水泳で長く泳ぐために最初に覚えたい「伸びる」姿勢

水泳で楽に長い距離を泳ぐためには基本動作を理解することが大切です。「けのびをする」「ストリームラインを整える」といった内容は水泳で長く泳ぐための必須事項となります。

 

その姿勢に腕回しとバタ足が加われば「クロール」となり、反転すれば「背泳ぎ」となります。さらに平泳ぎ、バタフライの他にも泳法があり、練習とともに技術が上がっていきます。

 

ただ、これらの泳法の型以外に泳ぐ方法は無数にあり、楽に長く泳ぎたい場合に練習で実践したい泳ぎ方があります。ここでは、長い距離を負担なく泳ぐための泳ぎ方を解説していきます。
 
 長く泳ぐには「泳ぐ」でなく「伸びる」を意識する
スイムの世界で長い距離を泳ぐ競技があります。トライアスロンのロングディスタンス、アイアンマンはこれに該当します。このように長い距離を泳ぐ場合には、泳法を身につけること以上に意識したい泳ぎ方があります。それは「伸びる」ことです。

 

例えば、クロールの場合、腕を回す動作があります。左腕を前に出した場合、後ろに引きながら水をかきます。後ろまでかききったら再度脇を通ってもう一度同じ位置に戻していきます。戻したら今度は右腕を後ろにかき回します。

 

水泳中の「伸びる」動作では、両腕を同じ位置に戻してきたときに腕を伸ばします。すると、伸ばしたと同時に体が前方に進みます。このように、一回のかき回しの動作が終わったら、反対側の腕を回す前に一度両腕で伸びる動作を入れるようにします。

 

これにより、何もしなくても体を前に進ませることができます。この「伸びる」動作で距離を稼ぐことで、泳ぎ動作でうまく力を抜くことができます。慣れてきたら、バタ足や腕を回す回数を減らしながら長い距離を泳ぐことができます。水をかかずに進んでいく時間が増えれば体力の温存もでき、水泳の上達するスピードが向上します。
 
 良い姿勢を泳ぎながら身につける
さらに、泳いでいる最中に「伸びる」姿勢を入れることはもう一つメリットがあります。それは泳ぎながら基本となる姿勢が身についてくることです。

 

水泳の指導を受けるとき、「けのび」の練習をするときは「けのび」を行い、「クロール」のときは「クロール」だけを行います。しかし、クロールの間に「伸びる」姿勢を作ることは、二つの練習を同時に行うのと同じです。

 

すると、泳ぎながら水中で安定した姿勢を意識できるようになります。クロールだけ行っているとリラックスした泳ぎ方がなかなか身に付きません。クロールの間に一度「伸びる」姿勢を入れると自然と姿勢が整い、次のクロール動作がしやすくなります。

 

最初は体のあらゆるところを意識しながら「伸びる」動作を入れてみましょう。例えば、クロールで水をかき、後ろから前に手を戻してきて、腕を伸ばしたとき、上半身の力を一度抜いてみます。そして、伸びながら腕や胸の力みをとって、今度は腰が落ちていないかを確認しながら伸びてみます。

 

このように、体のある部位に注目しながら伸びる姿勢を入れると、少しずつ水中での姿勢の取り方がうまくなります。何回も続けていると、水中での姿勢がキレイになってきます。

 

水泳がランニングと違って面白いのは、何もしなくても進む時間を作れることです。ランニングでは足を止めたら体が前に進みませんが、水泳の場合は脚と手を動かさなくても体を進めることができます。うまく体を伸びる時間を活用すれば、かなづちの人でも楽に泳げるようになってきます。

 

水泳で泳法を学ぶ以外に「伸びる」姿勢を作ることは大切です。泳ぎの間に「前に出した手に体重を乗せる」ように進むと、楽にリラックスしながら泳ぐことができます。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

Facebookもチェック

 

セミナー開催:理論スポーツ


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催