武道の「弓懐」の動作より、水泳でスムーズに腕を働かせる

水泳で、持久力やスピードを向上せるために、フォームを意識して泳ぐ必要があります。この中で、水をかいて推進力を生み出す腕の動きは大切です。水泳の実力を向上させるには、腕の動きを細かく分析する必要があります。

 

ここでは水泳で腕のかき動作を効率用働かせるコツについて解説していきます。

 

 武道の弓懐の作り方から、最適な腕の骨格に整える。
人の体は腕や手首を動かそうとすると、腕が単独に動いてしまうため、胴体部を上手く運動で働かせることができません。そのため、フォームや動きを変えるためには腕と胴体の関係を理解しなくてはいけません。

 

弓道の世界では、「弓懐」という体の使い方があります。これは、弓を引く前に胴体と腕を連動させて動かす準備動作です。この動きを水泳に取り入れる ことで、フォームが崩れずにすみます。

 

まず、これを行うために首すじを上方向に伸ばします。頭の頂点を垂直に伸ばすイメージです。次に両肩を落とします。すると脇下の筋肉が張るのがわかります。これで、脇を張りながら前で円を作るように両腕を合わせると弓懐の完成です。

 

弓懐を作ると、ピンと両腕を伸ばしにくくなります。ほんの少し肘が曲がった状態で腕が落ち着きます。この関係を保つことを意識して、水をかく動作を行いましょう。脇の下を張ったまま水をかくと腕が伸びないため、入水地点が前になります。すると、拳は肩の延長線上に動くようになります。

 

これにより、両肩の疲労が少なくなります。腕が伸びてしまうと、入水の位置が遠くなってしまうため、頭の中心線上に拳がきます。すると、腕が内側にひねられてしまい、肩の筋肉に負担がかかります。

 

「弓懐」を行うことにより、水をかく軌道が自然と直線に近くなり、空気抵抗がかかりにくくなります。
 
 弓懐により、さらに水をかきやすくする
さらに、脇の下の筋肉を張ることで、水を後ろにかく動作がスムーズになります。入水して後ろにかくときに、脇下の筋肉の張りを感じて腕を動かすのではなく、からだ全体を前に出すようにしましょう。水をかくというより、脇を使って体重を前に預けるイメージです。

 

すると、前腕が体の近くを通るようになります。腕だけでかこうとすると、拳と体との距離が遠くなってしまいます。弓懐を意識して、胴体をあまりねじらないよう前に押し出すようにすると拳と体の距離が近くなります。これによって水のかき動作を行いやすくなります。

 

脇の下の筋肉が働いていると、常に胴体と腕は連動したままです。そのため、拳が遠くに離れることはありません。これを意識して、しばらく泳いでいると水をかく動作が速く行えるようになり、スピードが格段に向上します。

 

私が「かなずち」だったころ、力で腕をかいて進めていました。すると、2、3本泳いだだけで疲れてしまいました。ただ、現在ではこの動きを取り入れることで、今までの数パーセントの力でタイムが向上しました。大きな変化は、水をかく動作が速く行えるようになったことです。

 

水泳の実力向上のためには、腕の構造を細かく見る必要があります。弓道の弓懐の体の使い方で、胴体と腕をつなげた泳ぎをしてみましょう。拳の軌道が体と近く直線的になり、腕が動かしやすくなります。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催