Kといった脂溶性ビタミンの吸収を助けることに加えて血液や細胞膜の成分になります。また、たんぱく質とともに血液や細胞膜、ホルモンなどを構成する成分に使われます。

 

そして、重要なのが脂質は運動のエネルギーになることです。脂質は1gで約8kcalのエネルギーを生み出し、タンパク質、糖質の約二倍のエネルギーです。フルマラソンのように長時間の運動をするときは、食事に脂質をうまく取り入れとスタミナ維持につながります。

 

一般的には、脂質の摂取は総エネルギーの20〜30%とされています。アスリートも、基本的にこの基準に従えば問題ありません。

 

体重増加につながりやすいため、脂質は摂取に嫌がられますが、重要な栄養素のひとつです。健康な皮膚や毛髪は脂質によって保たれているため、脂質の摂取が低下すると肌がかさつきます。肉離れの多発や怪我のしやすさ、なおりにくさといった健康な体を保てなくなります。

 

このように、脂質は誤って認識を解いて、摂取する必要があります。減量中のアスリートであっても脂質を徹底的にカットする極端な試みは避けるようにしましょう。脂質を上手に使えることはよく、過度に摂りすぎないようにしましょう。

 

以上の内容を理解することで、運動において効率的に脂質を摂取することができます。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催