水泳で息継ぎ動作しやすくなる顔の向け方

クロールでは、「息継ぎ動作」があります。長く、楽に泳ぐためにはなるべく無駄のない動きで呼吸をする必要があります。

 

そのため、体の軸を崩さず、シンプルに横を向くようにしなければいけません。ここでは、姿勢を崩さずに息継ぎ動作を行うための顔の向け方について解説していきます。

 

 顔向け動作で最も起きやすい不正とは
初心者はよく呼吸のときの顔向け動作に苦労します。最初は顔を向けたら口の中に水が入ってしまうことがあります。すると、呼吸動作ができなかったり水中でむせてしまったりしてうまく顔を向けることができません。

 

そして、次になんとか顔を水面から出そうとして顔向け動作を大きくしようとします。すると、今度は体全体が沈んでしまったりしてうまく息継ぎが行えません。このように、顔を向け方が悪いと姿勢全体が崩れてしまうため、難しい動作といえます。

 

そのため、まずは顔向け動作で起きやすい失敗例を理解する必要があります。呼吸動作を失敗しやすい不正として「頭が上がる」顔の向け方があります。

 

 

 

頭が上がってしまうと、上半身の上部が水面に沈みやすくなってしまいます。すると、息を吸おうと顔を水面から出した瞬間に口に水が入りやすくなり、飲み込んでしまいます。呼吸が終わった後もスピードが下がってしまうため、効率の良い泳ぎとは言えません。
 
理想の顔向け動作は顔が横に向いているため、頭は上がらず、顎(アゴ)が引け気味になっています。ただ、頭が上がった状態で顔向けをしている人は顎を引いて顔を向けることができません。

 

なぜなら、あごを引くと口と水面がギリギリの高さになるからです、そのため、頭を上げないと口に水が入ってきそうで怖くなり、頭が上がってしまいます。こうして、体が沈むばかりにさらに上げようという意識が強くなるため、頭が上がるクセがついたら、すぐにでも直そうと意識することが大切です。

 

 適切な顔向け動作は目線で行う
すでに、頭が上がって呼吸をしている人は別の意識で顔向け動作を行わないといけません。

 

このとき、目線を変えてみましょう。呼吸をする際に顔を向けるとき、うまくできない人は目線は横になります。つまり、となりのコースを眺めるように顔を横を向けます。

 

最初、顔を向けるときは「横」ではなく、「後ろ」にしてみましょう。つまり、隣のコースではなく、最初のスタート地点を見る気持ちで顔を向けます。すると、アゴが自然と引かれ、頭が水面から出にくくなります。自然と理想の顔向けの位置に整います。
 

 


呼吸動作はなるべくシンプルに速くやるのが、コツです。顔を向けたら息をすぐに入れて顔を戻すとうまくいきます。後ろの腕が顔の近くまで戻ってきてもまだ顔が水面に出ていると呼吸を失敗しやすくなります。顔を向けるぞと思ったら、後ろを見るイメージで顔を出し、少し吸ったらすぐに顔を戻すようにしましょう。

 

水泳の呼吸動作で頭が上がってしまうと姿勢全体が崩れてしまう可能性があります。顔を向けるときは後ろを見るイメージで行うとキレイな顔の位置が整い、スピードが落とさず泳ぐことができます

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ

関連ページ

かなずちの人が水泳の基本の前に行わなければいけないこと
「けのび」を行おうと意識するほど、水中での姿勢が崩れる
水中で体を浮かせるために体の三部位を整える
ストリームラインを作ろうとすると体が沈みやすくなる
肩甲骨を意識して腕を回すと水泳での水中姿勢が崩れやすくなる
水泳で長く泳ぐために最初に覚えたい「伸びる」姿勢
水泳で姿勢を安定させてプル動作を行うには
バタ足動作を効率よく行うための足首の力の抜き方
バタ足動作をスムーズに行う股関節の使い方
水泳で速く水をかき、スピードを上げるための手首の使い方
水泳スピードで変更するバタ足の2ビート・6ビートとは
水泳の練習メニューを設定する:長い距離を泳ぐ体を作る
水泳の練習メニューを設定する:持久力を効率よく上げる
水泳においてスピードを上げる3要素
水泳で強いかき動作を身につける指の使い方
武道の「弓懐」の動作より、水泳でスムーズに腕を働かせる
水泳で腕の動きをスムーズに行う肘と拳の使い方
今より格段に水泳の力を向上させる練習方法
初心者でも行える水泳の練習法:姿勢を作る
初心者でも行える水泳の練習法:軸を作る
初心者でも行える効率の良いクロールの腕回しを理解する

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催