スポーツにおけるサプリメント摂取の長所、短所を理解する

スポーツで強い体を身につけるには、栄養管理を整えることは大切です。そのために、サプリメントの利用している人は多いです。近年、サプリメントは特定の栄養素を手軽各栄養素をバランスの良い食事で摂取することが重要です。

 

サプリメントは手軽がとれて、近年さまざまなメーカーから多様な商品が販売されています。ここでは、スポーツにおけるサプリメントのメリット、デメリットを解説していきます。

 

 サプリメントですべての栄養素をバランスよくとることができない
サプリメントは特定の栄養素を補給できるメリットがあります。例えば、男性の場合、食生活が偏って野菜を食べる機会が少なくなりがちです。すると、野菜の中に含まれている栄養素を摂ることができません。これをサプリメントを使用すると栄養素を補助として摂ることができます。

 

ただ、サプリメントにはデメリットがあります。それは、栄養補助にしかならないことです。アスリートは栄養補給はあくまで食事が基本です。サプリメントは食品のように栄養素がバランスよく入っているわけではないので、接手の際にいくつか障害を引き起こす可能性があります。

 

例えば、よく「ビタミンは〇〇に効果がある」とその効用がクローズアップされることもあります。ただ、からだにいいからといってそれだけたくさんとればいいというわけではありません。なぜなら、栄養素には、それぞれ摂取量が上限が決まっているからです。

 

栄養素は少なすぎても多すぎても体に障害を引き起こしてしまいます。厚生労働省では栄養摂取量の最大値について、ガイドラインを定めています。たとえば、鉄を欠乏すると貧血に陥りやすいです。しかし、とりすぎると胃腸に障害をきたしたり、肝臓機能の低下を招くこともあります。

 

食べ物のサプリメントの違いは含まれる栄養素の種類と量です。食べ物にはさまざまな栄養素が少量ずつ含まれています。サプリメントには特定の栄養素が少量ずつ含まれているものがほとんどです。本来は、毎日の食事少しずつとっていく栄養素も、サプリメントでは一度に大量に摂取することができます。

 

このように、ひとつの栄養素を摂ることは一見効率的に思えますが、体内の栄養バランスを崩してしまう可能性もはらんでします。

 

例えば、ビタミンやミネラルは体内で複数の栄養素絶妙なバランスを保ち、影響しあって作用しています。しかし、どれか一つが極端に増えると別の栄養素が吸収されなくなるということが起きてしまいます。

 

このように、サプリメントが食事の代わりになることはありません。どうしてもまかなえない栄養素がある場合利用するものと考えて摂取することが大切です。

 

 エルゴジェニックエイドについて理解する
アスリートに向けたサプリメントはダイエタリーサプリメントとエルゴジェニックエイドの2種類に分類されます。ダイエタリーサプリメントとは食事でとりきれなかった栄養素を補助する役目を担うサプリメントです。

 

エルゴジェニックエイドはスポーツ選手の運動能力にかかわる可能性を持った栄養素や成分のことを指します。エルゴジェニックエイズは科学の技術と進歩に伴い、これまでに人の競技力向上に対して数多くの物質を開発してきました。

 

ただ、これらの中には長期的服用によって明らかな生体毒性を示すもの、副作用の発言が検討されていないもの、その有効性の根拠となった実験計画そのものに問題があるものなど様々なリスクがあります。

 

そのため、知らないうちに生体内で非合法的薬物にかわる可能性がある物質が含まれている危険があります。

 

エルゴジェニックエイドはトップアスリートであるほど、誘惑が多くなります。アスリートとして心身とも健康で競技人生を続けるためにこれらの扱いは慎重になるべきです。

 

そのため、エルゴジェニックは睡眠や食事の正しい知識を持っており、アドバイザーの管理のもとで使用するものと心得ておいた方が良いでしょう。

 

以上のことを理解し、スポーツの体作りに役立つように、サプリメントの摂取を心がけましょう。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

弓道健康法セミナー案内

書籍案内


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催