アスリートの体作りの基礎となるタンパク質の特性

アスリートが体作りやトレーニング効果改善のためには、必要な栄養素を摂取する必要があります。スポーツに必要な栄養素の中に「タンパク質」があります。たんぱく質はアスリートの体作りの基礎となるため、スポーツの実力向上のために特徴や性質を理解する必要があります。

 

ここでは、栄養素の中である「たんぱく質」について詳しく解説していきます。

 

 タンパク質の最大の特徴である必須アミノ酸の摂取
たんぱく質とは筋肉をはじめ、骨、皮膚、髪、内臓、血液など体を作る材料となる栄養素です。また、アスリートには必要量の高い栄養素です。

 

トレーニングすると、筋肉に負荷をかけるので、破壊されて修復することで体を作っていきます。修復のために体は多くのタンパク質を必要とします。たんぱく質が不足していると、筋肉がつきにくい、やせ細ってしまうという事態が起こります。

 

食品などで摂取したタンパク質は、まず体内でアミノ酸という物質に分解されます。このときのアミノ酸は一時的に肝臓に蓄えられて、必要に応じていくつかが結びついて組織で合成されます。その後血液を介してアミノ酸となります。

 

たんぱく質を構成しているアミノ酸は約20種類あります。この中に「イソロイシン」「ロイシン」「リジン」「メチオニン」「フェニルアラニン」「スレオニン」「トリプトファン」「バリン」「ヒスチジン」の9種類は人間の体内で合成できません。

 

そのため、食事からとる必要があり、この9種類のアミノ酸を必須アミノ酸といいます。逆に、食事からとらずに体内で合成できるアミノ酸を非必須アミノ酸と言います。

 

この必須アミノ酸は体内で1種類でも不足していると、他が揃っていてもうまく働かないという特徴があります。

 

例えば、人の体は体内のアミノ酸を再び結合させて必要なたんぱく質を合成することができます。バランスよく必須アミノ酸が含まれていると、あらゆるたんぱく質を作ることができますが、必須アミノ酸の量が欠けてしまうと作られるタンパク質の種類が限られてしまいます。

 

そのため、体作りをするときは必須アミノ酸がよく含まれているたんぱく質を摂取することが重要です。比較的バランスよく必須アミノ酸が含まれている食品としては卵、牛乳、魚、肉類などが挙げられます。

 

たんぱく質を構成しているアミノ酸はたくさんとっても体に貯めておくことはできません。使い切れなかった分は脂肪になってしまうため、摂りすぎは禁物です。体が糖質などエネルギー源を使い切ってしまったとき、筋肉が分解されてしまいます。

 

そのため、アミノ酸は常に過不足のない状態にしておく必要があります。このため、たんぱく質は1日に必要な量を朝、昼、夕方の3食に分けてとるようにしましょう。

 

運動量が多い人はより多くのタンパク質を必要とします。通常食で摂取できなかった場合は間食で取るようにしましょう。適量のタンパク質を小分けしてとっていると、トレーニング後、筋肉作りのためにアミノ酸を有効に活用できます。

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催