「ビタミン」の性質を理解し、スポーツでの体の機能を整える

スポーツの実力向上のためには、理論やトレーニング以外に、栄養バランスを学ぶ必要があります。スポーツに必要な栄養素の中に「ビタミン」があります。ビタミンはそれ自体がエネルギーになったり、体を作る材料になるわけではありません。ただ、ビタミンにはいくつか体作りに重要な役目を果たします。

 

ここでは、スポーツの実力向上のために、ビタミンの性質を詳しく解説していきます。
 
 ビタミンはエネルギー生成反応に関わる物質
ビタミンは糖質・諡号のようなエネルギーの元とはなりません。ただ、ほかの栄養素をサポートしたり、からだの機能を整える働きがあります。

 

ビタミンは全部で13種類あり、脂に溶ける脂溶性ビタミンと水に溶ける水溶性ビタミンに分けられます。脂溶性ビタミンにはビタミンA,D,E,Kがあります。これらは肝臓に蓄積されるため、過剰摂取による病気が起こる可能性があります。

 

そのため、厚生労働省から上限が設けられていますが、ふつうの食べ物をとっている限りはとりすぎはさほど気にしなくて問題ありません。

 

次に水溶性ビタミンにはビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、ビタミンCなどがあります。水溶性ビタミンはもしも取りすぎた場合は体外に排出されます。体内で蓄えることができないため、食品から毎日とることが望ましいです。

 

そして、ビタミンは運動中にエネルギーを生成するときに、様々な働きと関わります。例えば、糖質や脂質をエネルギーに変えるときはビタミンB1のサポートが必要です。タンパク質の代謝にもビタミンB6は必要です。

 

つまり、糖質やタンパク質をしっかりとっても栄養素を有効に活用するためにはビタミンが必要になってくるのです。さらにビタミンB群は他にも様々な働きをするため、いろいろな種類がとれるように意識することが大切です。
 
 各ビタミンの種類とその働きを理解する
次に、各ビタミンの種類と運動と関連する内容を以下に記します。
 
・ビタミンB1
糖質代謝が強く進んでいるときや、糖質の摂取量が多くなると欠乏しやすくなります。するとエネルギーの不完全燃焼を起こします。主に含まれる食品として胚芽(米、小麦)、脱脂大豆、ごま、落花生、酵母などが挙げられます。
 
・ビタミンB2
運動量が増加すると必要量も増加します。脂質摂取量が多い場合や脂質代謝が強く進んでいると必要量が増します。不足するとエネルギーの不完全燃焼を起こします。主に含まれる食品としてやつめうなぎ、レバー、乳、卵、肉、魚、アーモンドなどが挙げられます。
 
・ビタミンB6
たんぱく質代謝が強く進んでいるとき、たんぱく質摂取量が多い場合にはビタミンB6の必要量は高まります。主含まれる食品としてかつお、まぐろ、さけ、さんま、牛、いわし、鶏肉などが挙げられます。
 
・ビタミンB12
菜食主義者に欠乏症がでやすいが、パフォーマンスへの影響については明確ではありません。主に含まれる食品としてレバー、さんま、あさり、にしんなど魚介類全般が挙げられます。


・ビタミンC
ビタミンCの摂取による競技力の向上はみられないが、運動量の増加に伴って必要量が増している可能性があります。主な食品としていちご、みかん、柿、キウイ、菜の花、さつまいもなどが挙げられます。
 
・ビタミンA
明暗、色の識別に関与しています。過剰症(頭痛、筋肉痛等)にも配慮する必要があります。主な食品としてはレバー、うなぎ、にんじん、モロヘイヤなどが挙げられます。
 
・ビタミンD
ビタミンDの欠乏は、筋力の低下と関連します。神経一筋の運動支配機能の向上と関連します。骨強化の重要な因子です。主な食品としてくろかじき、さけなど魚類全般、きくらげ、ピータン、卵などが挙げられます。
 
・ビタミンK
欠乏症はほとんどみられませんが、無月経を伴う低骨密度者に有効という説があります。主に含まれる食品としてホウレンソウ、小松菜、春菊、納豆、わかめなどが挙げられます。

 

こうして重要な働きがあるビタミン類ですが、手軽な丼ものや一品料理ばかり食べていると、ついとりそびれてしまいます。そのようなときは、つけ合わせを一品添えるなどして、ビタミン類を含む食品を補うようにしましょう。

 

以上の内容を理解し、ビタミンを摂取することでスポーツの実力向上につなげることができます。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催