肩甲骨を意識して腕を回すと水泳での水中姿勢が崩れやすくなる

水泳において、両腕が交互に回る泳ぎ方としてクロール、背泳ぎがあります。この二つの泳ぎ方において、スピードを上げるために腕の回し方が大切になってきます。

 

腕の回し方の説明として「肩甲骨を意識して回しましょう」という教えがあります。肩甲骨を意識して腕を回した方が、腕を回しやすくなるからです。水の抵抗を大きく受ける水泳の世界では腕力だけで水をかくと大きな疲労につながります。

 

ただ、肩甲骨を意識して腕を回すとひとつ弊害があります。ここでは、肩甲骨を意識して腕を回すことによる姿勢の影響とその対策方法について解説していきます。

 

 肩甲骨を意識して回すと上半身がねじれやすくなる
水泳を習ってすぐの人は肩甲骨を意識することで腕が大きく回り、水をかいているフォームができていると水泳ができるように思います。実際に腕だけで回すのと、肩甲骨を意識して動かすのではスピードにも違いが出ます。

 

ただ、肩甲骨を意識して腕を回すのにはデメリットがあります。それは、背骨がねじれやすくなることです。

 

試しに陸上で腕を振ってみましょう。腕だけぐるぐる回すと特に姿勢は変わりません。次に肩甲骨を使って、大きく回そうとします。すると、肩甲骨を意識して腕を動かすと一緒に股関節も動くことがわかります。これは、腕を回すと同時に背骨もねじれているのを表します。

 

すると、腕は効率よく動いていますが、同時に下半身も動いてしまうため、姿勢を維持しにくくなります。まっすぐバタ足をしようとしても脚が動いてしまうため、直線に進みにくいことがわかります。

 

すると、途中で疲れやすくなり、スピードダウンする恐れがあります。肩甲骨を意識して動かすことにとらわれるとかえって水中姿勢がぶれやすくなって結果的に腕を回す動作がしにくくなる可能性があります。

 

 前に出す手の位置に気をつければ姿勢は安定する
ただ、水泳を習って間もない人や、水中での姿勢が整っていない人がスピードを上げて泳ぎたいと考えるなら、腕を大きく回す必要があります。

 

慣れてくれば、そうした意識がなくても楽に腕が回ってきます。このとき、腕回しを行う際は、拳の位置に気をつけましょう。

 

例えば、クロールの場合を考えましょう。クロールでは後ろに回した腕を前に戻すとき、肩甲骨を意識すると大きく回しやすくなります。そして、「前の手を入水する位置」によって、次の腕回しの動作で姿勢が崩れやすくなるかが決まります。

 

ここで拳は肩の線上にくるように意識して前に出しましょう。正確にいうと、片側の足と片側の肩で一本の仮想線を引いてその線上に拳がくるようにします。左足-左肩、右足-右肩で二本の線を引き、左右の腕がその線上を通るように拳を回します。すると、肩甲骨を使って後ろから前に出しても上体が大きくぶれにくくなります。

 

肩甲骨を意識して腕を回すと、上記の二線ではなく、体の中心(頭)を通る線上に拳が行きやすいです。前に出した拳を肩より内側(中心寄り)に入水させてしまうと背骨のねじれ運動が起きやすくなり、姿勢の崩れが起こり、泳ぎにくくなります。

 

左右の足、肩の線上で腕を回していくと、息継ぎ動作も行いやすくなります。上体がねじれている最中に顔を水面から出すと上半身がガクンと沈むため、息継ぎをしづらいです。そのため、左右の二軸を意識して泳ぐことは息継ぎ動作の改善にもつながります。

 

肩甲骨を意識して腕を回すと背骨がねじれやすくなり、姿勢維持をしにくくなります。そのため、後ろから前に出した手を、片方の足と肩の線上を通るように入水させましょう。肩甲骨を意識して腕を回しても上体が崩れにくい水中姿勢を保つことができます。

//

お客様から喜びの声をいただいています

 

無料メールマガジン:理論スポーツ

 

 

 

 

弓道健康法セミナー案内

書籍案内


サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ お客様の声 セミナー開催